古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2011-03-13

M8.8から9.0に変更 東日本大震災、気象庁


 気象庁は13日、東日本大震災の地震の規模を示すマグニチュード(M)を8.8から9.0に変更したことを明らかにした。

 マグニチュードが0.2大きくなると地震のエネルギーは2倍になる。今回の地震のエネルギーは、関東大震災の約45倍、阪神大震災の約1450倍になる。

 マグニチュード9.0は、1900年以降に起きた地震では、1960年のチリ地震(M9.5)、64年のアラスカ地震(M9.2)、2004年のスマトラ沖地震(M9.1)に次ぎ、1952年のカムチャツカ地震(M9.0)と並ぶ。

 気象庁は、今回の地震の規模が大きいことから、通常使っている気象庁マグニチュードではなく、米地質調査所など世界で使われているモーメントマグニチュードで計算している。阪神大震災は気象庁マグニチュードが7.3、モーメントマグニチュードは6.9になる。


asahi.com 2011-03-13

『防災の決め手「災害エスノグラフィー」 阪神・淡路大震災秘められた証言』林春男、田中聡、重川希志依、NHK「阪神淡路大震災秘められた決断」制作班(NHK出版、2009年)


防災の決め手「災害エスノグラフィー」―阪神・淡路大震災秘められた証言


 神阪・淡路大震災の後、防災の専門家たちが災害救援を行った神戸市職員から、30年間非公開を条件に、当時の活動や想いについて聞き取り調査を実施した。想像を絶するギリギリの決断と対応を迫られた人々の証言から、今後の災害への知恵と教訓を導き出す「災害エスノグラフィー」という最新の手法を紹介する。

『21世紀サバイバル・バイブル』柘植久慶(集英社文庫、2004年)


21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)


 この一冊があなたの生命と財産を守る! 台風、地震、噴火などの天災。熊、猿などの動物被害。全てを焼き尽くす火災。マラリア、エボラ出血熱などの伝染病と風土病。航空機事故、鉄道事故、海難事故。強盗、通り魔、ストーカーなどの犯罪。カード詐欺、ネット詐欺。さらには各種テロ、核・化学兵器攻撃──あらゆる危機への対処法を伝授する究極のマニュアルが、待望のハンディーサイズで登場。

『民間防衛 あらゆる危険から身をまもる』スイス政府編/原書房編集部訳(原書房、2003年)


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる


 続発する紛争やテロ…もはや日本も無関係ではいられない! 今日のこの世界は、何人の安全も保障していない。我々はどのようにして自分の身を守ればよいのか……スイス政府による国民ひとりひとりのためのプログラム。

災害免責は適用せず=住友生命


 住友生命保険は12日、東日本巨大地震と長野県北部の地震の被災者に対し、死亡保険金や入院・通院給付金を全額支払う特別措置を実施すると発表した。保険契約には、大規模地震などの場合に保険金支払いなどを免除または削減できる「免責条項」があるが、今回は適用しない。大手生保各社も同様の措置を検討する見通しだ。


時事ドットコム 2011-03-12