古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2010-11-19

A Normal Day


 どこをどう見てもアブノーマルだ(笑)。




『自己組織化と進化の論理 宇宙を貫く複雑系の法則』 スチュアート・カウフマン/米沢富美子訳(ちくま学芸文庫、2008年)


自己組織化と進化の論理―宇宙を貫く複雑系の法則 (ちくま学芸文庫)


 キリンの首はなぜ長いのか――「突然変異」と「自然淘汰」により進化したからだ、というダーウィンの進化論はあまりにも有名だ。しかし、自然淘汰だけで生物界の詳細な構造は説明できないことを著者は指摘する。そして、生物における秩序の多くは自然淘汰の結果などではなく、自己組織化された自発的秩序だと述べている。分子から細胞が組織され、細胞は恒常性を保ち生物を形作り、そして生物が集まり組織化されることで生態系が生まれている。確かに著者が指摘するように、すべての生物が偶然の産物と考えるよりは、調節的なネットワークによる自己組織化がもたらす秩序であると考える方が説得力がある。


 著者は、この自己組織化の基本原理により、進化のビックバンや生命の必然性も説明している。さらには生物の進化や生命体の営みのみならず、さまざまな技術が競い合うことで技術が進化すること、また社会のルールとしての民主主義体制の合理的説明さえも自己組織化の理論で裏づけることができると述べている。これらの仕組みは複雑系の法則として発見されつつあるのだという。

『生物進化を考える』木村資生(岩波新書、1988年)


生物進化を考える (岩波新書)


 ダーウィンによって確立された進化論はどのように発展していったのか。分子生物学は進化論をいかに豊かにしたのか。進化の道筋は現在どのように考えられているのか。革命的な「分子進化の中立説」を提唱して世界の学界に大論争を巻き起した著者が、『種の起原』から中立説までの進化の考え方をやさしく説き、人類の未来にも想いを馳せる。

いまだ差異化をほどこされていない欲望


 いまだ差異化をほどこされていない欲望こそが行為の作因者(agent)をなしているのであって、そこに権力が欲望の諸効果を生み出すために滑りこむのだ。「権力は……欲望のレヴェルにおいて──くわえては知のレヴェルにおいても、もろもろの積極的な効果を生み出すのです」。


【『サバルタンは語ることができるか』ガヤトリ・C・スピヴァク/上村忠男訳(みすず書房、1998年)】

サバルタンは語ることができるか (みすずライブラリー)

ブラックホールがエネルギー供給源の可能性


 しかし最近のブラックホール研究は、ブラックホールの意外な面を暴き出してきた。ブラックホールこそは莫大な電磁波その他の形のエネルギー供給源であり、宇宙が現在の姿になるために多大な貢献をしてきたらしいのである。本書で伝えたいメッセージはこれである。ブラックホールは、周りから奪いとるだけでなく、周りに与えることもできる。だからこそ、「ブラックホールを見る」ことも可能になるのである。ぜひとも、ブラックホールに関する認識を改めていただきたいと願うばかりである。

 そもそも、何がブラックホールをそのようなユニークな存在たらしめているのだろうか。それは、ブラックホールの持つ深い重力ポテンシャルにある。試しにいろいろな天体表面における重力ポテンシャルの値を比較してみよう。重力ポテンシャルの深さは、天体近傍に自由落下する物質が、どの程度の速さで落ちていくかで表される。地球の場合で秒速11キロメートル、太陽で秒速600キロメートル、銀河の中心領域で秒速数千キロメートル、そしてブラックホールで光速、つまり秒速30万キロメートルとなる。このポテンシャルの深さが、ものを引きこむ力であるとともに、エネルギーを生みだす力にもなっている。


【『ブラックホールを見る!』嶺重慎〈みねしげ・しん〉(岩波科学ライブラリー、2008年)】

ブラックホールを見る! (岩波科学ライブラリー)

リンカーンがゲティスバーグ演説を行った日


 今日はリンカーンゲティスバーグ演説を行った日(1863年)。国立戦没者墓地の奉献式において。3分間のスピーチであった。「人民の、人民による、人民のための政治」という一節が有名。だがこれ、リンカーンのオリジナルには非ず。Citizenという言葉を避けてPeopleを使用した。


リンカーン ゲティスバーグ演説 (詩人が贈る絵本II) CD3枚付 英語で聴く 世界を変えた感動の名スピーチ (EZBooksシリーズ)

鉄仮面が死んだ日


 今日はバスティーユ牢獄に収監されていた「ベールで顔を覆った囚人」(鉄仮面)が死亡した日(1703年)。囚人が被っていた布製の仮面はいつの間にか鉄仮面になり、そのグロテスクなイメージから、様々な文学作品、映画に取り上げられている。


仮面の男 (角川文庫クラシックス) 鉄仮面〈上〉 (講談社文芸文庫) 鉄仮面 下  講談社文芸文庫 ホC 2