古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-10-17

勝海舟


 1冊挫折。


 挫折77『新編 氷川清話 勝海舟の政治観と幕末維新の裏面史勝海舟/高野澄〈たかの・きよし〉編著(PHP新書、2009年)/底本が吉本襄編だったのでやめた。「まえがき」の2ページしか読まず。

権限逸脱は明白、問われる東京地裁の見識


 分かり易く言うと、「スピード違反」で告発され、審査されたのに、2回目は交通事故を起こしたと言って起訴相当されたということだ。(徳山勝

乳幼児は何でも信じる


 乳幼児には理屈や理論でものごとを考える力がないうえに、判断の参照となる人生体験が少ないので暗示を受けやすい。だから教えられたことはなんでも受け入れ、信じる。子供が5〜6歳になると、理屈づけの能力、つまり判断力が発達してくる。本人の体験と感情とを基準にして、なにを信じるべきか選択するようになる。この判断のフィルターを通過しない情報は潜在意識までとどかない。


【『クラズナー博士のあなたにもできるヒプノセラピー 人生を成功に導くための「暗示」の作り方』A・M・クラズナー/小林加奈子訳(VOICE、1995年)】

クラズナー博士のあなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法

ビッグ・ブラザーがあなたを見ている


 階段の踊り場では、エレベーターの向かいの壁から巨大な顔のポスターが見つめている。こちらがどう動いてもずっと目が追いかけてくるように描かれた絵の一つだった。絵の下には“ビッグ・ブラザーがあなたを見ている”というキャプションがついていた。


【『一九八四年』ジョージ・オーウェル/高橋和久訳(ハヤカワ文庫、2009年)】

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

殿山泰司が生まれた日


 今日は殿山泰司が生まれた日(1915年)。終戦後の日本映画界において独特の風貌で名脇役として活躍した。ジャズとミステリーをこよなく愛し、趣味を綴った著書も多数残している。また、破天荒なその人生は映画化もされている。


JAMJAM日記 (ちくま文庫) 三文役者の無責任放言録 (ちくま文庫) 三文役者のニッポンひとり旅 (ちくま文庫) 三文役者の死―正伝殿山泰司 (岩波現代文庫)