古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-04-30

ヘイフリック限界


 この誤りは、L・ヘイフリックが1950年代から注意深い研究を行うことによって、正されました。ヘイフリックは、正常な細胞ならある回数分裂するとそれ以上分裂しなくなり、ついには死んでしまうことを見いだしました。カレルらの実験では、培養細胞の栄養素としてニワトリの血漿を毎回供給しており、その中に新しい細胞が混入していたために、同じ細胞を34年間培養したのではなく、次々と新しい細胞に交代していたということがわかったのです。

 ただし組織培養を繰り返していると、時々異常な細胞が生じてきます。それは、いつまでも分裂を繰り返します。また、ガン細胞も無限に分裂することが知られています。ガン細胞とは、分裂がコントロールできなくなって暴走してしまった細胞なのです。


【『植物はなぜ5000年も生きるのか 寿命からみた動物と植物のちがい』鈴木英治〈すずき・えいじ〉(講談社ブルーバックス、2002年)】

植物はなぜ5000年も生きるのか (ブルーバックス)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100430/p1