古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2011-08-31

伊藤園 韃靼そば茶


伊藤園 韃靼そば茶 500ml×24本 (お徳用ボックス) 韃靼そば茶 2L×6本


 韃靼(だったん)そばと普通そばを、それぞれ焼き方の違う直火焙煎をしてブレンド。香ばしさとコクのある味わいを高めました(天然ルチン50mg含有)。【※そばアレルギー体質の方は、お飲みにならないでください】

2011年08月30日のツイート

2011-08-30

2011年08月29日のツイート

2011-08-29

2011年08月28日のツイート

2011-08-28

有機コーディアル ジンジャー、他&炭酸水、水


有機コーディアル ジンジャー 500ml 有機コーディアル エルダーフラワー 500ml 有機コーディアル ブラックカラント 500ml コーディアル ラズベリー&ローズ 500ml 有機コーディアル ペア&アップル 500ml


サンベネデット ナチュラルスパークリングミネラルウォーター 500ml×24本 [正規輸入品] サッポロ おいしい炭酸水 500ml×24本 クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品] コントレックス 1.5L×12本 [並行輸入品]


英国の伝統的なナチュラル飲料です

 コーディアルはビーバー渓谷の湧き水ときび砂糖を使い、甘味料・香料・着色料・保存料を一切使用していない、希釈タイプのソフトドリンクです。ハーブやフルーツのエキスを抽出したコーディアルは、7〜10倍の水や炭酸水で割るのはもちろん、お湯で割ってホットでも楽しめます。また、紅茶のシロップとしてや、ジンやワインなどのお酒と合わせてカクテルに。アイスクリームやヨーグルトなどのデザートにかけても美味しくいただけます。フルートグラスに少量のコーディアルを入れ、シャンパンなどのスパークリングワインを入れれば、お洒落なカクテルに。

2011年08月27日のツイート

2011-08-27

超人気店ラーメンお試しセット(2食×5種類)


超人気店ラーメンお試しセット01(2食X5種類)


 超〜人気店ラーメン5種類10食セット! 熊本大黒ラーメン:22年をかけた絶妙な味わい。/和歌山ラーメン井出商店:じっくり時間をかけて炊くスープ。/佐野ラーメン万里:麺のコシに技あり。/札幌味噌ラーメン桑名:ラーメンの命はスープ。/横浜ラーメン吉村家:並ぶお客は1日平均1500人。もう並ばなく大丈夫! ビンゴゲームの景品、忘年会・新年会の景品、ゴルフコンベなどのイベント景品、パチンコ屋さんの景品としても多数ご注文頂いています。

2011-08-26

おいしい酢6本&レシピ本セット


おいしい酢6本・レシピ本セット


 みかん果汁を酢酸発酵させて作った果実酢を加えて作った「おいしい酢」。水で薄めてジュース感覚でお召上がりいただけます。また、料理に使うと色々な料理が簡単・便利に作れて大変重宝します。そのため、おいしい酢専用のレシピ「おいしい酢で作るおいしいレシピ」(1260円)を付けてお買い得セットを作成しました(こちらのセットは2011年8月31日までの特別セットとなります)。

2011年08月25日のツイート

2011-08-25

2011年08月24日のツイート

2011-08-24

『インディアス史(全7冊)』ラス・カサス/石原保徳編、長南実訳(岩波文庫、2009年)


インディアス史〈1〉 (岩波文庫) インディアス史〈2〉 (岩波文庫) インディアス史〈3〉 (岩波文庫)


インディアス史〈4〉 (岩波文庫) インディアス史〈5〉 (岩波文庫) インディアス史〈6〉 (岩波文庫) インディアス史〈7〉 (岩波文庫)


 16世紀中葉、スペイン人キリスト教徒が書き遺した類まれな世界史記述。コロンブスが記した「航海日誌」を読み解きながら、「発見」された民の人間的資質を浮彫りにし、同時に、彼らを裏切りその地を壊滅させてゆく「毒草の種」を導入した彼の責任を追及する。


