Hatena::ブログ(Diary)

セッションオヤジの怠惰なボヤキ このページをアンテナに追加 RSSフィード


2007-05-20 真夜中のブルース?

んもう。だから言ったじゃないの!

何はなくともEQ:個々の楽器が占める周波数帯域から 15:09 何はなくともEQ:個々の楽器が占める周波数帯域からを含むブックマーク 何はなくともEQ:個々の楽器が占める周波数帯域からのブックマークコメント

EQは難しい、と思っている方がいるかもしれない。

確かに各楽器の音を明瞭且つ美しく響かせ、さらに全体にまとまりのある音を作るのは困難である。

その上、曲の雰囲気作りや各パートで強調される楽器の推移などを含めると、EQほどmixに影響してくる存在はない。

とうことは各楽器がどこからどこまでの音域を持ち、さらにはどのような周波数特性を持ち、どの周波数帯域をいじればウマく音を変える事ができるのかを知っておく事が大切になる。

これについては数多くの文献やサイトが解説しているので敢えて言及しないが、一応最低限の知識として二種の一覧表を上げておく。


  • バンド音楽でよく使われる楽器の特性

楽器
中心周波数
備考
二次周波数
バスドラ
厚み 80-100Hz
暖かみ 200-300Hz
インパクト、残響 2.5-6kHz
スネア
パワー 800-1.2kHz
厚み 120-400Hz
鳴り、残響 2-4/4-8kHz
タム
厚み 100-300Hz
鳴り 1-3kHz
アタック 4-8kHz
シンバル
低音域 220-300Hz
鳴り 8-12kHz
シズル感 8-12k
ストリングス
厚み 200-300Hz
鳴り 中音域全般
弓音 7.5-10kHz
ブラス
厚み 200-300Hz
高音域 6-8kHz
メリハリ 8-11kHz
トランペットサックス
パワー 200-400Hz
鼻音 1-3kHz
メリハリ 8-11kHz
アコギ
低音強調時 120-300Hz
抜け 2-5kHz
シャリシャリ感 5-10kHz
エレキギター
低音強調 200-400Hz
高音の抜け 3-5kHz
シャリシャリ感 8-14kHz
エレキベース
厚み 80-100
抜け 200-500Hz
アタック 0.5-1.5kHz
ウッドベース
エレベに同じだが、 2kHzを強調すべし
ボーカル
厚み 120Hz、鼻音 1-3kHz、 ハリ 4-5kHz、緊張感 15-18kHz、呼吸 7-12kHz


  • オケ楽器の音域と周波数

オケ楽器 最低音 平均的上限
バイオリン G3 (196.0 Hz) E7 (2637.0 Hz)
ビオラ C3 (130.8 Hz) C6 (1046.5 Hz)
チェロ C2 (65.4 Hz) E5 (659.3 Hz)
コントラバス E1 (41.2 Hz) B3 (246.9 Hz)
フルート C4  (261.6 Hz) C7 (2093.0 Hz)
オーボエ Bb3 (233 Hz) F6 (1396.9 Hz)
イングリッシュホーン Eb3 (155.6 Hz) Bb5 (932.3 Hz)
Bbクラリネット D3 (146.8 Hz) Bb6 (1864.7 Hz)
ベースクラリネット D2 (73.4 Hz) F5 (698.5 Hz)
バスーン Bb1 (58.3 Hz) Bb5 (932.3Hz)
コントラバスーン Bb0 (29.1Hz) Eb3 (155.6 Hz)
B1 (61.7 Hz) F5 (698.5 Hz)
トランペット E3 (164.8 Hz) Bb5 (932.3Hz)
トロンボーン E2 (82.4 Hz) Bb4 (466.2 Hz)
ベーストロンボーン B1 (61.7 Hz) Bb4 (466.2 Hz)
ティンパニ F2 (87.3 Hz) F4 (349.2 Hz)
ハープ B0 (30.9 Hz) G#7 (3322.4 Hz)
ピアノ A0 (27.5 Hz) C8 (4186 Hz)


上記の様々な特性を持った楽器がひしめき合っているのが「楽曲」。これらをまとめるのは「難しい」というよりも煩雑で根気のいる仕事なのである。

音というものはエネルギーとして考えられるが、ある楽器を録音しその周波数特性を買える場合、ある部分を強調したら他のいらない部分を削るといい。このようにしてむやみにレベルを上げる事を避けるのだ。

