古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-07-12

人類史の研究を助けるシラミ


 やっかいなシラミなのだが、人類史を研究するうえでありがたい特徴も持っている。それぞれのシラミの種が、ほぼ決まった寄生先を持つことだ。例えば、人類に寄生するシラミはチンパンジーなどほかの動物には寄生せず、逆に、ほかの動物の寄生するシラミは人類に寄生していないらしい。

 人類とチンパンジーが枝分かれする前、共通の祖先として暮らしていた時代、ある一種類のシラミがこの共通祖先に寄生していた。人類とチンパンジーがそれぞれに枝分かれして独自の道を歩み始めると、それに歩調を合わせるように、シラミも人類にだけ寄生するものと、チンパンジーにだけ寄生するものに分かれたようだ。


【『人類進化の700万年 書き換えられる「ヒトの起源」』三井誠(講談社現代新書、2005年)】

人類進化の700万年―書き換えられる「ヒトの起源」 (講談社現代新書)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。