古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2008-10-07

リスクから逃げることが最大のリスク/『1年で10億つくる! 不動産投資の破壊的成功法』金森重樹


 これは面白かった。「よーし、じゃあ一発、不動産で儲けるか!」って気になるよ。しかし、大事なところはそこじゃない。ものの見方を変えてくれる内容が随所にあるのだ。著者は1970年生まれというのだから大したものだ。もちろん、ゆくゆく不動産購入を考えている人にとっても有益である。


 日本のエリートと呼ばれる上場企業のホワイトカラーのサラリーマンなどは最も「リスクから逃げ回っている」部類の人間たちです。

 リスクから逃げ回る人生を送ってきた人たちが、終身雇用制、年功序列制賃金が崩壊した現在、いったん会社から放り出されると、もはやリスクに対処するすべがありません。どんなに立派な学歴があろうが、どんなに立派な上場企業に勤めていた経歴があろうが、そんなものは会社から放り出されてしまえば何の役にも立ちません。

 価値がないのです。

 逆説的ですが、リスクから逃げることが最大のリスクなんですね。


【『1年で10億つくる! 不動産投資の破壊的成功法』金森重樹〈かなもり・しげき〉(ダイヤモンド社、2005年)】


 気持ちのいい文章だが、既に成功を収めている人物が書いていることを忘れてはならない。リスクを取れば儲かるというわけではないからね。大事なのはリスクマネジメント。だから、「リスクから逃げることが最大のリスク」という言葉は、文学的な表現と心得るのが正しい読み方だ。文意は、「何もしない人間にチャンスは巡ってこない」というもの。金森氏が提唱するのは、「どうせ家を建てるなら、大家になれよ」ってこと。

改訂版 不動産投資の破壊的成功法

鶴岡真弓、酒木保、ガボール・マテ


 1冊挫折、2冊読了。


黄金と生命 時間と練金の人類史鶴岡真弓/何となく挫折。高価なので、体調のいい時に再読する予定。


自閉症の子どもたち 心は本当に閉ざされているのか』酒木保(さかき・たもつ)/軽度発達障害の手掛かりになるかと思って読んだのだが見当違いだった。著者は実際に自閉症の子供達と接しているがゆえに、どうしても寄り添おうという姿勢が強く出てしまう。客観的な情報は少ないが、正常な人間関係を結ぶことのできない自閉症が、関係性の意味を教えてくれるところが興味深い。


身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価ガボール・マテ/著者はカナダ人医師。2200円でソフトカバーはねーだろーよ、と思ったが400ページあるので許そう。ALS、慢性関節リウマチ、多発性硬化症などの病気が、ストレスによって引き起こされている可能性を指摘している。アルツハイマーや乳癌も。著者はインタビューという形で、患者の人生の闇に鋭くメスを入れる。「対話」によって引き出されたものは、幼少期からの歪んだ価値観に束縛されてきた患者の心であった。「ノー」と言えない人々の許容量を超えた時、身体が悲鳴を上げ始める。ガボール・マテは決して声高な主張をしているわけではない。「こういう人生を経て、こういう病気になった人々がおりましたよ」と静かに語っているだけだ。心身の相関は我々が考えている以上に深い関係であることがわかる。