古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2011-03-20

喧嘩のできる中東研究者/『書物の運命』池内恵


 普段は殆ど注目されることのない分野から、いきなり頭角を現して世間の耳目を集める本がある。藤原正彦福岡伸一など。池内恵もその一人に加えられる人物である。


 池内は1973年生まれ。私自身が40代後半になったせいもあるが、やはり若く感じる。時代が激しく揺れる時、次の扉を開くのは若者であろう。古来、老人が革命の担い手であったことはない。その意味からも20代、30代の台頭は喜ばしいことだ。


 なにしろ生家にはテレビがなかった。父が「ドイツ文学者」なるものをやっていて、しかもかなり頑固だったので家にテレビを置かないというのである。1960年代半ば、高度経済成長の真っ只中に人々が求めたのは「3C」すなわち「カー、クーラー、カラーテレビ」だったそうだから、私の場合、家庭内の環境としては「戦後すぐ」に等しかったことになる。


【『書物の運命』池内恵〈いけうち・さとし〉(文藝春秋、2006年)以下同】


 冒頭で驚かされるのがここ。なんと彼は池内紀の子息であった。俄然として読む意欲が数倍となる。


 文体は柔にして剛。行間から人柄が浮かび上がってくるようだ。その池内がアラブ研究者の重鎮に異を唱えた。バーナード・ルイス著『イスラム世界はなぜ没落したか? 西洋近代と中東』(日本評論社、2003年)の書評において。


 ルイス本は各紙がこぞって書評欄で取り上げたようだ。監訳者の臼杵陽〈うすき・あきら〉が巻頭に長文の「解題」を記し、バーナード・ルイスがネオコンの中東政策を支える歴史学者であると糾弾している。


 本書では書評とそこに至る経緯が丁寧に記されている。


 この訳書の体裁では、日本では冒頭に付された「非難声明」を介さずにはこの本を読めないようにし、いわば原著を「人質にとって」理解や議論を方向づけていることになる。この出頭をめぐる倫理や社会の基本的なルールにかかわる疑義についても、私の書評で若干苦言しておいた。(「中東問題」は「日本問題」である──バーナード・ルイスの書評から)『イスラム世界はなぜ没落したか?』


 これは至極もっともな指摘である。著者にそのような体裁の許可をとったかどうかも不明だ。一出版社が勝手にこんな真似をしたとすれば、それこそ国際問題にまで発展しかねない。


 海外の「大物」を持ってきて人目を惹いた挙句、相手が反論してくる可能性がほとんどなさそうな条件で(つまり日本語の解説で日本の論壇向けに)言いたい放題を書き、あわよくば批判した「大物」と同等以上の地位にあるかのように自分を印象付けようというのは、「人の褌で相撲を取る」の典型だ。とても誠実な言論のあり方とは思えない。しかし日本の党派的・島国的な論壇ではそれほど珍しくもなく、「許される」どころか「正当なもの」と勘違いされてしまっている手法なのかもしれない。言論において守るべき基本的ルールさえも顧慮されないことが多い学界・論壇の現状を鑑みれば(地位に付随する権限を誇示・行使した妨害や、けん引主義による公式・非公式の圧力・威圧・人格攻撃といった手段が多用される)、こういった問題を正面から批判することに、正直にいって徒労を感じもする。しかし理不尽な暴力に屈せず踏みとどまり、公に発言を続ける人間がいなければ、状況は悪くなるばかりだ。(同)


 池内は主張ではなく手法を問題視しているのだ。しかもその手口に、日本の中東研究のタコつぼ的情況が象徴的に現れているという指摘だ。


 で、こうした背景にはエドワード・サイードに重きを置く中東研究の偏向があるようだ。


 サイードは、主著『オリエンタリズム』だけでなく、ルイスをあちこちで批判している。

 だが、実のところそれは感情論、言いがかりに近いもので、ほとんど批判になっていないと評せざるをえない(というとサイードを神格化する傾向の強い日本の論断には怒る人もいるだろうが)。


 ルイスやサイードをめぐる日本の議論には、奇妙にアラブ世界やイスラーム世界そのものの姿が希薄である。つまり「アラブ」「イスラーム」「中東」というものも理解のあり方をめぐって、日本人のあいだで対立が生じているように表面的には見えても、少し検討してみるとそれは「中東めぐる問題」などではなく、なによりも「日本をめぐる問題」なのである。


