Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2008-11-11

[][][]【最速報】InDesign CS4新機能紹介

CS4日本語版の発売アナウンスがされて情報解禁したっぽいので、新機能メモ。InDesign CS4は発売前だが、オンライン上のユーザーガイドが閲覧可能になっている。このオンラインユーザーガイドは、クリエイティブコモンズ下に置かれている(表示-非営利-継承)。

Adobe InDesign CS4 ユーザガイド

もちろん、製品発売前なので内容はもとよりURLも含めて変更等の可能性があるのをお含み置きいただきたい。実際に、Adove TVのビデオに関してのURLはまだ日本語コンテンツが用意されていないため、英語コンテンツにリダイレクトされてしまう。

このオンラインユーザーガイド、コメントが入れられるようだ。たしかに過去のユーザーガイドではいろいろと間違いもあったけれど、コメント付けられる利益よりも、妄想ちゃんによる攻撃とか心配しちゃうなあ。大丈夫か?

ユーザーガイドの「ヒントとトレーニング」には「新機能」一覧がある。注目の新機能について、セミナーやAdobeTV等で見聞した情報を併せてご紹介したい。


InDesign Markup Language(IDML

とにかくこれが一番の目玉。「IDMLがやってくる - 名もないテクノ手」でも紹介したが、大事なのはテキスト透過性があるってこと。新しいイノベーションが起こる可能性を感じる。★★★


ライブプリフライト

プリフライトは、大きく改善された機能のひとつだ。第一にユーザーが詳細な「プリフライトプロファイルの定義」ができ、必要に応じてプリフライトの種類や適用範囲を変更できる。ライブプリフライトはその名前の通り、ドキュメントを常時監視下に置ける。★☆☆

f:id:seuzo:20081110132100p:image


スプレッドビューの回転

スプレッド全体を90°時計回り、90°反時計回り、または 180°回転させる機能。オブジェクトが回転しているわけではなくて、回転ビュー属性が機能している状態。この状態ではページアイコンの隣に「回転マーク」が付く。

http://www.adobe.com/go/lrvid4031_id_jpのビデオが詳しいようだ。本日現在、このビデオは英語コンテンツにリダイレクトされてしまうのだが、発売以降は日本語コンテンツになる可能性もある。このビデオ内には「パワーズーム」と呼ばれるスマートなズーム機能の説明もある。☆☆☆


スマートガイド

スマートガイドと聞いて、Illustratorのスマートガイドを想像する方も多いだろう。InDesignのスマートガイドは、単にオブジェクトがスナップするだけではない。隣あわせた画像の回転角度、オブジェクト間隔などにそれぞれスナップガイドが表示される。

スマートサイズ・スマートスペーシング・スマートカーソルなどの詳細は、http://www.adobe.com/go/lrvid4029_id_jpのビデオが詳しい。このビデオ内で画像の内容がグラフィックフレームにフィットしているのは、スマートガイドとは関係ないけれど新機能。★★☆


リンクパネル

リンクパネルについては以前「リンクパネルとか、見た目問題とか。 - 名もないテクノ手」にてTim Coleさんの記事紹介という形でご紹介済み。★★☆


PDF へのデータ結合の出力

データ結合の機能から、ダイレクトにPDFを生成できる。このとき、ページの静的部分にPDF XObjectが使われるため、データサイズの軽いPDFになる。★☆☆


条件テキスト

テキストに属性(条件)をつけて、表示・非表示ができる機能。レイヤーなどと根本的に違うのは、非表示にした時に後ろに続くテキストが流れ込むこと。いくつかの「条件」のオンオフ状態を「セット」することができ、セットを選んでテキストの状態を変化させる。利用例として、カタログなどで、「一般顧客用」「大口顧客用」などの複数に分冊していたバージョンを1つのドキュメントで管理できようになる。★★☆

ビデオを見るとわかりやすい。http://www.adobe.com/go/lrvid4026_id_jp


スマートテキストのリフロー処理

テキストがオーバーセットした時、新規ページを追加したり、その逆にテキストフレームが空になった時、ページを削除する。この機能は「条件テキスト」の表示/非表示によってテキストがリロードする時に最も威力を発揮するでしょう。★★☆


先頭行スタイル

段落内の行(LIne)に対して文字スタイルを自動で適用できる機能。おもしろいのは、先頭文字スタイルと共存できること。どういう意味かというと、例えば先頭行スタイルで「フォントを変更した文字スタイル」を適用して、同時に先頭文字スタイルで「サイズを変更した文字スタイル」が指定できたりする。☆☆☆


