古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2008-06-07

『ドキュメント 戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争』高木徹


 米国民間企業がPR手法を駆使して、国際世論を動かした。いまだに多くの人々が、セルビア人が加害者でムスリム人が被害者だと思い込んでいるはずだ。ミロシェビッチは悪の権化とかね。国際世論を見方にした方が勝つという、戦争の新たな次元を示している。ただ、テーマは秀逸なのだが、文章に勢いがないのが難点。新しい戦争のカタチは情報戦だ。講談社ノンフィクション賞と新潮ドキュメント賞をダブルで受賞。


ドキュメント 戦争広告代理店 (講談社文庫)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証