古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-01-02


 この世から「私」という言葉を消し去ることができれば、世界はかなり平和になるだろう。「あなた」「彼」「彼女」も奪ってしまえば、世界は完全な平和を手中するに違いない。

カーリン・アルヴテーゲン


 1965年スウェーデン生まれ。作家、テレビの脚本家。98年、『罪』でデビュー。2000年『喪失』で北欧5ヶ国の推理小説家が対象の名誉あるベスト北欧推理小説賞を受賞した。


影 (小学館文庫) 恥辱 (小学館文庫)


裏切り (小学館文庫) 喪失 (小学館文庫) 罪 (小学館文庫)

カーリン・アルヴテーゲン


 1冊読了。


 2冊目『』カーリン・アルヴテーゲン/柳沢由美子訳(小学館文庫、2005年)/アルヴテーゲンのデビュー作だ。彼女は二人目の子供を身ごもっている時に実兄を亡くしたという。生まれ来る新たな命と失ってしまった命の板挟みに遭遇し、アルヴテーゲンは精神状態に変調を来した。苦悩を打ち破るために彼女はペンを執った。そしてこの作品が完成した。主人公のペーターも著者同様、パニック発作に悩まされている。これは蘇生の物語だ。そして、アルヴテーゲンは書くたびに新たな精神の扉を開くことだろう。軽々しくミステリという枠にはめ込むことが不可能な作家だ。

思想とは壁の中にセメントで塗り込められた煉瓦である


 ある思想の基礎的な土台は他者の思想なのであって、思想とは壁の中にセメントで塗り込められた煉瓦なのである。もし思索をめぐらす存在が自己自身を振り返ってみるときに、一つの自由な煉瓦を見るだけで、この自由という外見を手にするためにその煉瓦がどれほど高い代価を支払っているかを見ないとすれば、それは思想にはよく似てはいるがその模像にしか過ぎないのである。なぜなら彼は手を加えられぬまま放置されている空地とか、残骸や破片の山積みを見ようとしないのだから。しかし実は彼は、臆病な虚栄心のせいで、その自分の煉瓦を後生大事に手にしたまま、そのような空地や残骸の山に遺棄されているのである。


【『宗教の理論』ジョルジュ・バタイユ湯浅博雄訳(人文書院、1985年/ちくま学芸文庫、2002年)】

宗教の理論 (ちくま学芸文庫)