 私は中東に詳しいわけではないため判断のしようがない。だがそれでも多様な考えがあってしかるべきだという池内の主張は理解しやすい。


 たぶん狭い世界であろうから、それ相応の反動やバッシングもあったことだろう。池内は喧嘩のできる男であった。勇気、ではあるまい。ただ、そうせざるを得なかったのだ。なんとなくそう思う。


 書評で取り上げられた作品で食指が動くものは少ない。それでも文章が心地よい風のように通りすぎてゆく。好青年──そんな言葉がこの著者には合う。

書物の運命

2011-02-14

差別を解消されてアフリカの魂を失った黒人の姿/『ダッチマン/奴隷』リロイ・ジョーンズ


 戯曲である。私の苦手な戯曲だ。それでも手をぐいと引っ張られるようにして読み終えた。まくし立てる台詞は長文だが不思議なリズム感を奏でながら畳み込む。フリージャズのソロパートのように。


「ダッチマン」は地下鉄の中で隣り合った男女の会話で構成されている。他の乗客はエキストラだ。礼儀正しい黒人男性に酔った白人女性が絡む。女は色仕掛けを交えながら執拗(しつよう)に下卑た口調で話しかける。あたかも「白人面をするんじゃないよ」と言わんばかりに。


 穏やかに応えていた黒人がぶち切れる。「だったら白人どもが望んでいる黒ん坊の姿を見せてやろうじゃないか」といった呼吸だ。吐き出された独白は黒人の焦慮だった。


 だがな、もうひとつだけきいておくんだ。そして、これからいうことをきさまのおやじに伝えるんだ。だって、きさまのおやじこそ、すぐにもさとらなくちゃならん人間だろうからさ。そうすりゃ、彼にもさきざき計画が立とうというもの。つまり、こういってやるんだ、頭のイカレた黒んぼたちに、そうごってりと合理主義やら冷たい論理を説教するのは止めなさいってな。やつらはほっといてやれってな。きさまたちへの呪いの歌を、やつらどうしの符牒でもって、やつらが勝手にうたっていても、そいつはほっといてやれってな。それからきさまらの不潔は、単にスタイルの欠如だと勝手に思わせておいてやるんだ。ともいってきかせるんだな。そうしてさらに、キリスト教的慈善の無責任きわまる押しつけや、西欧合理主義とやらの優越性とか、白人たちの偉大な知的遺産、そのもののご託宣で、愚劣なヘマをおかすんじゃないぞ、っていってやれ。そうすりゃ、たぶん、やつらだってきさまらのいうことに耳をかすようになるだろうさ。そのときはじめて、おそらくいつの日か、きさまらがしゃべったとおりの内容を、やつらが正確に理解してくれるってことをさとるだろう。あの空想たくましい人種のすべてが。あのブルースを産んだ民族のすべての人間が、だ。そうしてまさにその日、そのとき、くそったれめ、こんりんざいまがいもなく、ついさきごろまで屈従の民だった人間たちを、半分だけ白い模範囚として、きさまらの檻に“うけいれてやる”って思いこめるようになるのさ、きさまらは。そのときもはやブルースは消える、ただし、古きなつかしのブルースとしてのこる。そして黒人の好きな西瓜も姿を消すだろう。かの偉大なる伝教精神は勝利をかくとくするだろう。かつて間抜け黒人だったものが、全部が全部、清潔で、律儀で、無駄のない生活に目をそそぐ、真面目で、敬虔で、正気をそなえた、堂々たる西欧的人間になりかわるだろう。そしてついには、彼らがきさまらを殺すだろう。きさまらを殺しても、そこにはちゃんと合理的説明がととのえてあるだろう。それは、いま、きさまらが、ととのえているのとそっくりおなじような説明となるだろう。彼らはきさまらの喉笛をかき切って、街のはずれまでひきずってゆく。そうすりゃ、死体の肉はきれいさっぱり、きさまらの骨からこそげおちるんだ。(「ダッチマン」)


