古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2007-12-19

「ママ遅いよ」


生ゴミ、生米くらって餓死免れた!


鬼母に遺棄された5歳の「地獄絵」


 幼い長男(5)と三男(当時1)を自宅に1か月以上置き去りにし、三男を死亡させて死体を遺棄したとして、母親に懲役15年の判決が下された。生き延びた長男は生の米や生ゴミ、冷蔵庫にあったマヨネーズで飢えを凌いでいた。2人とも「死んでいる」と思って自宅に帰った母親に、長男はそれでも、「ママ遅いよ」と駆け寄った。


「ママ、遅いよ」と駆け寄る長男の哀れ


 苫小牧市の自宅に幼い長男と三男を1か月以上放置し、三男を死亡させて遺体を遺棄したとして、殺人と死体遺棄、保護責任者遺棄の罪に問われた無職・山崎愛美被告(21)の判決公判(杉浦正樹裁判長)が2007年12月18日、札幌地裁室蘭支部でひらかれ、懲役15年(求刑懲役20年)が言い渡された。裁判長が「幼い兄弟の飢えと苦痛は想像を絶する。計画的で非情で残酷な犯行」とまで形容した、「置き去り」のおぞましい実情とはどんなものだったのか。弁護側は「(被告の)不幸な生い立ちや、経済的な困窮」を挙げて情状酌量を求めていたが、判決や各紙の報道などから見える事件の実態はまさしく「地獄絵図」である。


 事件は山崎被告が06年10月30日、自宅に鍵をかけた時から始まる。山崎被告は長男と三男の存在を疎ましく思い、部屋に放置して餓死させることを考えた。山崎被告はチャーハンを食べさせたあと、12月初旬まで交際相手の家に行ったままで2人を放置。1か月間以上あとに再び自宅の鍵を開けるまで、2人の幼子は飢えのなかで苦しんでいた。幼い三男は餓死したが、長男は生の米や生ゴミ、冷蔵庫にあったマヨネーズを食べて命をつないでいたという。


 山崎被告は裁判のなかで、長男が生きていることに驚き、長男は「ママ、遅いよ」と駆け寄ってきたと証言している。その後、山崎被告は三男の遺体を交際相手の家にある物置に遺棄した。自分を放置したにも係らず「ママ、遅いよ」と駆け寄る長男の姿はなんとも哀れだ。しかし、生きていた長男にとっては、弟の遺体を横に生活した体験は地獄ともいえる。

「(死んだ三男の)口の中に虫いっぱい入ってた」


 2007年6月8日の毎日新聞(北海道版)では、山崎被告の母(46)に対して行った取材のなかで明らかになった、事件後に長男が発したとされる言葉を次のように紹介している。


「ママ怖い」「そら(青空)、動かない(編注:『そら』は三男の名前)」「口の中に虫いっぱい入ってた。ママ取ってた」「ビニールかぶせた。口にガムテープ張った」。長男は青空ちゃんの傷んだ遺体を愛美被告が隠そうとする様子を見ていたとみられる。


 事件後には山崎被告が書き込んでいたと見られる携帯電話サイトがインターネット上で大きな話題を呼んでいた。そこには、


「あなたに逢えて、本当によかった(ハート)幸せ(ハート)愛してる(ハート)心から本当にそう思うよ(ハート)もぅ離さないでね」


 と書かれていた。2人の幼子に向けたものではないことだけは確かだ。


 厚生労働省が公表している児童相談所への児童虐待相談件数(2006年度)は3万7323件。そのうち育児を放棄する「ネグレクト」(保護の怠慢ないし拒否)は38.5%の1万4365件にも上る。


J-CASTニュース 2007-12-18


 こんなむごい仕打ちをした母親を「ママ」と呼ばなければならない子供は、この先、どう生きてゆけばいいのか? 当ブログは普段であれば、容疑者もしくは犯人の実名を伏せてきたが、今回はそのルールを破ることにした。15年の服役を終えても、母親はまだ36歳だ。またぞろ、同じことをしでかす可能性もある。


 人間はここまで残酷になれるものなのだろうか? もしも、「不幸な生い立ち」に正当性があるなら、彼女の親も裁かれるべきだろう。PL法(製造者責任法)を適用すべきだと言いたい。


 高度成長を経て、核家族化が進むようになってから、家庭が崩壊し出した。そろそろ家族のありようを考え直す時期に差しかかっているような気がする。複数世帯の共同生活というのは、どうだろうか。


 家族が崩壊すれば、その先には「個人」しか存在しない。もはや、「共同体」という言葉自体が何か胡散臭く感じてくる。家族は家を同じくする者同士であり、地域社会は土地を同じくする者同士だ。しかし、同じくする「心」や「情」がない。それなら、同じCDを持っている者同士の方が、まだ共通する心があるだろう。


 身勝手な母親は、自分の欲望のために我が子を殺そうと決意した。その安易さ、短絡さが、社会を侵食するかも知れない。


 生き残った子供の行き場がないなら、私が引き取っても構わない。

D

ニジノハハニジノハハ 2008/09/08 12:07 涙が止まりません。子供の気持ちを考えると、心が痛い。我が子よりも、男を選ぶ母の考えが理解不能です。私は、子供達がくれる無償の愛情に、幸せを感じます。こんな事件が無くなる事は、無いのでしょうか…。

sessendosessendo 2008/09/09 09:21 人間ってのは、残酷極まりない動物なんでしょうね。かような事件がある度に、内なる残酷性を克服してゆくしかありません。それを語り伝える作業が大切だと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。