古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2008-07-24

眼の前で起こった虐殺/『ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記』レヴェリアン・ルラングァ

 ルワンダものを読むのは初めてのこと。私の知識は『ホテル・ルワンダ』で得たものしかなかった。『ホテル・ルワンダ』は国連平和維持軍に守られているエリアからの視点であった。一方、レヴェリアン・ルラングァは塀の外の大虐殺を目の前で目撃した。だが、目撃しただけではない。体験させられたのだ。2分とかからぬ間に43人の身内を殺され、彼自身も身体をマチューテ(大鉈)で切り刻まれ、左手を切り落とされ、虐殺を目撃した左眼をえぐり取られた。これが、15歳の少年の身に振りかかった現実であった。


 ジェノサイド(大量虐殺)といえば、ヒトラーによる600万人のユダヤ人殺戮が代名詞となっているが、ルワンダで起こったこととは決定的な違いがある。ルワンダでは、近隣の友人や知人が大鉈を振り回し、赤ん坊を壁に叩きつけたのだ。何と100日間という短期間の間に、100万人のツチ族が殺された。1日1万人、1時間で417人、1分間で7人……。ルワンダの大地は文字通り血まみれになったことだろう。


 錠が飛んだ。扉が半開きになる。小さな弟たちや従兄弟たちが泣き、従姉妹たちが悲鳴を上げる。最初に扉の隙間から顔をのぞかせた男は、私の知っている男だった。シモン・シボマナという、繁華街でキャバレーを経営している無口な男。(中略)

 シボマナは怒鳴った。

「伏せろ、さあ、早く。地面に伏せるんだ!」

 ふと側にいる伯父ジャンの存在に気が付く。伯父は少しだけ左向きに身体を起こし、頭をのけぞらせて彼を見つめている。シボナマは素早い動作で伯父の首を切り落とす。ホースから水が噴き出すように、血しぶきが笛の音のような音を立てて鉄板屋根までほとばしった。

 伯父ががっくりとくずおれた時、一人の子供がとりわけ大きな叫び声を上げた。9歳になる伯父の末子ジャン・ボスコだ。シボマナはマチューテの一撃で子供を黙らせる。キャベツを割るような音と共に、子供の頭蓋骨が割れる。続いて彼は4歳のイグナス・ンセンギマナを襲い、何故だか分からないがマチューテで切り付けた後で死体を外に放り投げた。(中略)

 血が血を呼ぶ。荒れ狂う暴力。シボマナは地面に横になっている祖母を踏んだ。暗くてよく見えなかったのだが、彼が祖母を殺そうとすると、祖母は断固とした口調で言った。

「せめてお祈りだけでもさせておくれ」

「そんなことしても無駄だ! 神様もお前を見捨てたんだ!」

 そして祖母を一蹴りしてから切り裂いた。

 私はその時何も感じていなかった。恐怖、恐怖、恐怖しかなかった。恐怖にとらわれて私の感覚は麻痺し、身動きすることさえできなかった。クモの毒が急に体温を奪うように。心臓がどきどきし、汗が至るところから噴き出す。冷え切った汗。

 シボマナは切って切って切りまくった。他の男たちも同じだ。規則的なリズムで、確かな手つきで。マチューテが振り上げられ、襲いかかり、振り上げられ、振り下ろされる。よく油を差した機械のようだった。農夫の作業みたいに、連接棒の動きのように規則的なのだ。そしていつも、野菜を切るような湿った音がした。


【『ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記』レヴェリアン・ルラングァ/山田美明訳(晋遊舎、2006年)】


 シボマナが大笑いして、私に近付いてきた。

「おやおや、そこで外に鼻を突き出しているのは、ツチの家族の長男じゃないか!」

 そう言うと非常に機敏な動作で、私の顔から鼻を削いだ。

 別の男が鋲(びょう)のついた棍棒で殴りかかってくる。頭をそれた棍棒が私の肩を砕き、私は地面に倒れ伏した。シボマナはマチューテを取替え、私たちが普段バナナの葉を落とすのに使っている、鉤竿(かぎざお)のような形をした刃物をつかんだ。そして再び私の顔めがけて襲いかかり、曲がった刃物で私の左目をえぐり出した。そしてもう一度頭に。別の男がうなじ目掛けて切りかかる。彼らは私を取り囲み、代わる代わる襲ってきた。槍が、胸やももの付け根の辺りを貫く。彼らの顔が私の上で揺れている。大きなアカシアの枝がぐるぐる回る。私は無の中へ沈んでいった……。


 元々、ツチ族とフツ族は遊牧民族と農耕民族の違いしかなかった。そこに勝手な線引きをしたのは植民地宗主国のベルギーだった。1994年の大虐殺もイギリスとフランスがそれぞれの部族にテコ入れしている。挙げ句の果てにはアメリカ(クリントン大統領)が、ルワンダ救援を阻止した。シエラレオネと全く同じ構図で、アメリカ人にとっては、アフリカで行われている殺し合いなど、昆虫の世界と変わりがないのだろう。