【『ダッチマン/奴隷』リロイ・ジョーンズ/邦高忠二〈くにたか・ちゅうじ〉訳(晶文社、1969年)以下同】


「半分だけ白い模範囚」とは痛烈だ。いや痛切というべきか。原書が刊行されたのはモンゴメリ・バス・ボイコット事件から10年後のこと。人種差別の意識が制度でなくなるとは思えない。差別意識と被差別感情は緩やかに形を変えていったことだろう。


 ブルースの引きずるリズムは鎖の音だ。鎖は怒りとなって黒人の自我を形成したことだろう。彼らが歌い上げたのは文字通りの憂鬱(ブルーな気分)だった。


 ここにはアメリカ人となることで、アフリカの魂を失うことへの恐れが感じられる。故国へ帰るに帰られなくなった戸惑いが見てとれる。たとえ白人全員を殺したとしても、アメリカはアフリカとはならないのだ。


 結局アメリカがやったことは先住民族の大虐殺と、アフリカ人の大量誘拐だった。自由を建て前にしながら、差別はいまだに根強く残っている。しかもこの国は謝罪することを知らない。第二次大戦における原子爆弾の使用も、彼らの論理では正義となるのだ。


 もう一つの作品である「奴隷」は、ある黒人が白人の家へ押し掛け脅迫するやり取りだ。ここでもまた行き場のない黒人の焦燥感が描かれている。


 そうだ。思想だ。それを確立させねばな! それが形成されるべき場において。すなわち、究極において、その所有者と目(もく)される人間のうちに、それは確立させねばならん。それを所有するものは、おまえたち白人か? それ以外の黒人か? それとも、このおれのものか?(さいごの文句を思いかえしながら、そわそわと舞台を移動する)いや、もはやだめだ。おれのものじゃないんだ。俺はゆっくりと年季をつとめあげてきた……そおして、たぶん、あげくのはてが素寒貧だった。たぶんそんなとこだったのさ。ハッハ。だったら、いったい思想を語りうるものはどこにおるんだ、じっさいだれが語るんだ? ええ、どうなんだ? しかし、それにしても、考えてみるんだ、思想はやはり依然として世界のうちに存在しているではないか。それをものにするには、正しい判断さえあればいいんだ。つまりだ、たとえそれがどうあろうとも、偏屈者やわからず屋とは無縁のものなんだ。だって、それがそれがきれいな光り輝くものだというだけでも、われらが心のまんなかで、もろに響くというだけでも……ああ、どういえばいいんだ! (声を低くして)ほんとに、どういえばいいんだ、ただそうだというだけでも、また、それにもかかわらず、いやほんとうのところ、たとえそうであっても、つまりいわんとすることは、ただそれが“正義”であるというだけでも……いや、どんなにいってみてもすべてが無意味だ。まさに正義そのものが、あらゆる場合に悪臭を放っているではないか。正義そのものが、だ。(「奴隷」)


 形而上と形而下の混乱ぶりが見事に表現されている。「俺たち黒人は一体何者なんだ?」という悲鳴に近い。権利は与えられても、正義は実現されていなかった。黒人が自分たちで正義を実行すれば、それは暴力を伴わずにはいられなかった。


 思想とは言葉である。彼が欲したのは言葉による定義であった。価値観は引っくり返った。その途端、過去は忌むべき姿となった。「俺は奴隷にさせられたのか、それとも奴隷という境遇に甘んじていたのか」と。


 悪行は必ず矛盾を生む。そして暴力を正当化する国は必ず滅ぶ。かつて永遠に栄えた国家はなかった。欧米は今も尚、アフリカから搾取し続けている。

ダッチマン/奴隷

2010-12-09

人間を照らす言葉の数々/『ブレヒトの写針詩』岩淵達治編訳


 ベルトルト・ブレヒトは東独の劇作家である。もちろん共産主義者だ。私が最も忌み嫌うものは「党派制を声高に主張する人物」である。だから○○主義者は全部嫌いだ。ああ嫌いだとも。


 なかんずく政治における主義は厄介だ。右か左かの選択肢を強いられてしまうためだ。上下という視点が存在しないのだから、価値観や思考回路は一次元の線上に収まる。どっちつかずの中途半端な連中が中道を標榜するが、中道内部にあっても右派と左派が存在する。政治主義のグラディエーション。


 世界を単純に解釈してしまうと運動は過激なものとなる。政治であれ宗教であれ。わかりやすい論法が人々を行動に走らせるのだ。社会はいつだって矛盾に満ちている。何らかの思想が大衆の琴線に触れると負のエネルギーが爆発する。


