古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2006-09-12

『銀と金』福本伸行

    • 『銀と金』

 43年生きてきたが、よもや、これほどの漫画に出くわすとは思わなかった。


 私の心は痺れた。そして、魂を撃ち抜かれた。


「素人同士が刀で斬り合いをすると、みな腰がひけて刃(やいば)が人間に届かないそうだ。人を斬るには刃(は)で斬ろうとしてはダメで、柄(つか)で斬るくらいで、はじめて人間に刃が届くという。柄で斬る、つまり踏み込むということだ。真剣勝負というのはそういうもの。わしは踏み込み、森田君は退(さ)がった」(第6巻)


「理に頼ると、今と同じ過ちを何度でも繰り返す。永遠……。ギャンブルでの決定的瞬間で見あやまる。一歩先にある勝利をつかめない。とどのつまり、理ではダメなんだ。最後の一線は越えられない。では、何によって超えるかというと、狂気だ……! 最後の一線は……心に狂気を宿して、初めて越えられる……!」(同)


 丸山健二も及ばぬ言葉の数々。


 そして、私は第9巻末尾の邦男の科白(せりふ)を読んだ瞬間、本を閉じ嗚咽を漏らした。嘘偽りない話だ。そしてもう一度同じ科白を吐いた時、私は顔を本に当てて泣いた。


 男であれば読め。女は読まなくていい。


 今夜は眠れそうにない――。


銀と金―恐怖の財テク地獄変 (1) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―恐怖の財テク地獄変 (2) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―恐怖の財テク地獄変 (3) (アクションコミックス・ピザッツ)


銀と金―恐怖の財テク地獄変 (4) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―恐怖の財テク地獄変 (5) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―恐怖の財テク地獄変 (6) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―恐怖の財テク地獄変 (7) (アクションコミックス・ピザッツ)


銀と金―恐怖の財テク地獄変 (8) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―ハイリスク・ハイリターン!! (9) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―ハイリスク・ハイリターン!! (10) (アクションコミックス・ピザッツ) 銀と金―ハイリスク・ハイリターン!! (11) (アクションコミックス・ピザッツ)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証