 第二次航海でエスパニョーラ島に到着したコロンブスが、自然の道理と人間の法に背いてはじめた事業の本質が問われる。キリスト教徒にインディオを分配するというインディアス全体を荒廃させる制度の創案者となるコロンブス兄弟の「無知盲目」の芽を筆者は見逃さない。


 コロンブスの帰国中、エスパニョーラ島では島民収奪が本格化するが、スペイン人同士の内紛も激化する。彼は第三次航海ではじめて大陸(ベネズエラ北岸)に接触、島に帰着後は島内の混乱を収束しようとするが果たせず、新任の査察官によって本国に送還される。


 1501年に始まる10年間を扱うこの第2巻は全3巻中特別の位置を占める。1502年に着任した新総督は、征服戦争を拡大し、島民の分配をエスパニョーラ島全域に拡げてゆく。彼らが被った悲惨さが、現場に立ちあった人間ならではの筆致で明るみに出される。


 エスパニョーラ島の破壊が進行する中で感覚麻痺に陥った植民者を糾弾してゆく修道士たちの動きを追い、本国ですすめられた法整備とその問題点を追究する筆者は、他方で従軍司祭としてキューバ島征服の露払いとなったかつての自分の役割を総点検してゆく。


 分配された土地と住民を返上し、インディオ救済を目ざして本国に赴いた司祭ラス・カサスが対峙する最強の相手は国王の顧問会議であった。その彼らが征服戦争を正当化すべく作成したインディオ向けの勧降文を筆者が歴史家として全面的に批判するくだりは圧巻である。


 エスパニョーラ島でおこった生き残りの島民たちによる「正義のたたかい」で幕を開け、つづいて、平和的な布教を可能にする空間をベネスエラ北岸に確保しようとして身を挺する司祭ラス・カサスのねばり強い運動と、それが挫折してゆくプロセスが再現される。

2011年08月23日のツイート

2011-08-23

2011年08月22日のツイート

2011-08-22

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E


 バックアップはこれで十分か。2240円。


Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E


  • SDスピードクラスClass10に対応した高速タイプの16GB(ギガバイト)SDHCメモリーカード
  • コンパクトデジタルカメラ/一眼レフデジタルカメラ/デジタルビデオカメラ等の様々なSDHCメモリーカード対応機器(SDHCロゴ表示がある機器)でご使用いただけます。
  • ハイビジョン撮影や高画質撮影には、容量の大きい高速タイプのSDHCメモリカードが最適です。

2011年08月21日のツイート

2011-08-21

2011-08-20

2011-08-19

2011年08月18日のツイート

2011-08-18

2011年08月17日のツイート

2011-08-17

断熱タンブラー

 冷凍室で冷やしておいてビールを飲むといいらしい。

2011-08-16

2011-08-15

JFK暗殺直後の大統領夫人の録音テープ、9月に発表へ


 ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy、JFK)米大統領の暗殺直後に行われたインタビューのジャクリーン・ケネディ(Jacqueline Kennedy)夫人の録音テープが9月に公開される。陰謀論者も歴史家も、それにケネディ家の熱狂的なファンたちも公開を待ちきれない様子だ。

 ジャクリーン夫人は1964年、ケネディ大統領の暗殺直後に歴史家のアーサー・シュレジンガー・Jr.(Arthur Schlesinger, Jr)に対し、非公開を条件に8時間に及ぶインタビューを録音していた。この録音テープの内容が9月に書籍やCD、それに米ABCテレビの特別番組として公開される。ケネディ家がJFKの大統領就任50周年を記念して公開を許可した。

 テープの内容を知っている人びとは、これまで固く口を閉ざしており、はっきりとした内容が明らかになっていないが、英国の新聞は衝撃的な内容が明らかになると報じている。

 英大衆紙デーリー・メール(Daily Mail)は、情報源を明らかにしていないが、テープの内容は最も過激な歴史家さえも満足させるものになるだろうと述べる。


ケネディ暗殺の背後に副大統領?