 前置きが長すぎた。ブレヒトは共産主義である前に人間主義だった。またブレヒトの人生を見つめると、現代とブレヒトが生きた時代とでは共産主義の意味合いもかなり異なっていたのだろう。そんな気がしてならない。


 本書はブレヒトの箴言集である。代表作の文言をテーマごとに集めたもの。味わい深い言葉の数々が長い余韻を響かせる。写針詩(フォトグラム)とは寸鉄詩(エピグラム)に引っ掛けてブレヒトが考案したスタイルであるとのこと。


アンドレア●英雄のいない国は不幸だ。


ガリレイ●ちがう、英雄を必要とする国が不幸なのだ。(「ガリレイの生涯」)


【『ブレヒトの写針詩』岩淵達治編訳(みすず書房、2002年)以下同】


曹長●(かすれた声で)俺をぺてんにかけやがったな。


肝っ玉おっ母●あんたは兵隊になったその日からご自分をぺてんにかけなすったんだよ。(「肝っ玉おっ母とその子供たち」)


 君たちに強くお願いしたいのは

 絶えず起こっていることを当然だと思ってしまわないことだ!

 なぜなら今のような血塗れの混乱の時代

 秩序化された無秩序の 計画された放埒の時代に

 人間性が非人間化されたこの時代に

 当然と考えられるものなどあってはならない それが

 不変なものなど認めないことに繋がるのだ(「例外と原則」)


 いやあ痺れますな。そうかと思えばこんなのもある──


「おいで、一緒に釣りにいこう」と釣師がミミズに言った。(「肝っ玉おっ母」ほか数作、ジェローム・K・ジェロームの引用)


 政治家や宗教家が釣師に見えてくる。


 ブレヒトはマルクス主義を演劇に導入し「叙事的演劇」という手法を編み出した。「するってえと、やっぱりマルクス主義は凄そうだな」となりそうだがそうではあるまい。政治思想というソフトを芸術次元に汎用し得たのは、そこに思想的格闘があったためで、マルクス主義ではなく飽くまでもブレヒト個人に負っているのだ。これこそがブレヒトの真骨頂だと私は思う。


 彼のユニークな風貌が多くのことを物語っている。世界や人間を面白がっている瞳だ。いかなる不幸や不条理をも笑い飛ばしてみせる、といった不適な面構えだ。


ガリレイ●科学はね、サルティ、ふたつの戦いに携わらなければならないのだ。迷信やお題目という、真珠色にたなびく無知のもやのなかでこけつまろびつしている人類、あまりにも無知なために自分自身の力を完全に発揮することのできない人類、そんな人類には、君たちが今明らかにしつつある自然の諸力(エネルギー)を発展させることもできないだろう。君たちは何のために研究するんだ? 私は科学の唯一の目的は、人間の生存条件の辛さを軽くすることにあると思うんだ。もし科学者が我欲の強い権力者に脅迫されて臆病になり、知識のための知識を積み重ねることだけで満足するようになったら、科学は片輪にされ、君たちの作る新しい機械もただ新たな苦しみを生みだすことにしかならないかもしれない。君たち科学者は、時の経つうちには、発見しうるものをすべて発見してしまうかもしれない。でもそれでは君たちの進歩は、人類から遠ざかって進んでゆくものになってしまう。そして君たちと人類の溝はどんどん拡がって、ついには君たちが何か新しい成果を獲得したといってあげる歓喜の叫びは、全世界の人々がひとしなみにあげる恐怖の叫びによって答えられることにもなりかねない。──かつて私は科学者として唯一無二の機会に恵まれた。私の時代に、天文学は民衆の集まる市場にまで達したのだ。このまったく特異な状況の下で、【ひとりの男】が節を屈することをしなかったら、全世界を震撼させることもできたはずだった。私が抵抗していたら、自然科学者は、医者たちの間のヒポクラテスの誓いのようなものを行うことになったかもしれない。自分たちの知識を人類の福祉のため以外は用いないというあの誓いだ! ところが現状で期待できるのは、せいぜいどんなことにも手を貸す、発見の才のある小人の族輩(うからやから)にすぎない。それにね、サルティ、私は一度だって本当の危険にさらされたことはなかったのだと思うよ。数年間は私はお上(かみ)と同じ力をもっていたのだ。だのに私は、自分の知識を権力者に引き渡して、彼らがそれをまったく自分の都合で使ったり使わなかったり、悪用したりできるようにしてしまった。……私は自分の職業を裏切ったのだ。私のしたようなことをしですかす人間は、科学者の席を汚すことはできないのだ。(「ガリレイの生涯」最終稿)


