Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2011-02-02

[][][]CPubってなんだ?

本日、PAGE 2011を見学してきた。お目当ては株式会社ニューキャストさんのCPubである。CPubとはナニか? ぼくがグダグダ講説を垂れるよりまず下記エントリーを読んでいただきたい。

ひとことでいうなら、Wikiを利用したCMSだ。Wiki記法によるマークダウンによってコンテンツを構造化して保持しようという目論みだ。マークダウンを使えば、XMLやプログラミングなしに文書を構造化でき、エンジニアリングに詳しくない編集者や著者もブログ感覚で文書を作成・編集できる。

Wikiを利用した出版物向けの文書構造化の取り組みはCPubだけではない。『電子書籍で生き残る技術−紙との差、規格の差を乗り越える−』に紹介されている、TOP STUDIOさんのReVIEWなどもある。またある出版社ではWordPressを積極的に取り入れ、自社での変換ノウハウを蓄積されている会社もある。

CPubが一般的なCMSと違うところを2つあげてみよう。ひとつは、このCMSが(電子出版と紙媒体を含む)出版物を念頭に置いて設計されていること。ニューキャストさんは長年、出版の制作を生業とされている会社だ。このノウハウが生かされているわけだ。ふたつめは、IDML書出しができること。現状、制作会社への原稿の多くはMS Wordやマーキングテキストで渡されている。これらはたいていテキスト洗浄を必要としそのままでは使えない。じゃあ、XML入稿なら文句はあるまい。いやいやXMLって聞くだけでもう腰が引けてしまう。そこでCPubで書き出したIDMLを原稿に使えるのだ。粗組みしたIDMLには段落スタイルや文字スタイルが適用されているし、図版や表もIDML上で再現できる。

CPubを使えば、著者・編集者・校正者などのグループワークを円滑に行えるし、用途によってEPUB、IDML、bookreaderへと出力できる。なにより、InDesignドキュメントを中間ファイルにしようなどというリスキーで野放図なワークフローに混乱させられなくて済む。

実際に動作画面を見てみると、予想以上にシンプルで気負いがない。興味本位でお話を伺ったところによると、写真図版はFlickrなどのWebServiceから直リンクできるらしい。さらに任意のタグ(とその記法)を追加編集できるようになるとのこと。IDMLはStoryをごっそり入れかるような方法を採っているようだ。今春から専用サイトでテスト稼働が始まるとの情報も得た。

今後の課題として、誰がいつどこを直したかのバージョニングが可視化できること。また、WordPressやMediaWikiなど主要なプラットフォームからのインポート/エクスポートを挙げておきたい。今後の動きに注目だ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証