Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2008-12-03

[][]相互参照機能を使ってみる(その1)

本文中で読者に別の場所を参照して欲しいとき、「〜〜です(123ページを参照)。」とか、「この件について詳しくは123ページの“ほげほげ”を参照してください。」などと入れたりします。InDesign CS3までは、こうした処理はすべて目視で確認して手動でタイプする必要がありました。最終ノンブルが決定するのは、下版直前だったりすると、見落としやノンブル間違いが頻発していた処理です。InDesign CS4の相互参照機能を使えば、こうした処理が自動で行えます。

ステップバイステップで、かんたんな相互参照を説明しましょう。

新規相互参照の挿入

(1)相互参照を挿入したい箇所に文字キャレットを置きます。

f:id:seuzo:20081203180010p:image


(2)相互参照パネルを開きます。

「ウインドウ」メニューから「書式と表」-「相互参照」を選び、相互参照パネルを開きます。

f:id:seuzo:20081203180643p:image


(3)新規相互参照を作成します。

相互参照パネルのサブメニューから「相互参照を挿入...」を選びます。

f:id:seuzo:20081203180907p:image


(4)新規相互参照ダイアログに入力します。

「新規相互参照」ダイアログが出ます。

f:id:seuzo:20081203181028p:image

ここですることは

  1. 「リンク先」を「段落」にします。
  2. 参照ターゲットを含んだドキュメントを選びます。
  3. 段落スタイルを選びます。図中では、「大見出し」を選びます。
  4. 段落スタイルを選ぶと、右にすべての大見出しを適用した段落が表示されます。ターゲットの段落を選択します。
  5. 「相互参照形式」を選びます。図中では「段落全体とページ番号」を選びました。
  6. 「OK」ボタンをクリックします。

文字キャレット位置に新規相互参照が挿入されました。

f:id:seuzo:20081203181841p:image


参照先ターゲットの変更

まず、参照先のドキュメントを開いてみます。ページ番号、セクション番号、見出し文字ともに正しいのがわかりますね。

f:id:seuzo:20081203182255p:image

参照先を編集してみます。ターゲットの前にもうひとつ見出しが増えたので、セクション番号が変わり、ページノンブルが変わり、文字も編集してみました。編集を終えたら保存しておきます。

f:id:seuzo:20081203182325p:image

さあ、参照している元のドキュメントを見てみましょう。

f:id:seuzo:20081203182532p:image

あれ? 変わっていませんね。おかしいな。。。大丈夫。まだ更新していなかったのです。相互参照パネルを見てください。さきほど作成した相互参照にアラートマークがついています。

f:id:seuzo:20081203182842p:image

相互参照パネルのサブメニューから「相互参照を更新...」を選択してください。

f:id:seuzo:20081203183042p:image

では、最初のページを見てみましょう。更新が反映して、正しくなっているのがわかります。

f:id:seuzo:20081203183218p:image


参照

相互参照 -- InDesign CS4オンラインヘルプ

ビデオ/相互参照 -- AdobeTV(本日の段階でまだ未公開)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証