古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-07-17

『超帝国主義国家アメリカの内幕』マイケル・ハドソン/広津倫子訳


超帝国主義国家アメリカの内幕


 日本のバブルとその崩壊も起こるべくして起こった。アメリカの金融帝国主義を知らずに日本経済は理解できない。IMFと世銀を利用して、アメリカはどのように世界経済を操ったのか? アメリカに富を集中させる驚異の経済戦略の全貌がいま明らかに。米国の圧力で翻訳が中断された幻の名著、20年の歳月を経て待望の翻訳。

「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる


 民主党枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌『新潮45』が報じた。

 枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の執行委員長で、警視庁公安部が革マル派のJR内秘密組織の幹部と判断している人物としている。枝野氏は覚書で「私はJR総連及びJR東労組の掲げる綱領(活動方針)を理解し、連帯して活動します」などとしている。


産経ニュース 2010-07-17

新潮45 2010年 08月号 [雑誌]

道徳と政治を混同してはならない/『資本主義に徳はあるか』アンドレ・コント=スポンヴィル


「政治とカネ」の問題がかまびすしい。電波利権に浴する人々が口角泡を飛ばして政治家を糾弾している。去る参院選では「クリーンな政治」を掲げた政党もあった。ひょっとして政治家はクリーニング屋になろうとしているのだろうか?


 ちょっと考えてみよう。クリーンな政治は必ず企業や国民に対してもクリーンさを求めることだろう。果たして我々はピューリタンのように清らかで厳格な社会を望んでいるのだろうか? 振り返るとピューリタン革命(清教徒革命)も社会の歪(ゆが)みに端を発していた。現代同様、17世紀のイギリスも貧富の差が拡大していたのだ。で、イングランドといえば結局、王政復古になってしまった。


 1620年、メイフラワー号は新天地アメリカを目指して出発した。船に乗っていた3分の1はピューリタンであった。

 そうすると、クリーンな政治というのはアメリカの陰謀なのか? そうかもしれない。アメリカは厳格なまでに清らかだ。堕胎は聖書に反するということで毎年キリスト教原理主義者の手で医師が殺されている。悪党を見つければ、たとえ他国であろうとやっつける。仮に戦闘の根拠がデタラメであったとしてもだ。世界中の国々に民主主義の風をなびかせ、自国の経済システムに組み込むことがアメリカの至上命題である。

  • 経済侵略の尖兵/『エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ』ジョン・パーキンス

 だが待てよ。この論理は内側では通用するが外側からは理解されない。「所詮、民主主義の押し売り、武器のマルチ商法だろ?」と言われればそれまでだ。


 アンドレ・コント=スポンヴィルは政治と道徳が別次元であることを明快に説いている。


 なぜなら、第一に、道徳的な問い(「私はなにをすべきか?」)は、どんな職業についているひとであれ、たとえば株主であれ企業主であれ、あらゆる人に提起されるものだからです。もちろん、経済的な問いと呼べるもの(「私はなにを所有することができるか?」)にかんしても事情は同様です。私たちのうちどれほど豊かな人であれ、どれほど貧しい人であれ、道徳とも資本主義とも無縁ではいられません。はたらくことや貯蓄することや消費することは、なされて当然のいとなみですが、そのどれもが自身が望むと臨まざるとにかかわらずこの資本主義というシステムに参与することです。だからこそ、そのシステムの道徳について問いかけるのは意味あることなのです。


【『資本主義に徳はあるか』アンドレ・コント=スポンヴィル/小須田健〈こすだ・けん〉、C・カンタン訳(紀伊國屋書店、2006年)以下同】


 例えば「政治とカネ」を糾弾する人々が官房機密費問題には口を噤(つぐ)んでいる。完全黙秘、完璧な静寂。針の落ちる音が轟くほどの静けさだ。新聞記者やジャーナリストの面々は、長らく与党であった自民党から酒食を振る舞われ、女をあてがわれ、現金を手渡された。「政治とカネ」を問題視する彼等は、「メディアとカネ」を不問に付そうとしているのだ。


 要するに道徳と政治を混同してはならないのです。道徳は個人的なものです。あらゆる政治は集団的なものです。道徳はその原理からして利害とは無縁です。どんな政治もそうではありません。道徳は普遍的なものであり、あるいはそうなろうとめざすものです。あらゆる政治は特殊的です。道徳は目標を固定するものだとすれば、政治はとりわけ手段に関心をはらうものです。だからこそ、私たちにはどちらもが必要なのであり、両者のちがいもまた必要なのです。道徳家の説く純粋主義に欺かれてはなりません。ほかの人びとが利害を問題にしているときに道徳しか問題にしないのは、人非人の思う壷にはまることです!