 ブレヒトの筆致にはプロパガンダの異臭が全くない。それどころか花のような香気が漂っている。偉大な芸術は例外なく人間を照らすものだ。彼は人間を愛した人だったに違いない。

ブレヒトの写針詩 (大人の本棚)

2010-10-30

「棒をのんだ話 Vot tak!(そんなことだと思った)」/『石原吉郎詩文集』石原吉郎


 小説は短篇の方が難しいといわれる。限られた紙数で物語を描くのだから構成や結構で勝負するしかない。石原吉郎は詩人であるが、味わい深い短篇小説も残している。


「気がかりな夢から目を覚ますと男は毒虫になっていた」というカフカ的手法に近い。不条理を戯画化することでシンボリックに描き出している。


 主人公の男は棒をのんでいる。なぜ棒をのまないといけないのかは一切語られない。


 要するにそれは、最小限必要な一種の手続きのようなものであって、「さあ仕度しろ」というほどの意味をもつにすぎない。それから僕の返事も待たずに、ひょいと肩をおさえると、「あーんと口を開けて」というなり、持ってきた棒をまるで銛でも打ちこむように、僕の口の中へ押しこんでしまうのである。その手ぎわのたしかさときたら、まるで僕という存在へ一本の杭を打ちこむようにさえ思える。

 一体人間に棒をのますというようなことができるのかという、当然起りうる疑問に対しては、今のところ沈黙をまもるほかはない。なぜなら、それはすでに起ったことであり、現に今も起りつつあることだからだ。


【『石原吉郎詩文集』石原吉郎〈いしはら・よしろう〉(講談社文芸文庫、2005年)以下同】


 石原吉郎はシベリア抑留という不条理を生きた。

 敗戦必至という状況下で日本政府は天皇を守るため、ソ連に労働力を提供する申し出をしていた。この取引は実現することはなかったが、酷寒のシベリアに連れ去られた同胞を政府が見捨てたのは事実であった。


 それはまさしく「棒をのまされた」様相を呈していた。


 それにしても僕が、なんの理由で刑罰を受けなければならないかは、やはり不明である。


 僕はその日いちにち、頭があつくなるほど考えてみたが、何がどういうふうにしてはじまったかは、ついにわからずじまいだった。


 こうした何気ない記述の中には石原が死の淵で叫んだであろう人生に対する疑問が込められている。具体的には国家に対する疑問でありながら、理不尽や不条理はやはり神に叩きつけるべき問題だ。


 理由が不明で、いつ始まったかもわからない──こんな恐ろしいことがあるだろうか? 不幸はいつもそんな姿で現れる。


 僕がこころみたおかしな抵抗やいやがらせは、もちろんこれだけではない。だがそれはつまるところ、棒に付随するさまざまな条件に対する抵抗であって、かんじんの棒をどう考えたらいいかという段になると、僕にはまるっきり見当がつかないのである。僕が棒について、つまり最も根源的なあいまいさについて考えはじめるやいなや、それは僕の思考の枠をはみだし、僕の抵抗を絶してしまうのだ。要するに災難なんだ、と言い聞かせておいて、帽子をかぶり直すという寸法なのだ。


 ここだ。巧みな描写で石原は政治と宗教の違いを示している。「棒に付随する条件への抵抗」が政治、「棒の存在そのもの」が宗教的次元となろう。


 棒をのまされたことで、主人公はどうなったか?