EQを行なう際に、まずは「削る」ことから考えるとよい。他を削ればいじっていない周波数域はおのずと強調される。

レベルが足りなければフェーダーで補ってやるかエキスパンダーをかけてやる事もできるので、この方が無難。

各楽器のレベルを決定するときに

「こっち上げたらココが足りないのでこれも上げる。んでもってこっちも上げる」

を繰り返していると「レベル競争」が起こり、最終的にはフェーダーをあと2cmほど上にのばしたくなったり(無理だ)マスターレベルが

「ぎゃー!+19.72dB!!!」

になってしまう。

フェーダーについても同じ事が言えるのだが、EQは「削る」ことから始めよう。

ふう。

いかんいかん、努力してしまった。

mellencampmellencamp 2007/05/20 16:16 オヤジさん、お褒めに預かり恐縮です。。。
一応一発取りですが、いかにまともに聴こえるかをテーマに(爆)、音色とフレーズを考えました。。。あれ以上、音数を増やせませんでした(笑)。
その点、オヤジさんのはさすがです。クリーンで堂々と。私ももうちょっと練習して、クリーンでいけるようがんばりますです。
今日は凄いヴォリューム満載の記事ですね!お疲れ様です。

session_oyajisession_oyaji 2007/05/20 16:23 真似っこ小猿やってみたら案の定「とりかえしがつきません」だったのですよ。で、一日30分くらいは練習しようかな、と。「おきんかい!」にはめられてますね。見事なまでに。

音関係の記事はバカ記事を連発した後なので石を投げられないように張った予防線です。またすぐ馬鹿方向に脱線するでしょう(笑)

現在ベック氏の参加をお願いしており、バッキングトラックなども提供していただけるかな、などと「とらとたぬきとかばさんよ」やってます。

御隠居御隠居 2007/05/20 17:53 そうなんですよね、ついつい「足りない」と。。「いらない」と発想変えればいいんですが、なかなか難しかったりします。。

御隠居御隠居 2007/05/20 18:01 ドラムのリバーブ、一番難しいですね。昔はスプリングだったので無理でした。(笑)バスドラはビンビン言ってしまうのでRMに個別のアウトを改造したり苦労しましたが、まぁそれくらいリバーブ好きなもんでついかけすぎ・・。実はスペクターサウンドが好きだったりします。

コーギーコーギー 2007/05/20 18:05 オヤジさん、こんばんは。
今回の記事は「なるほど!」と勉強になりました。
私はドラムやってましたが、じぇ〜んじぇん知りませんでした(汗)
これからも、いろいろおせぇ〜て下さい。

session_oyajisession_oyaji 2007/05/20 18:32 御隠居、スプリングで全体にかけるのは無謀ですよー(笑)でも、最近の技術ならバスドラのトラックを複製してコピーの方の1.2kHzから上をばっさり切ってしまい、インパクトは生音で、スプリングリバーブでの音の延びは中低音域のみにかけると可能でしょう。 スペクターもすきですがエズリンもすきなオヤジ。

session_oyajisession_oyaji 2007/05/20 18:36 コーギーさん、お役に立てて光栄です。 ドラムのリバーブはキットの各要素の残響の必要性や周波数域を元に長さやタイプを振り分けて行く事になるんですね。EQと合わせて考えると3Dテトリスのように複雑怪奇です(笑)

session_oyajisession_oyaji 2007/05/20 18:41 そう、不満だと「足りない」と考えがちですね。フェーダーは-8dBあたりから音の小さくなり方が顕著になりますし、パライコの場合には山の裾野を広くしたり狭くしたりできますので特定の邪魔者を殺してその帯域にほかのものを割り当てたりが簡単になります。極端な話、所詮EQもフィルタの一種。となるとどんどん足して行った結果がどうなるかは直観的に理解できるのではないでしょうか。あらやだ、またまじめな話をしてしまった...

KK 2007/05/21 03:20 イコライザの基本は削ること、当たり前の話なのですが、これがなかなか理解されにくいんですよね。
特にギター用エフェクターでは、3バンドや2バンドのイコライザがついている場合、ブーストしているということが分からない場合もあり、その感覚でやると余計おかしくなります。
EQ=フィルタという考え方、とても分かりやすいです!マイケルシェンカーのワウ半止めプレイなどは、まさにそれを逆手に取ったやり方ですよね!

session_oyajisession_oyaji 2007/05/21 03:30 弟も秀悦ですが、アニキのルドルフのバッキングは「世界一!」ワウ半止めもしくは1/3止めとマーシャルサウンドで30年通してきたアニキはアッパレ! あたま下がります。

SkyhookSkyhook 2009/07/27 10:54 大変参考になりました。ありがとうございます。

kyotokyottokyotokyotto 2011/07/26 15:20 各楽器の音高についてまとめてあるのが非常に参考になります.
何度も見させてもらってます^^ありがとうございます

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/session_oyaji/20070520/1179666560