 ラジオでは毎日、「ツチ族を殺せ! ゴキブリどもを殺せ!」とディスクジョッキーが扇動する。フツ族の子供はラジオ番組に電話をし、「僕は8歳になったんですが、ツチ族を殺してもいいんですか?」と質問をした。実際にあったエピソードである。そして、フツ族の少女は笑いながら略奪に加わった。

 果たして何が人間をここまで変えるのか? 善悪という概念は木っ端微塵となって、フツ族はあたかも狩りやスポーツを楽しむように、ツチ族の身体を切り刻む。しかも、フツ族はただ殺すだけでは飽き足らず、ツチ族が苦しむように一撃では殺さなかった。幼い子供達は足を切断して放置された。


 人は物語に生きる動物である。物語は情報によって変わる。嘘やデマと、誤信・迷信がマッチした瞬間から、憎悪の焔(ほのお)が燃え始める。結局、白人がでっち上げた歴史を鵜呑みにしたフツ族が、殺戮に駆り立てられた側面が強かったと思わざるを得ない。


 本書の後半からレヴェリアン・ルラングァの葛藤が描かれる。深い自省は静かな怒りとなって青白く燃え上がり、神に鉄槌を下す。その烈しさは、ニーチェをも圧倒している。


 母は最期まであなたのことを信じていました。それはよくご存知でしょう。母がいくら祈っても、私がお願いしても、全能の神であるはずのあなたは指一本たりとも動かすことなく、母を守ろうとしませんでした。私はその乳とあなたの言葉で育ててくれた母は、喉の渇きに苦しみながら死んでいきましたが、あなたは自分のしもべの苦痛さえ和らげようとせず、干からびた母の唇に清水の一滴も注ごうとはしませんでした。その唇は最後の最後まであなたの名を唱え、あなたを褒め称えていたというのに。


 伯父ジャンの喉元から血がほとばしり出た瞬間、私の信仰も抜け出ていきました。

 祖母ニィラファリのお腹から生命が逃げ去った瞬間、私の信仰も逃げていきました。

 叔父エマニュエルが串刺しにされた瞬間、私の信仰も串刺しにされました。

 殺戮の場と化した教会の壁にあの子供たちが打ち付けられて、その頭蓋骨が砕かれた姿を見た瞬間、私の信仰も砕かれました。

 私が愛した人々の命が燃え尽きた瞬間、私の信仰は燃え尽きました。

 鋲つきの棍棒で肩を粉々に砕かれた瞬間、私の信仰も粉々に飛び散りました。


 あなたには、無垢な人々を救う手さえないのですか?

 自分の子供の不幸も見えないほど目が悪いのですか?

 彼らの叫び声も、助けを求める声も、悲嘆の声も聞こえないほど耳が悪いのですか?

 彼らをずたずたに切り裂こうと襲ってくる汚らしいやつらを踏み潰す足さえないのですか?

 涙を流す人々と共に、涙を流す心さえ持っていないのですか?

 か弱き者や小さき者を守るはずなのに、ゴキブリたちさえ守ることができないほど無力なのですか?

 つまりあなたは、闇の中にいて盲目の眼差しで私を見つめるだけの無力な神なのですね?

 しかしそんなことはどうでもいいのです。私の心の中では、あなたはもう死んでいるのですから。


 テレビを消して、この本と向き合おう。我々がメディア情報に振り回されている内は、いつでもフツ族になる可能性があるからだ。善と悪との間に一線を画すためには、「嘘を見抜き、嘘を否定する」ことである。

ルワンダ大虐殺 〜世界で一番悲しい光景を見た青年の手記〜

豆腐小僧豆腐小僧 2009/05/28 16:02 すばらしい書評だと思います。
ルワンダの虐殺を調べている内にここへたどり着いたのですが、この記事だけでなく他の書評もきちんと書き込まれていて、すてきなサイトをみつけたことをうれしく思います。
更新を楽しみにしています。

sessendosessendo 2009/05/29 01:25 お調子者なんで、あんまり褒めないで下さいな(笑)。

toffee  mum toffee mum 2011/07/21 01:02 今 テレビでルワンダの大量虐殺をやっていて、途中から見たので、話が良くわからなく、調べているうちにここにたどり着きました。
本当に悲しく残酷な事ですね・・・・

sessendosessendo 2011/07/21 11:06 是非とも読んでみてください。

ランスケランスケ 2011/09/30 16:55 映画「ルワンダの涙」を観たことから、こちらの記事に辿り着きました。
ブログで、どうこの映画を紹介しようかと思案していましたが、
sessendoさんの記述に息をのみました。
私が百万言、語るよりも、ここにすべてが簡潔に書かれています。
どうか、そのままsessendoさんの記事を引用掲載することをお許しください。

ランスケランスケ 2011/09/30 17:14 映画「ルワンダの涙」を観て、検索しているとsessendoさんの記事に辿り着きました。
映画からは、イマイチ届かなかった、もどかしい想いが、記事を読んでいて氷解しました。
ありがとうございます。
事後了承になりますが、どうかsessendoさんの記事をそのままブログに引用掲載させてください。
私が百万言の言葉を書き連ねるよりも、ここにすべてが要約されているからです。
勝手な引用、申し訳ありません。

sessendosessendo 2011/09/30 21:16 どうぞ、よござんすよ。URLだけ貼ってくれれば構いません。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20080724/p1