古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-10-01

アミール・D・アクゼル


 1冊読了。


 119冊目『相対論がもたらした時空の奇妙な幾何学 アインシュタインと膨張する宇宙』アミール・D・アクゼル/林一訳(早川書房、2002年/ハヤカワ文庫、2007年)/「たとえ生みの親に見捨てられても、宇宙定数は決して息絶えることはなかった」。いやはや驚かされた。文章は硬いがスラスラ読める。

貴族政=ミシュランガイド、民主政=ザガットサーベイ

 フランスで最も有名なレストランの案内書といえば、『ミシュランガイド』である。いろいろと問題も指摘されているが、依然として非常に権威ある案内書であることには変わりない。一方、アメリカで同じ地位にあるのは、これまた有名な『ザガットサーベイ』である。どちらも、レストランの紹介と格づけを幅広く行っている点では、似たような案内書であるように見える。ただし、両者は、似ているようで、その本質は全く違うのである。

 フランスの『ミシュラン』の場合、レストランの格づけは、選び抜かれた専門家によってなされている。料理に詳しく味覚を鍛えた調査員が客を装ってレストランを回りながら、専門知識に基づいて評価を下すのである。一方、アメリカの『ザガット』では、一般読者の人気投票によってレストランの格づけが決められる。しかも、その投票権は、万人に対して同様に開かれている。誰の一票でも、一票は一票なのである。アメリカ型の民主主義は、エリートと庶民の質の差を認めない。むしろ、その差を消去することが民主的だと考えられている。だからこそ、頭数だけが問題にされるのである。おそらく、ミルラッセルからすれば、『ザガット』的な決定法ほど、衆愚的なものはないということになろう。


【『民主主義という錯覚 日本人の誤解を正そう』薬師院仁志〈やくしいん・ひとし〉(PHP研究所、2008年)】

民主主義という錯覚

ユッスー・ンドゥールが生まれた日


  今日はユッスー・ンドゥールが生まれた日(1959年)。セネガルポピュラー音楽の大御所にして、ワールドミュージックの雄。セネガルの伝統的音楽家家系グリオ(語り部)の血を引く彼は、ンバラという音楽ジャンルを確立した。2003年、反戦の意を込め、全米ツアーをキャンセル。反骨の人。

ジョコ


復刊『生の全体性』J・クリシュナムルティ、デヴィッド・ボーム、デヴィッド・シャインバーグ(平河出版社、1986年)


生の全体性


 生の核心に迫る! インドの哲人クリシュナムルティ、物理学者ボーム、精神分析医シャインバークによる「生の全体」を見通す試み。