古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2009-09-09

『爆問学問』伊勢崎賢治


 太田光は「何かのために考える」のではなくして、「考えるために何かを利用する」姿勢が濃厚だ。つまり観念を弄(もてあそ)んでいるだけであり、思想の自慰行為といえる。やや種類は異なるが小林秀雄と似ている。伊勢崎賢治がプラグマティストであるため、より一層際立っている。太田はとにかく礼儀知らずだ。周囲にたしなめる人物がいないのだろう。

D


D


D

神の語源


 カミの語源が「隠れ身」であるように、ほんとうに大切な崇(あが)めるべき存在は、隠されたものの中にある。


【『性愛術の本 房中術と秘密のヨーガ』(学研ブックス・エストリカ、2006年)】

性愛術の本―房中術と秘密のヨーガ (NEW SIGHT MOOK―Books Esoterica)