古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2008-10-19

幼少期の歪んだ価値観が肉体を破壊するほどのストレスと化す/『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ

 珍しい名前なんでアジア人かと思いきや、カナダ人医師だった。「ストレス理論」の提唱者ハンス・セリエ博士の弟子でもある。


「2200円でソフトカバーはねーだろーよ」と思ったが、400ページあったので許そう。


 自己免疫疾患ALS、はたまた乳癌やアルツハイマー型痴呆症までが、ストレス由来の可能性があると指摘している。


 ハンス・セリエ博士がストレス学説を発表したのは、1936年(昭和11年)の『ネイチャー』誌上(「種々の有害作用から生ずる一症候群」)でのこと。そんなに古かったんだね。で、誤解している人が多いが、ストレスそのものは否定されるべき代物ではない。人間には「適度なストレス」が必要とされている。


 問題は負荷の掛かり方だ。例えば互いに好意を抱いている男女がいたとしよう。やがて、二人の間には愛情が芽生え、ムフフという関係になる。この時点でムフフは快感だ。時は移ろい、四季は巡る。ある時、女性の中に秘められていた性的嗜好が目を覚ます。女は鞭とローソクを用意して男を縛り上げたのだった。男が感じたのは痛みだけであった。とまあ、性的なコミュニケーションと暴力ですら、力の加減によるものなのだ。


 そもそも、産道を通る時だってストレスを感じたであろうし、我々は24時間地球に引っ張られているのである。自分の体重ですらストレスの要因となりかねない。ストレス解消のために食べる→体重が増える→膝関節と靴底に負荷が掛かる→またぞろ食べる、これがストレス性デブの無限スパイラルだ。数年後には地面の中に足がめり込んでいることだろう。


 メアリーのからだは、彼女の心ができなかったことを実行していたのではないだろうか? 子供のころは無理やり押しつけられ、大人になってからは進んで自分に課してきた執拗な要求――常に自分より他者を優先する生き方――を拒絶するということを。1993年、医学コラムニストとして初めて『グロー、アンド・メイル』紙に執筆した記事で、私はメアリーのケースを採りあげ、今ここに記したような見解を披露した。そしてこう記した。「ノーと言うことを学ぶ機会を与えられずにいると、ついには私たちのからだが、私たちの変わりにノーと唱えることになるだろう」。コラムには、ストレスが免疫系におよぼす悪影響に関する医学論文もいくつか引用しておいた。


【『身体が「ノー」と言うとき 抑圧された感情の代価』ガボール・マテ/伊藤はるみ訳(日本教文社、2005年)】


 価値観は選べない。なぜなら、生まれて来る時に親を選ぶことができないからだ。人は誰もが「正しくありたい」と望み、「正しくあろう」と努力する。ところが、そうした正義感が教条主義と化せばストレスとなってしまう。「大義のために死ね」ってことだ。


 ところが「正しい行為」が習慣化されていると、行動しない場合、更なるストレスに襲われる。こうなると背水の陣どころか、四方八方すべて海だ。がんじがらめの緊縛プレイ。縛り上げられたマゾは、動くだけでもロープが食い込み身体が痛む。


 このような人生を歩むことによって、「ノー」と言えなくなる。だが、負荷は掛かり続ける。そして、信号機が黄色になるように、ウルトラマンの胸のカラータイマーが点滅するように、肉体がシグナルを発する。これが病気だ、というのが本書の骨子。


 かなり説得力がある。私なんぞは完全に鵜呑みにしている。本のページ数に限りがあるためと思われるが、反対意見を紹介すれば、更なる説得力が増すことだろう。女性で、その辺の下らないカウンセラーに金を払っている人がいれば、本書を読んだ方がましだ。自分を理解する一助となることだろう。

身体が「ノー」と言うとき―抑圧された感情の代価

ひできひでき 2008/10/19 17:53 こちらに書くのは、初めまして。
以前違う本で、風邪などを含む病気の原因の一つに、精神的な病みないし精神的なストレスから来るとという話しを読んだ事がございます。
ですので、この本の内容に納得がいきます。
東洋医学には似た観点ですので。
この世界は、見方を変えればある意味何でもストレスです。
しかし、そのストレスも、捉え方によって、心身の成長に繋がります。
運動部でその時なりに活動していた方であれば、実感している事と思います。

sessendosessendo 2008/10/19 18:30 やあやあ、ひでき君。
風邪はひいた方がいいらしいよ。
http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20081016/p1

ひできひでき 2008/10/19 18:44 石原 結寛氏の本を読むと、風邪を引くという事は、それだけ身体の自然治癒力が動くのが早いという。
この方の本には、そうして、身体の歪み(新陳代謝の悪さ・血の汚れ、漢方では於血など)が早く矯正されなかった場合、内臓などに症状が出始め、そのピークがガンという。事実、ガンになる人は、今まで病気にかかった事がない人がなる例が多々あると耳にした事があります。
ガンになる人は、心身共に疲弊されている例が多いと聞きます。
ちなみに私は、毎年一回は必ず風邪引いて家族にばらまくタイプでした、今年の冬もトホホ。
なお、伝統医学の本を読みますと、季節とその人の体質に合わせたライフスタイルで生きれば病気にならず、身体の衰えが遅くなると書かれている本が多いですね。

sessendosessendo 2008/10/19 22:50 癌細胞=自分の一部、となっているから免疫が作用しないんだよね。
結局、病気を否定するよりも、上手に付き合っていくしかないと思うよ。

ひできひでき 2008/10/19 23:01 その通りです。御名答。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証