古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2011-01-26

吠えない犬


 この犬は滅多に吠えない。たまに吠えると、まるで犬みたいなことをしてしまったと言わんばかりに恥ずかしげな照れ笑いを浮かべるほどだ。


【『増大派に告ぐ』小田雅久仁〈おだ・まさくに〉(2009年)】

増大派に告ぐ

パニック・ボディ

 身体が過剰に観念に憑かれてしまい、観念でがちがちに硬直している、つまり身体に本質的なある〈ゆるみ〉を失っている、だからとても脆くなってすぐにポキッと折れそうなのだ……と。

 こういう状態にある現在の身体を、わたしは《パニック・ボディ》と名づけてみたい。そう、身体はいまいろんなところで悲鳴をあげているのだ。


【『悲鳴をあげる身体』鷲田清一〈わしだ・きよかず〉(PHP新書、1998年)】

悲鳴をあげる身体 (PHP新書)

『続・石原吉郎詩集』石原吉郎(思潮社、1994年)


続・石原吉郎詩集 (現代詩文庫)


「世界がほろびる日に/かぜをひくな/ビールスに気をつけろ/ベランダに/ふとんを干しておけ/ガスの元栓を忘れるな……」。生活とは残酷なもの。何でもない日常は、この人物からその額の微しとなった異常さを剥奪しようとする……。

鹿野武一が生まれた日


 今日は鹿野武一〈かの・ぶいち〉が生まれた日(1918年)。私が最も敬愛する日本人の一人である。

石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)