 ケネディ大統領は1963年11月22日、テキサス(Texas)州ダラス(Dallas)で暗殺された。同紙によると、ジャクリーン夫人は「ジョンソン副大統領とテキサスの実業家たちが暗殺に関与したと確信」していたという。

「(ジャクリーン夫人は)当時の副大統領が南部の実業家たちとダラスの事件を画策したと確信するに至った。単独で暗殺を実行したとされるリー・ハーベイ・オズワルド(Lee Harvey Oswald)は、より大きな陰謀のほんの一部にすぎなかったのだ」(デーリー・メール紙)

 ABCテレビはこの記事に対し、「タブロイド紙が報じたテープの中身についての記事は完全な誤りである。ABCは9月半ばまでテープの内容について一切を明らかにしないが、内容が公開されればこれらの記事が根拠のないものであったことが明らかになるだろう」と報道を否定した。

 だが華やかで陰謀うずまくケネディ一族のファンたちにとって、まるで金鉱を掘り当てたようなこのテープについて、臆測が止むことはないだろう。

 録音テープを出版する米ハイペリオンブックス(Hyperion Books)は、内容について、「ジョン・F・ケネディ氏の妻としての経験や感想についての、驚くほどに詳細でありのままの説明」であると約束。「激動の時代の説得力のある比類ない記録で、JFK政権を形成した多くの重要な人物や出来事についての新たな知見を提供するとともに、いくつもの重大な決断をした男の横顔に新たな光を投げかけている」と同社は述べた。


AFP 2011-08-14

2011年08月14日のツイート

2011-08-14

2011-08-13

ベトナム枯れ葉剤やっと汚染除去開始 散布から50年


 米軍がベトナム戦争(1960〜75年)で使った枯れ葉剤の汚染除去作業が今年始まった。散布開始から50年。ベトナム政府によると、対象地域は米軍基地があった同国中部のダナン空港周辺の約29ヘクタール。費用の約3200万ドル(約24億円)を米国が援助し、2013年までの除去を目指す。全国に28カ所あるとされる高濃度汚染地域の除去には20年かかるともいわれる。

 米軍は61年に枯れ葉剤を使い始めた。密林や耕作地に散布し、南ベトナム解放民族戦線の拠点をつぶす作戦だった。71年までに約7200万リットルを散布。がんや障害児の出産などの被害は2世代、3世代にわたる。支援団体によると今も約300万人のベトナム人に何らかの症状があるという。

 米政府は91年から米兵の枯れ葉剤被害者に補償を始めたが、95年にベトナムと国交正常化した後もベトナム人の被害者を放置し続けている。枯れ葉剤をつくった製薬会社も、米国の被害者だけに和解金を払った。

 一方、中国への対抗上、米越は合同軍事訓練などで関係強化を図っており、米政府は07年に枯れ葉剤の汚染除去研究費として約40万ドルを提供。昨年10月、クリントン米国務長官も「我々が共有する痛ましい過去の遺産」と、除去への協力を約束した。

 ベトナム政府によるとダナン空港周辺での除去計画は米越合同事業。米国が費用を出し、作業はベトナム国防省が担う。今年6月に前段階の不発弾処理が始まり、土壌を掘り返し、熱でダイオキシンを分解する実際の除去は来年からだ。


asahi.com 2011-08-13


母は枯葉剤を浴びた―ダイオキシンの傷あと (岩波現代文庫) 花はどこへいった ベトナム戦争のことを知っていますか[DVD] 花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死

NASA:隕石にDNA分子 生命の起源、地球外の証拠


 南極などで見つかった隕石(いんせき)から、生物のDNA(デオキシリボ核酸)を構成する分子を発見したと、米航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙センターなどの研究チームが、11日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

 地球上の生命は、宇宙から飛来した物質が元になって誕生したとする説を後押しする結果だ。

 DNAは生命の設計図ともいわれ、アデニン、グアニン、シトシン、チミンの4種類の分子が並んでいる。チームは12個の隕石を分析。アデニンやグアニンのほか、これらと構造のよく似た炭素や窒素から構成される分子を複数発見した。

 隕石からDNAを構成する分子が見つかったことは過去にもあったが、宇宙で形成されたものかははっきりしなかった。今回発見された分子は、南極の土壌や氷には含まれていないものもあり、割合も高いことから、隕石が地球に落ちた後に地球上の生物などから混入したとは考えにくいという。