正規表現スタイル

正規表現スタイルは、段落の属性として各段落に適用できる。ある正規表現で表された文字列に対して、自動的に文字スタイルを適用できる。非常に強力な機能。★★☆

ビデオもわかりやすい。http://www.adobe.com/go/lrvid4028_id_jp


欧文ハイフネーションルールの無効化

InDesign コンファレンス2008東京で、ナット・マッカーリさんが「欧文組ルールに対する暴挙」として紹介した(CJK特有の)機能。要するに単語の泣き別れ時にハイフンなしという設定。わたしもナット・マッカリーさんの意見に賛成。こういうリクエストをするユーザーは、完全にイカれぽんち。どんだけ発言力の強いお偉いさんか知らんけれど、名乗り出て全ユーザーに対して謝罪して欲しい。なにが罪かって、この機能は「互換性」の名の下に将来のすべてのバージョンで外せなくなるから。☆☆☆


行を全角スペースでは開始しない

InDesign CS4でようやく実現。全角スペースの行末吸収。これについては以前にのべたとおり一種のバグだった。ただ、惜しいことにデフォルトはオフになっている。★☆☆


文字組み設定の相違点の表示

カスタムの「文字組みアキ量設定」で、既存の設定との差分(変更箇所)を青文字でハイライトする。どこを変更したかがすぐわかるので便利。★★☆


元データを編集でアプリケーションを指定

InDesign CS3までだと、「元データを編集」する時に元データを作成したアプリケーションで自動的に開いてしまった。しかし、InDesign CS4ではこの時にアプリケーションが選べる。もう「プレビュー.app」が開いてイライラしないで済む^^★☆☆


複数のグラフィックのコンタクトシートとしての配置

どうやら複数のグラフィックをグリッドに沿って配置できるってものらしい。テストしなくちゃいけない。★☆☆


テキストの線の制御

要するに袋文字できるってこと。詳細は「【新機能】角丸のフチ文字 - 名もないテクノ手」にてご紹介済み。★☆☆


相互参照

はい。これはおそらくあなたが望んだ通りの相互参照。もうヘンなプラグインを使わなくて済む。くわしくは「相互参照」を見よ!★★☆

ビデオはこちらhttp://www.adobe.com/go/lrvid4024_id_jp


Flashへの書き出し

まあ、できるらしいってことで。★☆☆


インタラクティブ PDF 機能拡張

インタラクティブなボタン、ページ効果、ハイパーリンク、相互参照、ブックマークなんてのが、PDFへエクスポートできるってことらしいけれど、「夢中になって読むことのできる体験を作り出すことができます」ってのはちょっと言い過ぎだろ!☆☆☆


アドビストアはこちらから:

k_ikik_iki 2008/11/11 12:23 CS4スキップがほぼ決定していながらも、いろいろと気にしつつ(^^;;
拝読いたしました〜!
条件テキストが面白そうです。
ただ、設定をうっかり間違えて、全部逆に設定しちゃいました、刷り直しー!みたいな。(妙な予想をするな、ですね。すみません)

seuzoseuzo 2008/11/11 12:30 >条件テキストが面白そうです。

条件テキストはXMLと組み合わせると、面白くなりそう。
コンテンツをXSLTで制御するベクトルと、条件テキストで制御するベクトルでうまく補完しあえればいいかと思います。
ページの増減もスマートテキストが使えるようですし。

るるるる 2008/11/11 15:52 「『条件』テキスト」ていうのですか?Frameではまんま「コンディショナルテキスト」です。
さてさて、やっと相互参照ですかー。以前、ナットさんに「何でできないのっ」と詰め寄ったら「計算が面倒で・・・」とごまかされてしまいましたっけ。
「ヘンなプラグイン」はい、使用してます。(苦笑)このプラグインだと、別ファイル(ブック無関係)とも参照可能なのですが、そのへん、どうなのでしょ。
ライセンス版なので、12/18には手にできないかもしれないけど、早速代理店に見積依頼出しました。楽しみです。

seuzoseuzo 2008/11/11 16:34 >別ファイル(ブック無関係)とも参照可能なのですが、そのへん、どうなのでしょ。
ビデオでは同じファイルを参照しているようですが、ユーザーガイドを読む限りでは異なるドキュメントに対して設定できるようですね。ブックでも統一できると書いてあります。

>ライセンス版なので、
TLPとかですと代理店経由ですが、アドビストアから直接購入予定の方は、バナーからアドビストアに入って買ってもらうと、わたくしがたいへん喜びます。
よろしくお願いいたします。

なかとじなかとじ 2008/11/11 18:22 宣伝メールが16時くらいから各方面(アドビ&販売店)からやってきたと思ったら、すでに午前中のエントリーで伝えているとは。相変わらず早いですね。

>欧文ハイフネーションルールの無効化

私はいかれポンチ側です。
欧文組版への暴挙ではあるのですが、読み手が英語ネイティブでなければ、それが意図的なハイフンなのか、泣きのハイフンなのかがわかりずらいからです。

