古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2009-05-02

訃報:忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け


「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が大ヒットし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。


【毎日新聞 2009-05-02】

桜井章一


 1冊読了。


 59冊目『運に選ばれる人 選ばれない人桜井章一(東洋経済新報社、2004年)/桜井章一は、私が現代の阿羅漢と目する人物の一人。余白が多いため、「出版社に利用されたのか?」と思ったが、杞憂に過ぎなかった。蝶のようにヒラリヒラリと自由な思考が舞う。それにしてもいつも思うのだが、20年間無敗を誇る雀鬼がどうして読者に敬語を使うのだろう? ここに私は桜井章一の謙虚さを感じる。桜井は、見知らぬ誰かに対して自分の考えを述べているのだ。桜井は独善性とは無縁の人物だ。これほどの人物となるまでには、並大抵ではない葛藤があったことだろう。桜井はそれを黙して語ることがない。

15年前に豚インフル蔓延を予測していた米軍?


米空軍大学作成の「未来予測分析報告書」

  • 2009年、インフルエンザによって3000万人が死亡。
  • 2010年、世界中で地域紛争が増大。その結果、もはや対処できなくなった国連は解散する。
  • 2012年、NYの金融街・ウォールストリートを高エネルギー電波(HERF)が襲う。その結果、金融マーケットに欠かせないコンピューター・システムが全て破壊され、大混乱に陥る。

原田武夫国際戦略情報研究所 2009-05-01】

教育という関係性/『問いつづけて 教育とは何だろうか』林竹二


 林竹二は稀有(けう)な教育者だ。教育論といえば、制度のあり方を論じるか、あるいは教師に“神の役割”を押し付けるかといった方向になりがちである。だが林は、「教育技術」を真摯に追求した。


 林竹二宮城教育大学学長を務めた後、全国の学校を行脚(あんぎゃ)した。そこで一教師として生徒と向き合い、勝負を挑んだ。林にとって授業とは真剣勝負そのものだった。学ぶことは変わることであり、生徒が変わらなければ学んだとはいえない――これが林の信念だった。


 本書にはたくさんの写真が配されている。この写真の意味を知りたいなら、本書を開く前に、『教育の再生をもとめて 湊川でおこったこと』(筑摩書房、1984年)を読んでおくことを勧めておく。


“教師という偶像”が保たれていたのは、多分「3年B組金八先生」(TBS、1979年)あたりまでだろう。教育はまだ“美しい物語”だった。しかし、だ。この番組は、教育崩壊の予兆を感じさせる匂いを放っていた。まず、放映当初から指摘されていたが、先生役の武田鉄也が長髪だった。次に、第一シリーズの全23回のうち6回にわたって、浅井雪乃(杉田かおる)の妊娠を巡る内容となっている。命の大切さを教えるために、「中学生の妊娠」という事件を必要としたのだ。これは、やり方が汚いと思う。


 私はこの番組を少ししか見てないが、間違いなく「愛する二人がきちんと責任をとって前向きに生きてゆく」ストーリーになっていたはずだ。こんな単純で馬鹿げた展開であっても、中学生ならコロリと騙される。ま、ゴキブリがホウ酸団子を食らったような状態だろう。つまり、愛があれば妊娠に至る行為は正当化されるってことよ。むしろ「性交化」と言うべきか。ここにおいて教育は、妊娠を取り巻く付随行為に格下げされているのだ。武田鉄也はその後、坊主みたいに説教臭い話し方をするようになった。


 余談が過ぎた。現代においては、その殆どが職業教師であろう。私はそのこと自体を否定はしない。教師というだけで妙な聖性を求めるのは、職業による逆差別であると言ってよいだろう。しかしながら、小中学生という季節に及ぼす教師の人格的影響は決して無視できない。ここに、教育問題の行き詰まりがあるのだと私は思う。