 研究グループは、今回見つかった分子は、小惑星で化学反応によってできた可能性があると指摘している。(ワシントン共同)


毎日jp 2011-08-13

2011-08-12

2011-08-11

カミュはKGBに暗殺された、イタリア人学者が論文


 1960年に自動車事故により46歳の若さで亡くなったフランスの小説家、アルベール・カミュ(Albert Camus)は、旧ソ連の秘密警察に暗殺されたのかもしれないとする論文が8日、イタリアの日刊紙コリエレ・デラ・セラ(Corriere della Sera)に掲載された。

 論文は東欧を専門とするイタリアの学者、ジョバンニ・カテッリ(Giovanni Catelli)氏が執筆したもの。根拠とするのは、チェコの詩人Jan Zabranaが生前に書き残し、書籍化された日記だ。問題とされるのは、イタリア語版では削除された箇所。原文は次のように書かれているという。

「わたしは、多くを知り、確かな情報源も持っている男から、非常に奇妙な話を聞いた」「彼はこう言った。1960年にアルベール・カミュの命を奪った自動車事故は、ソ連のスパイが仕組んだものだと。特定の速度になるとタイヤをパンクさせる装置を仕掛けて、タイヤを破裂させたそうだ」

 カテッリ氏は、「男」とは当時のソ連国家保安委員会(KGB)の関係者であったと見ている。

 では、なぜカミュの命が狙われたのか。カテッリ氏は、カミュが1957年にフランスの雑誌に発表した記事が当時のドミトリー・シェピーロフ(Dmitri Shepilov)ソ連外相を激怒させ、外相本人から殺害指示が出されたと考えている。記事の中でカミュは、前年のハンガリー動乱でソ連軍を武力介入させる決定を下したとして、同外相を名指しで非難していた。


懐疑論続々


 映画「007」を彷彿とさせるこのシナリオには、多くの専門家が首をひねっている。フランスの哲学者でカミュの伝記を執筆中のミシェル・オンフレ(Michel Onfray)氏は、AFPに、「そうは思えないね。KGBがカミュを消すとしたら、別のやり方をとるんじゃないかな」と語った。

 同氏は、カミュは死亡時、クリスマス休暇を家族とパリ(Paris)で過ごすため、自宅のあるプロバンス(Provence)とパリ間の往復券を所持していたことも指摘した。

 カミュは直前になって、出版社ガリマール(Gallimard)のミシェル・ガリマール(Michel Gallimard)夫人が運転する車で向かうことに同意したという。

 車は凍結した道路を通行中に木に激突し、カミュは帰らぬ人となった。オンフレイ氏は、夫人の車ファセルベガ(Facel Vega)はタイヤが路面を捉える力が特に優れていたわけではなかったと付け加えた。

 チェコの首都プラハ(Prague)にある政府の組織「Institute for the Study of Totalitarian Regimes(全体主義政権研究所)」のVojtech Ripka氏も、カテッリ氏の説には懐疑的だ。「いずれにせよ、(カテッリ氏の説を)実証するのは不可能でしょうね。ロシアは旧ソ連の秘密警察に関する情報を極秘扱いにしていますから」


AFP 2011-08-10

2011-08-10

NATO軍が誤爆か、リビア政府「子どもら85人死亡」


 リビア政府当局者は9日、北大西洋条約機構(NATO)軍が8日夜に首都トリポリから東に約150キロの農場で行った空爆により、市民85人が死亡したと発表した。NATO軍は軍事施設を攻撃したとしている。

 カダフィ政権のスポースクマンは、爆撃を受けたとする現場に外国メディアを案内し、子ども33人、女性32人、男性20人の計85人の市民が殺害されたと語った。記者らは村に近い地中海沿いの町ズリタンの病院で約30遺体を確認した。

 同国の国営テレビは、爆撃を受けて黒焦げになった子ども3人の遺体や、病院で治療を受ける子どもや女性を放映した。

 国営テレビによると、リビア政府は犠牲者を哀悼するため3日間喪に服すと発表した。


ロイター 2011-8-10

2011-08-09

東電、東北電に追加融通 気温上昇で需給逼迫


 散々電力不足を煽っておきながら、結局余っていたってわけだ。


 東北電力は8日、気温の上昇に伴って電力が不足する恐れが生じたため、東京電力に80万キロワットの電力融通を要請した。予定していた30万キロワットと合わせて、合計110万キロワットの供給を受ける。東北電が東電から受けられる最大融通量である140万キロワットの上限に迫っており、東北電は一層の節電を呼び掛けている。