程度のほどは解らないのですが、泣きのハイフンはネイティブな人でも嫌う傾向があり、本文行末成り行きのレイアウトが多いくらいです。新聞など情報をめいっぱい詰め込まなければいけないのでなければ、たとえ1行1ワードになってもいいから文末成り行きでと考えているようです。恐らく、ネイティブな人でも対象になる情報の知識レベルによってその判別がつかないこともあるから、できれば避けたい組版ポリシー(泣きのハイフン)なのだと思います。特にオリジナルの文章にハイフンが多用されるコンピュータ雑誌では、ほとんど文末成り行きの組版ポリシーを採用しています。

ならば日本語組版でも行末成り行きで……という本文組ができればよいのですが、それは相容れないものがあります(美しくないし合理的でない)。

1行が長ければ物理的調整(カーニングなど)なり言い回しでなんとか吸収できますが、20W横組みの本文中に「Windows Server2003」などという単語が頻繁に出てくるコンピュータ雑誌(なんかリアルだな・笑)では、どうしても単語の泣き別れが頻繁に出現します。

物理的調整も不可能で意図的なハイフン意外は使用したくない。結局、単語のどこか(一応単語に配慮して)にスペースを入れて、以降を次の行に送るということをすることになります。これで完パケであればそれでもよいのですが、校正でその位置関係が変わると、今度はそのスペースを削除しなければなりません。これは面倒ということよりも、校正という作業の性質上、ドタバタとやっていることが多いので削除し忘れが発生するのがやっかいだということです。実際にそういう刷り物を見かけることがよくあるので、どこも事情は同じなんだなと感じています。

これはこれで必要な機能だと思いますよ。まぁ、英語をカタカナにするような感覚でいればよいのではないでしょうか。つまり、どのみちネイティブに忠実な発音にならない、かつ、ネイティブを対象にしていない、という感覚です。

>行を全角スペースでは開始しない

これがデフォルトでオフになっているのは正しいと思います。やはり、CS4が全体に浸透するまでには時間がかかり、下位バージョンで保存して出力という状況はしばらく続きます。もちろん、そういう事が明らかならCS2なりCS3で作業すればよいのですが、CS4が発売されればCS3は絶版となり、新規導入はCS4からになってしまいます。すべての人たちが技術に明るければよいのですが、そうではない人もいます(というか多くはこちら)。「技術に明るくない=デフォルトのまま」というのはありがちで、そういうドキュメントを下位バージョンで保存しなければならない可能性を考えると、デフォルト・オフは正しいのでは。

seuzoseuzo 2008/11/11 20:24 >すでに午前中のエントリー
たぶん、11:00amちょっと過ぎにはアドビストアが変更されていたと思います。その前はメンテ中でした。
アドビストアが変わってから、プレスリリースが出るのを少し待っていたんですが、そうこうしている間にお宝さんが第一報を入れ始めたので、こちらもアップしました。

>本文行末成り行きのレイアウトが多いくらいです。
そうですね。欧文組版はラグ組が基本ですしね。
ハイフネーションをいかに避けるか、が「段落コンポーザ」の第一の目的です。わたしは使いませんけれど^^
単語がハイフンなしで泣き別れると何が起こるかというと、意味が変わってしまうんですよね。英語だと、複数節が1単語を構成していたりします。「un〜〜」とか「〜〜ed」とか。これらがハイフンなしで泣き別れてしまうとちょっとつらい。
こういう組版を許可してしまうのもつらいものがあると思います。わたしたちの仕事は商業印刷物ですから、非常識なものを世の中に出すのを恥ずかしいと思う気持ちがあります。

>下位バージョンで保存して出力という状況はしばらく続きます。
こういう出力方法はおすすめしません。というか、わたしは絶対しません。

>デフォルト・オフは正しいのでは。
そもそも、全角スペースは行末で吸収されないのはバグの一種だと思います(と書いてあるとおりですが^^)。欧文組版で、半角スペースがLine頭にくるのと同じです。ですから、行末吸収するのが自然な振る舞いだと思います。
で、過去資産をInDesign CS4で開くとき、またはInDesign CS4の互換ファイルを下位バージョンで開く時、このどちらも組版結果は保証されません。組版結果なり、ページネーションが変わることが前提になります。であるならば、バグのない状態で組み上げるのがよかろうと思うのですが。
さらに、デフォルトでオフになっている罪は、新規ドキュメントでさらに顕著になります。デフォルトの罠というか、デフォルトをまったく触らないでドキュメントを作るひとがたくさんいます。段落コンポーザとか、PDF/x1-a裁ち落としとか。こうしたミスを防ぐためにもデフォルトは大切なのだと思います。

