古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2011-03-20

不動産投資に失敗した大前研一


 大前研一の評価が上がっている。そこで別の顔も紹介しておこう。

 ゴールドコーストでの不動産投資のぼろ儲けに眼をつけて、この頃、遅ればせながら、と参入してきた人がいる。「国際経営コンサルタント」の大前研一だった。大前は著名な「国際経営コンサルタント」だったかもしれないが、いかんせん参入の時期が悪かった。バブル崩壊以前の「土地神話」さえ信じなければ、不動産投資の原則は三つしかない。一が、タイミングである、二が同じくタイミング、三は、一、二、のルールに従え、となる。つまり不動産投資とは、「時機を読む」、これに尽きる。

 ところが大前はバブルの最盛期に計画を立て、完成したのがバブル破裂以後だった。予定価格で買う奴など、居やしない。多額な負債を大前はゴールドコーストの土地開発で抱えたそうである(ジ・オーストラリアン紙、シドニー・モーニング・ヘラルド紙による)。この他、大前はアサヒ・ビールにつかませたフォスター社の株をはじめとして、いろいろな粗相をオーストラリアで行っているが、それはここでは触れない。


【『無境界の人』森巣博〈もりす・ひろし〉(小学館、1998年/集英社文庫、2002年)】

無境界の人 (集英社文庫)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20110320/p3
リンク元