 東北電は先週末時点で、8日は30万キロワットの融通を受ける計画だった。ところが8日は気温が上昇して需給が逼迫し、50万キロワットの追加融通を要請。電力消費量がもう一段増える可能性が出てきたため、さらに30万キロワットの融通を要請した。東北電の同日の供給力は1276万キロワットとなる。

 東北電は8日の電力需要を1180万キロワットと想定していたが、気温の上昇を受け、需要想定を1230万キロワットに引き上げた。


日本経済新聞 2011-08-08

【ベルギー産】ユーロホップ 330ml×1ケ-ス(24本)発泡性アルコール飲料


 かなり美味いらしい。1本100円。


ユーロホップ 330ml×1ケ−ス(24本) 【新ジャンル】【発泡性アルコール飲料】【ベルギー産】


 ユーロホップはビール本場のベルギー産です。 250年もの歴史をもち、ヨーロッパでも最先端の設備を誇るブルーワリーで、丁寧に造られています。 発泡酒に麦由来のスピリッツを加えたお酒のことで「新ジャンル」とも呼ばれます。 「新ジャンル」にはエンドウ豆などの麦芽以外を原料としたものもありますが、EUROHOPは麦芽を原料とした発泡酒を使っており、ビールのようなコクと飲みごたえを実現しました。 麦芽を使った発泡酒をベースに、大麦主体のスピリッツをブレンド。 麦の味わいをお楽しみいただけます。

2011-08-08

2011-08-07

2011-08-06

2011-08-05

ソマリア:食糧危機深刻化 90日で乳幼児約3万人が餓死


 干ばつや内戦の影響による食糧危機で飢餓が深刻化する東アフリカのソマリアについて、米政府は3日、過去90日間に5歳未満の乳幼児2万9000人以上が餓死したとの推計を発表した。今回の飢餓に関する死者数の推計は初めて。

 AP通信によると、推計は米疾病管理予防センターの調査に基づくもので、米国際開発庁が米議会で報告した。

 一方、国連は3日、ソマリア南部の二つの地方と首都モガディシオの3エリアを新たに「飢餓地域」と認定した。国連が同国で深刻な飢餓状態にあると認定したエリアは、これで計5地域となった。

 国連はアフリカ大陸北東部が過去60年間で最悪レベルの干ばつに見舞われているとし、ソマリア国内では320万人に緊急支援が必要と指摘。64万人の子供が深刻な栄養失調状態にあるとみている。

 また、赤十字国際委員会(本部ジュネーブ)は4日、110万人を救援するため、6700万スイスフラン(約69億円)の食糧支援の追加を国際社会に要請した。

 飢餓の発生しているソマリア中部と南部はイスラム過激派組織アルシャバブが実効支配し、世界食糧計画など国連機関の活動は難航している。だが赤十字はソマリアでの活動経験が長く、支援可能な状態が続いているという。

 国連などは、飢餓が来月にかけてソマリア南部全域に拡大し、年末まで続く恐れがあると指摘。国際的な支援の拡充を呼び掛けている。


毎日jp 2011-08-05

アパルトヘイトの負の遺産、私刑「ネックレス」が復活 南アフリカ


 南アフリカ・ポートエリザベス(Port Elizabeth)のニュー・ブライトン(New Brighton)タウンシップで、ここでは日常茶飯事と言ってもいい事件が起きた。2人組の男が年配女性の家に押し入り、テレビを奪った上、女性を守ろうとした間借り人を刺し殺したのだ。

 翌朝、近所の人々は2人組の居場所を突き止めた。2人を引きずり出してそれぞれの首にタイヤをかけ、タイヤにガソリンを注いで火を付けた。

「2人は随分前からこの一帯で悪事を働いてきた。われわれは彼らにおびえていたんだ」と、一部始終を目撃したある住民は説明した。「すべてが映画のワンシーンのようにあっという間に行われた。2人が炎に包まれる間、みんなはありとあらゆる罵声を浴びせていたよ」