 その意味から、以下のテキストを「教育的関係」にある全ての大人に捧げよう――


 ――とくに切り捨てられるという状況に追い込まれた子どもたちにとっては、先生というのは、何ともこわい存在になっているようですね。


 だから、そうさせるものはいったい何なんだろうかということをじゅうぶん掘り下げて考えてみる必要があると思うんです。もちろんこれは、教師だけの責任にしてそれで片づく問題ではないだろうとは私も考えています。教師だけの力ではどうすることもできない力がいろいろ働いて、それが教育の方向を左右する場合も少なくない。そういう問題が当然かかわってくると思います。そのことはお話の中でだんだん考えていかなければならないと思うんですけれど、私は、教師にとって、子どもというものが教える対象でしかないということ、あるいは教える対象としてしか子どもを見ることができないという事実が根本にあって、教師をひどく冷たい、非人間な存在にしてしまっているように感じているのです。


 ――教える対象でしかないということは、ただ単に一方的に教えるだけ、ということでしょうか。


 そう。「教える」という行為以前の教師の姿勢に問題があると思うんです。子どもにたいして、人間と人間として向き合うという場面がなくて、あらゆる瞬間に、片方が教師であり、片方は生徒であるという、そういう関係でしか子どもに対していないということが、やはり問題ではないかという気がするのですけれど。


【『問いつづけて 教育とは何だろうか』林竹二〈はやし・たけじ〉(径書房、1981年)】


 林の指摘は正しいが、果たして今そこまで教師に望んでいいものだろうか。モンスターペアレントに戦々恐々としながら、学校という学校は教師に対してラインオーバーすることを許さない。ひょっとすると、教師も親も社会の犠牲者なのかも知れない。


 そんなわけのわからない時代になればなるほど、林竹二の影は巨大に伸びてゆく。林の真っ当な正論を読むたびに、「人間がどんどんいなくなってゆく」という不安が私の中で蠢(うごめ)く。

問いつづけて―教育とは何だろうか

『宇宙を織りなすもの 時間と空間の正体』ブライアン・グリーン/青木薫訳(草思社、2009年)


 ブライアン・グリーンの新著が出た。


宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 上 宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 下


 物理学によれば、私たちの時間と空間に関する常識的な感覚は、どうしようもないほど間違っている。たとえば、「時間は流れるもの」「歴史はひとつのはず」「空っぽの空間ではなにも起こらない」という常識的な考え方は、どれも間違っているというのだ。物理学は、いったいどのように私たちの「常識」をくつがえすのか? この世界の本当の姿は、私たちの「常識」から、どれほどかけ離れているのだろうか? 『エレガントな宇宙』の著者ブライアン・グリーンが、現代物理学のもたらす世界像を鮮やかに描き出した、待望の最新作。


「時間も空間も伸び縮みする」とは、いったいどういうことなのか? 「宇宙は膨張している」とは、宇宙の何が膨張しているのか? あるいは、「宇宙は一枚の膜かもしれない」「量子力学を使ったテレポーテーションが成功した」「ブラックホールを作る実験を行う」など、耳を疑うような物理学の主張は、いったい何を意味しているのか? そして最も重要なことだが、それらの物理学の成果は、私たちの時間と空間に対する見方をどう変えるのだろうか? 『エレガントな宇宙』の著者ブライアン・グリーンが、現代物理学による探究の成果を、一望のもとに描き出す。

リンチの語源


 今でも使われる「リンチ」という言葉は、アメリカ南部で生まれた。これは独立革命期に公衆の場での熾烈な懲罰行為を推し進めたチャールズ・リンチの名前に由来する言葉であり、犠牲者の大半は黒人であった。1892年には1年間だけで162人の黒人がリンチによって命を奪われた。およそ二日に一人が殺されたということになる。


【『世界反米ジョーク集』早坂隆(中公新書ラクレ、2005年)】


世界反米ジョーク集 (中公新書ラクレ)