古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2008-12-14

「囚人のジレンマ」には2種類の合理性が考えられる/『理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性』高橋昌一郎

「囚人のジレンマ」については以下のページを参照のこと。

 で、このジレンマの理由はどこにあるのか――


数理経済学者●いえいえ、わからないのも無理ありません。というのは、協調にしても裏切りにしても、どちらが本当に合理的な選択なのかわからないのです。その意味で、囚人のジレンマは、パラドックスなのです。

 ここで重要なのは、2種類の合理性が考えられるということです。それは、それぞれのプレーヤーが自分にとって最も利益の高い行動を取る「個人的合理性」と、二人のプレーヤーが平等に同じ行動を取って集団全体の利益を高める「集団的合理性」です。

 個人的合理性と集団的合理性が一致すれば、何も問題はありません。しかし、囚人のジレンマでは、集団的合理性に基づく選択のほうが、個人的合理性に基づく選択よりも両プレーヤーにとって有利なようになっています。したがって、お互いに協調するのが最も合理的だと思われるわけですが、そのように考えて協調した結果、相手の裏切りにあって結局は大損するかもしれない。そこが難しいところなのです。


【『理性の限界 不可能性・確定性・不完全性』高橋昌一郎講談社現代新書、2008年)】


 実に興味深い指摘だ。枠組みの数だけ異なる合理性が存在するってことだもんね。仕事で考えるともっとわかりやすい。自分→部署→会社全体のどこに依って立つかで文句も意見も変わってくる。日本の政治が機能していないのも、官僚の間に省益優先というパラメータが働いているためだ。自分さえよければいいのか? その通り。


 地球上のすべての人々が、世界的合理性に基づいて生活すれば、一瞬にして平和が築かれることだろう。


 この話、これだけで終わらない。高橋昌一郎のペンさばきは軽快だ。

理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書)

交通事故に関するリンク


 師走は一年で最も慌しい時期である。師匠が走っているくらいだから、皆が皆、先を急いでいる。自動車も自転車も乳母車もスピードを出している。ところが歩行者は寒さで動きが鈍くなっている。当然、事故が起こりやすい状況が生まれる。一年の締め括りに事故を起こしてしまっては元も子もない。賢者は平穏な中で最悪の事態を想定し、愚者は最悪の事態となってから僥倖(ぎょうこう)を願う。


 ここ数年、交通事故死亡者数が減っているが、警察が喜んで発表するような情報を鵜呑みにしてはいけない。ご存じの方もいるだろうが、交通事故死亡者の定義は、事故発生から24時間以内となっている。つまり、2日目以降の死亡はカウントされていないのだ。ここから推測できるのは、救急治療・医療技術の向上によって数十時間程度の延命が可能となったことであろう。重傷者数の増加がそれを物語っている。警察庁が発表しているのは、「交通事故が原因で24時間以内に死亡した人が減っている」というだけの話である。


 まず、ドライバー諸氏は最初のリンクを必読のこと。

石ころの価値/『一人ならじ』山本周五郎

 時代モノはさほど読んでいない。初めて読んだのは自宅にあった『宮本武蔵』(吉川英治著、講談社)だと記憶している。『水滸伝』『三国志』と進み、その後、『さぶ』と巡り合った。それ以来、山本周五郎を愛読している。司馬遼太郎藤沢周平は苦手だ。


『一人ならじ』は武家モノの短編集である。いずれも、壮烈なまでの「生きる覚悟」に焦点が当てられている。もののふの魂とは、人知れず修羅を生きることであった。


 結婚したての夫婦。夫が戦(いくさ)に参じては、石ころを持って帰ってくる。妻の目には奇異に映る。夫への不信が増してくる。ある日のこと、思い余った妻は、石ころの意味を問う。確かそんな筋書きだったと思う。


「しかしこれはこれで案外やくに立つのだよ。道普請(みちぶしん)にも、家を建てるためにも、また城を築くにも、土を締め土台石の下をかためるためには、こういう石はなくてはならないものだ。……城塁の下にも、家の下にも、石垣にも、人の眼にはつかないがこいう石が隅々(すみずみ)にじっと頑張っている。決して有る甲斐がないというようなものではないんだよ」


【「石ころ」山本周五郎(『一人ならじ』新潮文庫)】


 夫は淡々と答えた。自分の武勲を誇ることもなく。


 ともすると、人は「大きな石」や「綺麗な石」になりたがるものだ。また、磨けばきっと光るだろうという淡い期待もある。で、いざ磨いたら、結局小さくなっただけという事態に陥る。


 私は「かけがえのない」という言葉が大っ嫌いだ。漢字だと「掛け替えのない」となる。じゃあ訊くけどさ、「かけがえのないサラリーマン」って存在するのか? 「かけがえのない兵士」とかさ。「かけがえのないパートタイマー」もそうだな。“いつでも掛け替え可能”であればこそ、企業はリストラと称してサラリーマンの首を刎(は)ね、米軍はイラクで殺された兵士の数を増強し、管理職はパートのおばさんをアゴでこき使っているのだ。


 周五郎の文章も一歩間違えると、「かけがえのなさ」に着地しそうになるがそうではない。これは、「ありのままの自分」を生きろと勧めているのだ。大きな石と小さな石が互いに支え合っていればこそ城が築ける。そう。これぞ、「縁起の思想」。


 この物語が凄いのは、本来であれば大きな石として評価されるべき夫が、「石ころ」の覚悟で捨て身の戦闘をしていることだ。名も花も求めぬ、無一物の境地が胸を打つ。

一人ならじ (新潮文庫)