やまやま 2008/11/11 22:44 「段抜き見出し」や「囲み罫」が出来るといいなぁ

seuzoseuzo 2008/11/11 23:23 >「囲み罫」
ご存知かもしれませんが、わたしはお〜まちさんのスクリプトを使わせていただいています。
http://www15.ocn.ne.jp/~preopen/idjs/idjskakomi.html

段抜き見出しは使わないので、ちょっとピンとこないんですよね。。。

zicozico 2008/11/12 05:55 欧文ハイフネーションの無効化はときには便利なんですよね。例えば、URLのような意味の無い英数字の羅列で、ハイフンなしでで改行されても何も困らないものなんかは。たまたま意味のある“単語”がまぎれていたりすると、そこで勝手にハイフネーションされたりして困ることもありますし。かといって、なにもしないと行長によってはあふれてしまうと。

コレ、段落属性じゃなくって、文字属性だったら良かったのに。行末に掛かる欧文を選択して、「ハイフネーションしない」という属性を付加するような。

全角スペースの吸収は、ようやくという感じですね。この件では、ナットさんと何度かメールのやりとりをした記憶があります。要望どおりの実装ならよいのですが。

囲み罫は私も強く要望します。EDICOLOR並み、いやそれ以上のものを。文字属性で処理できないとタグではどうしようもないので、インラインなどはどうしても最後の手段として敬遠してしまいます。

fourfour 2008/11/12 10:15 SC4 稟議書を書き書きしました! IDMLがなければ、こんな行動を起こさなかったんですが (^^;

CS3すらない状態ですが、私の気分はすでに CS4です。four です。four!(でもブログ再開時は PsychoCatにハンドル変えます)現場での実践投入は、どうせ2年は待たされるでしょうから、のんびりと開発します。“英語のドキュメントしかない”ってところが、かえってやる気を出させてくれます。こういう時のために3年前から英語の再学習を始めたんだから!

seuzoseuzo 2008/11/12 10:39 >例えば、URLのような意味の無い英数字の羅列で、
URLが意味があるかどうかはさておき、あらゆる単語にはたいてい意味があって、それが泣き別れすると1語が2語になってしまう。または、1語と2語の区別がなくなってしまう。英文の禁忌ルールに対して、(ネイティブでない)日本語組版なんだからオミットしてしまおうってのは、やはり乱暴な気がします。
わたしたち日本人が東南アジア方面に旅行したときに見る日本語に対する違和感。これが日本の商業印刷物に持ち込まれるのはやはり恥ずかしい。
(クライアントの要望で)どうしてもそうしたい場合は、手動で回避する方法があるんですから、属性として自動でやってしまうのはやはり組版を生業とする者の怠慢だし、それを許容してよしとする態度はイカれぽんちとしかいいようがないんです。すみません。

>four です。four!
をを、fourさんの時代かぁ^^ 正確なバージョンNo.は6.0ですが。

>英語のドキュメントしかない
今ちまたで話題の「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 」(まだ品薄で届いていないのですが)
英語が公用語として、技術情報の言語になるのは昨日今日始まったことではないですが、わたしのような愚民ですらその必要性を強く感じます。読めなければ取り残されてしまう。英語で書かなければ、誰にも読んでもらえない。強い危機感を覚えています。

fourfour 2008/11/12 13:03 >「日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で 」

弾さんのブログでの紹介で私もその本を知りました。少々ショッキングな話題でしたね。反響は大きいようです。

いろいろと思うことはあるのですが、書籍のタイトルやあちこちの紹介文だけを読んで「日本語の存続が危うい。だから英語学習をする必要はない。断固として日本語だけを使い続けるべきだ」という短絡的な思考だけはしないように、世の皆様にはお願いしたいところです。願わくば、子供たちは英語嫌いにならないように育って欲しいものです。私たちの年代以上に英語が必要でしょうからね。間違いなく格差が生まれるだろうなぁ。

日本の日常には英語が氾濫しているにも関わらず、ほんとうに何故これほどにも日本人は英語音痴なんだろう。付け加えておきますが、私も音痴ですからね。努力して改善している最中です。

きっと日本語の柔軟性がいけないんだ。英語らしきものが取り留めもなく混在することができる。そして、それは日本語の組版も難しいものにしているし ...

k_ikik_iki 2008/11/12 13:12 ひえー。fourさんが英語音痴だなんて。
私はどうすれば……
勉強しろってことですね、はい(^^;;;

seuzoseuzo 2008/11/12 13:31 >何故これほどにも日本人は英語音痴なんだろう。
何冊か見たことがあるんですが、本のタイトルでスペルミスをしていたりします。タイトルです。
誰も気づかない、もしかしたら読者も気づかずに買ってしまっている。
...フォローありがとうございます。

>私はどうすれば……
Let's begin!
歳バレルちうの^^

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証