「ネックレス」と呼ばれるこの私刑は、アパルトヘイト(人種隔離政策)の負の遺産の中でも最も身の毛のよだつものだ。少数白人政権との戦闘が激化した1980年代、タウンシップ(非白人居住区)では裏切り者に対してこの私刑が行われた。常習犯が「人民裁判」にかけられ、ネックレスの刑を執行されることもあった。

 その「ネックレス」が、ここポートエリザベスでも、自警のための新たな手段として復活しつつある。タウンシップではもともと、警察力が遠く及ばないことへの強いいらだちがある。地元警察の広報、ドゥミレ・グワブ(Dumile Gwavu)氏は「わずか2週間で未遂も含めて約6件のネックレス事件がありました」と話した。

 警察の統計によれば、南ア全体で見ても、1日平均46件の殺人件数のうち5%が自警目的のものだ。


背景に暴力の歴史と警察不信


 先のニュー・ブライトンにおけるネックレス事件では、2人が本当に有罪なのか、刑の執行が正しかったのかに関し、疑問を差し挟む者は無きに等しかった。刑を目撃していた男性はAFP記者に、「2人組の片方は刺し殺された間借り人の服を着ていた」と話した。

「彼らの悪事を警察に通報したが、次の日にはまた悪事を働いたんだ。われわれは、どうにもならない未解決事件に嫌気がさしたんだよ。こうした状況が続けば、また(ネックレスを)やるよ。問題を永遠に取り除けるからね」

 警察広報のグワブ氏は、ネックレス事件では住民同士が結託するため、過去のネックレス事件で逮捕者が出た事例は無いと話す。「われわれはこれまで、住民たちとの会合で、法の裁きを独自に下すことはできないと説明してきたのですが。(被害に遭った)住民たちは怒っていて聞き入れてくれないし、警察そのものを信用していないんです」

 警察統計によると、凶悪事件の約80%は貧しい地域で起こっている。犯罪者が個人的に知っている相手に危害を加える場合が多く、このことが「集団的暴力」の増加に一役買ったと、シンクタンク「Centre for the Study of Violence and Reconciliation(暴力と和解のための研究センター)」のノムフンド・モガピ(Nomfundo Mogapi)氏は言う。

「この国が暴力の歴史を歩んできたこともあり、人々は政治家、役人、警察に自分たちの不満を聞いてもらうには暴力という手段しかないと感じているのです。(ネックレスは)政府庁舎に放火する、警察車両に投石する、道路をバリケードでふさぐなど、アパルトヘイト時代に用いられた暴力と同じパターンに属すると言えます」


AFP 2011-08-05

2011-08-04

米空軍、核ミサイル発射担当将校にキリスト教で聖戦教育


 米空軍が、有事の核ミサイル発射を担う将校向けの訓練の一環として、キリスト教の「聖戦」論を20年以上にわたり講義してきたことがわかった。「憲法の政教分離原則に違反する」との指摘を受け、今年7月末に突然、取りやめていた。

 米国と旧ソ連・ロシアの間では、冷戦末期から核軍縮が進展。核保有の必然性や使用の可能性は薄れてきた。民主的な議論とは無縁の「神話」によって、核の道義的な正当化を試み、延命を図ってきたことに、懸念の声が出ている。

 問題の講義をしていたのは、カリフォルニア州にあるバンデンバーグ空軍基地。ミサイル発射を担当する空軍の将校は全員、この基地で核について訓練を受ける。憂慮した複数の軍人から通報されたNPO「軍における信仰の自由財団」が情報公開制度で資料を入手、問題が明るみに出た。

 取材に答えた空軍教育訓練司令部によると、訓練初期にある倫理の講義を担当する従軍牧師が用いた資料が、「核の倫理」という項目で、旧約・新約聖書の記述を多数引用していた。


asahi.com 2011-08-04

2011-08-03

2011年08月02日のツイート

2011-08-02

2011-08-01