 この指摘には目から鱗(うろこ)が落ちた。政治とは利益の調整である。つまり、恩恵に浴することができなかった人々からは、いつだって批判され得るのだ。「バラマキだ」と。政治が損得という原理で動いている以上、そこには腐敗がつきまとう。票とカネのパワーゲームが政治であるならば、いたずらに道徳性を求めるよりもゲームのルールを誰の目にも明らかにした方がいい。


 本来であれば国政は政治家と国民の綱引きであるべきだが、官僚の存在がややこしくさせている。この国では政治家が政治家として機能していないがゆえに、官僚が一切を仕切っている。法律は霞が関文学によって書かれており、「てにをは」や句点一つで意味を変える。国民はもとより政治家ですら違いが理解できない始末だ。


「全ての官僚が悪いとは言えない」なあんて枕詞(まくらことば)が流通しているが、一部の悪人を支えているのは多くの真面目な官僚なのだ。いっそのこと、全員を取り換えた方がよい。


 私たちの個人的な欲望は私たちを対立させます(ほとんどのばあい私たちの欲望するものが同じであるだけになおさらです)。万人に共通する理性にのみ、私たちを結びあわせることができるのです。ですが、この力は、すべての力がそうであるように、もし私たちがそれにすっかり身をゆだねてしまったなら、危険なものともなります。疲れているときや、習慣に身をまかせているとき、数にのみこまれてしまうとき、私たちはそうした危険へと押しやられることになります。集団においては、そしてそれを構成している人数がおおくなればますます、愛は道徳へと、そしてばあいによっては道徳主義にまで低下していく傾向を帯びます。道徳は政治へと、つまりは権力関係へと低下していく傾向を帯び、政治は技術や経済や管理へと低下していく傾向を帯びるのです。

 この【重力】は、考察の対象になる集団に応じて(企業と政党とでは同じではありません)、そしてとりわけ集団の規模に応じてさまざまに変化します。


「重力」とはシモーヌ・ヴェイユが『重力と恩寵』で説いた作用で、「人々を下降させる一切の力」を意味する。


 道徳はわかりやすい。わかりやすいからこそ攻撃の武器となる。そして道徳による攻撃は大衆の感情を煽り立てる。で、扇動された大衆はファシズムに向かって暴走を始めるのだ。


 菅直人首相が誕生しただけで、低迷していた支持率がいきなり反発した。世論の振幅の激しさが全体主義傾向を雄弁に物語っている。人々がストレスにさらされ不平不満が溜まると、破壊への衝動が膨らむ。そして、群衆の中から石を投げるようなタイプが増えるのだ。


 道徳で政治を語る人物を信用してはならない。

資本主義に徳はあるか

真の投機家


 だいたい、バブル紳士などと言われるようでは最初からなっていない。本当の投機家は、投機のジャングルに出かけるときには緑の保護色をまとい、そうでないときは普通の社会人としての保護色をまとっている。普段はベーシックな業務に精を出し、腹七分目でサッサとカジノを去っていく。そして何年間でも次の機会を待って読書三昧に夜を過ごし、バブル紳士の没落のプロセスなどを醒めた眼で観察しているものだ。


【『投機学入門 不滅の相場常勝哲学』山崎和邦(『投機学入門 市場経済の「偶然」と「必然」を計算する』ダイヤモンド社、2000年/講談社+α文庫、2007年)】

投機学入門―市場経済の「偶然」と「必然」を計算する 投機学入門――不滅の相場常勝哲学 (講談社プラスアルファ文庫)

(※左が単行本、右が文庫本)

人間のもっとも原初的な社会は母子社会


 人間は、孤独では生きていけない動物だといわれる。人間は集団のなかで生まれ、集団のなかで死んでいくのである。人間のもっとも原初的な社会は、母とその子どもからなる母子社会であり、母子関係を中心として家族・親族・氏族のような血縁関係がつくられた。数百万年は続いたと思われる人類の狩猟・採集時代は、血縁の原理がもっとも優越していた時代であったろう。(中略)

 血縁と地縁は、人間を結びつけるもっとも古い二代紐帯原理であるが、これら血縁・地縁に劣らず古くから存在する紐帯原理は、共通の利害や感心に基づく「約束」の原理であった。このような一定の「約束」のもとにつくられる集団は、利益集団ないしは結社(association)と呼ばれた。結社は人類史上新石器時代、あるいは原始農耕の出現と相前後してあらわれたものといわれており、一般の予想よりかなり古い歴史をもっている。(「刊行にあたって」綾部恒雄)


【『結社のイギリス史 クラブから帝国まで』綾部恒雄〈あやべ・つねお〉監修、川北稔編(山川出版社、2005年)】

結社のイギリス史―クラブから帝国まで (結社の世界史)