Hatena::ブログ(Diary)

只の独り言コラム的日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-15

[] 第88回全国高校野球選手権大会第10日目

第88回全国高校野球選手権は大会第10日を迎え、3回戦4試合を行われベスト8のうち4チームが決まった。

第1試合目は駒大苫小牧(南北海道)対青森山田青森)の試合は今大会最高の試合だった。駒大苫小牧は4回までに7失点し、6点差をつけられ誰もが負けを覚悟したかも知れない。だが、ジリジリと差を詰め、8回に一端は同点に追いつくも9回に再び1点を入れられリードされた。然し、流れに乗っていた駒大苫小牧は9回裏にホームランで再び同点とした後、2本の長短打で1点を入れサヨナラ勝ちした。青森山田は6点を守れず力尽き王者を破ることは出来なかった。

第3試合目の帝京(東東京)対福岡工大城東福岡)の対戦も第1試合目と似たような展開で帝京が2回に挙げた4点でそのまま逃げ切るかに見えたが福岡工大城東が小刻みに点を入れ8回裏に追いつく。延長戦に入り1点を挙げた帝京がそのまま逃げ切り5-4で辛勝。

その他は東洋大姫路兵庫)が5-2で桐生第一群馬)を降し、亦、鹿児島工鹿児島)も香川西香川)を9-3で降しベスト8に進んだ。

今日の結果

・第1試合 駒大苫小牧(南北海道)10-9青森山田(青森)

・第2試合 東洋大姫路(兵庫)5-2桐生第一(群馬)

・第3試合 帝京(東東京)5-4福岡工大城東(福岡)

・第4試合 鹿児島工(鹿児島)9-3香川西(香川)

[] 公約靖国参拝

61回目の終戦の日を迎えた15日の今日。一段と強まる雨の中、小泉純一郎首相靖国神社を参拝した。2001年自民党総裁選での公約を優先して、任期中最後の8月15日を参拝の日に選んだ首相の姿を、靖国神社、広島沖縄中国韓国で様々な思いで見つめていた人が多かったことだろう。

靖国神社は、午前9時の段階で前年比5倍の1万835人が参拝に訪れていたといい、昼を過ぎても「昨年よりかなり多い」と職員が驚くほどの参拝の列が続いていたそうだ。

小泉首相は、「終戦記念日靖国に参拝する」を自民党総裁選の公約に掲げ当選した。が、これまでの5回、靖国参拝は果たしてきたが、8月15日の参拝は一度も行ってこなかった。最初は、8月13日。以後は、春季例大祭や1月、元旦、秋季例大祭などで、毎年、時や衣装を変えて参拝して来た。今日はこれまで避けてきた8月15日の公約実現には最後の機会だった訳で、『何時参拝しても批判される。ならば何時参拝しても同じ』との心境で、最後の機会に公約を果たした。如何にも頑固な小泉流で公約でもあろうか。たけど、小泉首相は、初めから8月15日の靖国参拝は在任最後の年にしようと思っていた節も感じるけどその真相は如何に・・・

[] 首都圏を襲った大停電

昨日、首都圏を襲った大停電は様々な面で脆さを浮き彫りにした感じ。

約140万世帯の停電を始め都内の道路では約1160機の信号機が消え、エレベーターの閉じ込めが1都2県で70件以上あったといい、東京海部を走る『ゆりかもめ』を始め地下鉄、一部の私鉄、JR線がストップして約12万人に影響が出たという。亦、一部の銀行でATMが止まり、千葉県浦安市東京ディズニーリゾートでは開園が約50分遅れ、アトラクションが一時中止になったそうだ。

原因は、東京都江戸川区と千葉県浦安市の間にある旧江戸川でクレーン船が送電線に接触し送電線3箇所と補助用の送電線を損傷した為で、千葉県の火力発電所から首都圏に電力を供給する27万5000ボルトの大動脈な送電線だったようだ。自分は直接、影響は受けなかったけど、エキストラに参加する数名はこの影響を受けていた。

然し、若しこれがテロに因るものだったら一体如何なっていただろうか?何箇所かの送電線を狙われたら確実に首都圏は麻痺するだろうから。そう考えたら結構恐いかも。

因みに昭和26年東京電力設立以来、世帯数では1987(昭和62)年7月の猛暑に因る停電の約280万世帯に次ぎ2番目の規模だという。