 すると、その時までまるで節穴ではないかとしか思えなかった僕の目から、涙が、それこそ一生懸命にながれ出すのである。

 だがそれにしても、奇妙なことがひとつある。というのは、いよいよ涙が、どしゃ降りの雨のように流れ出す段になると、きまってそれが一方の目に集中してしまうのである。だから、僕が片方の目を真赤に泣きはらしているあいだじゅう、僕のもう一方の目は、あっけにとられたように相手を見つめているといったぐあいになるので、僕は泣いているあいだでも、しょっちゅう間のわるい思いをしなければならないのだ。やがて、いままで泣いていた方の目が次第に乾いてきて、さもてれくさそうに、または意地悪そうにじろりと隣の方を見つめると、待っていたといわんばかりに、もう一方の目からしずかに涙がながれ出すというわけである。


 私は震え上がった。不条理は一人の人間の感情をもバラバラにしてしまうのだ。悲哀と重労働、飢えと寒さがせめぎ合い、生きる意志は動物レベルにまで低下する。希望はあっという間に消え失せる。今日一日を、今この瞬間をどう生き抜くかが最大の課題となる。


 帰国後、更なる悲劇が襲った。抑留から帰還した人々をこの国の連中は赤呼ばわりをして、公然とソ連のスパイであるかのように扱ったのだ。菅季治〈かん・すえはる〉は政治家に利用された挙げ句に自殺している(徳田要請問題)。


 石原の心の闇はブラックホールと化して涙を吸い込んでしまった。


「それに場所もなかったよわね。あんなところで問題を持ち出すべきじゃないと思うな。」

「じゃ、どこで持ちだすんだ。」

「そうね、裁判所か……でなかったら教会ね。」

 僕は奮然と立ちあがりかけた。

「よし、あした教会へ行ってやる。」

「そうしなさいよ。」

 彼女は僕の唐突な決心に、不自然なほど気軽に応じた。

「それでなにかが変ることはないにしてもね。」


 裁判所と教会の対比が鮮やか。どちらも「裁きを受ける場所」である。最後の一言が辛辣(しんらつ)を極める。政治でも宗教でも社会を変えることは不可能であり、まして過去を清算することなど絶対にできない。それでも人は生きてゆかねばならない。


 果たして、「棒」は与えられた罪なのだろうか? そうであったとしても、石原は過去を飲み込んだのだろう。鹿野武一〈かの・ぶいち〉や菅季治の死をも飲み込んだに違いない。体内の違和感に突き動かされるようにして、石原は言葉を手繰ったのだろう。

石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)

2010-06-03

詩は、「書くまい」とする衝動なのだ/『石原吉郎詩文集』石原吉郎


 ただ私には、私なりの答えがある。詩は、「書くまい」とする衝動なのだと。このいいかたは唐突であるかもしれない。だが、この衝動が私を駆って、詩におもむかせたことは事実である。詩における言葉はいわば沈黙を語るためのことば、「沈黙するための」ことばであるといっていい。もっとも耐えがたいものを語ろうとする衝動が、このような不幸な機能を、ことばに課したと考えることができる。いわば失語の一歩手前でふみとどまろうとする意志が、詩の全体をささえるのである。

(「詩の定義」)


【『石原吉郎詩文集』石原吉郎〈いしはら・よしろう〉(講談社文芸文庫、2005年)】


 これは決して「気取った文章」ではない。戦後、シベリアのラーゲリに抑留された石原にとって「言葉を語る」ことは、そのまま実存にかかわることもあった。言葉にした途端、事実は色褪せ、風化してゆく。時間の経過と共に自分の経験ですら解釈が変わってゆく。物語は単純化され、デフォルメされ、そして変質する。


 石原は「語るべき言葉」を持たなかった。シベリアで抑留された人々は、「国家から見捨てられた人々」であった。ロシアでも人間扱いをされなかった。すなわち「否定された存在」であった。


 消え入るような点と化した人間が、再び人間性を取り戻すためには、どうしても「言葉」が必要となる。石原吉郎は詩を選んだ、否、詩に飛び掛かったのだ。沈黙は行間に、文字と文字との間に横たわっている。怨嗟(えんさ)と絶望、憎悪と怒り、そしてシベリアを吹き渡る風のような悲しみ……。無量の思いは混濁(こんだく)しながらも透明感を湛(たた)えている。


 帰国後、鹿野武一(かの・ぶいち)を喪った時点で、石原は過去に釘づけとなった。シベリアに錨(いかり)を下ろした人生を生きる羽目となった。石原は亡霊と化した。彼を辛うじてこの世につなぎ止めていたのは、「言葉」だけであった。

石原吉郎詩文集 (講談社文芸文庫)