Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2011-11-19

[][]OTEditでちょっとしたOTF外字を作成する

SING亡き現在、ちょっとした外字を作成するのに使われるのが武蔵システムさんの「OTEdit」です。

OTEdit for Mac

たまにしか使わないので、備忘録のためのメモ^^ というか、マニュアル読み直したくない人のためのアンチョコ。


【準備】Illustratorで字母をつくる

OTEdit自体にも、パス編集機能が備わっていますが、手に馴染んだIllustratorを使った方が効率がよいでしょう。

1)1000px正方のドキュメントを新規作成します。

f:id:seuzo:20111119160952p:image

f:id:seuzo:20111119160953p:image

※もし、英数字などのプロポーショナルなものを作成したい場合は、横幅を調整してください。


2)ドキュメント上に字母を描きます

1000px分のアートワークは最大ボディなので、少し小さめに描いてください。

f:id:seuzo:20111119160954p:image


3)フォントや文字をアウトライン化します

位置などを微調整して、フォントをアウトライン化しておきます。太さをもった線があれば、オブジェクトメニューから「パスのアウトライン」を実行しておいてください。また、描画同士で重なっているパスは、パスファインダなどで修正しておくこと。

f:id:seuzo:20111119163026p:image


4)SVGで保存します

SVGバージョンは1.1で保存します。あとは大抵デフォルトのままで。

f:id:seuzo:20111119163027p:image

f:id:seuzo:20111119163028p:image


【作成】OTEditで新規フォントを作成する

1)フォント情報を入力する

OTEditを起動し、「ファイル」メニューから「新規作成...」を選ぶと、「フォント種類の選択」ダイアログが開きます。「Stdフォント」はAdobe-Japan1-3(9,354字)に対応しています。

f:id:seuzo:20111119165148p:image

「次へ」ボタンをクリックすると、「フォントメトリクスの設定」ダイアログが開きます。アセントとディセントを設定してください。

f:id:seuzo:20111119165149p:image

「次へ」ボタンをクリックすると、「書体名の設定」ダイアログが開きます。フォント名や著作者情報を記入しましょう。

f:id:seuzo:20111119165728p:image

最後に「完了」ボタンをクリックします。OTEditの新規ドキュメントが開かれます。

f:id:seuzo:20111119165729p:image


2)フォントメニューの表示用字形を取り込む

MS Office製品やIllustratorなどでは、フォントメニューのフォント名にリアルフォントが使われます。もしこの字形を持っていないと、メニューが空白になってしまうので、表示用に字形を取り込んでおきます。

「ツール」メニューから「書体名文字へのグリフ取り込み」を選択します。

f:id:seuzo:20111119172358p:image

なんらかの日本語書体を選択して、OKボタンをクリックしてください。


【編集】文字の取り込み(インポート)

1)取り込みたい文字のコードポイントを合わせます

新規ドキュメントが開かれた状態では、コードポイントはUnicode 3042の「あ」を示しています。取り込む文字のコードポイントを指定するには、「表示」メニューから「他の文字...」を選択します。文字指定のためのダイアログが現れました。

f:id:seuzo:20111119173311p:image

直接文字を入力してもかまいませんし、UnicodeまたはCIDのコードポイントをタイプしてもかまいません。コードが特定されると、ウィンドウ上部のコードが変わったのが確認できます。

f:id:seuzo:20111119173312p:image


2)SVGのインポート

ここで最初に用意したIllustratorSVGを取り込みます。

「ファイル」メニューの「インポート」-「SVGファイル...」を選択し、Illustratorで作成したSVGを選択します。

f:id:seuzo:20111119174209p:image

f:id:seuzo:20111119174210p:image

このように字形のパスが取り込まれました。

f:id:seuzo:20111119174356p:image

ツールバーにある「塗りつぶしで表示/非表示」ボタンをクリックすると、塗りつぶしが正常であるかどうかが確認できます。

f:id:seuzo:20111119174357p:image

この時、塗りつぶしが正確でないなら、パスの方向を修正してください。「編集」メニューから「巻き方向の修正」を選びます。


【保存・使用】保存と使用

OTEditはOTFを直接編集しますので、Fontographerのような中間ファイルはありません。「ファイル」メニューから「保存」を実行すると、直接OTFを書き出します。

f:id:seuzo:20111119180221p:image

書き出したフォントは、所定のディレクトリに移動させ(Mac環境ならFont Bookから取り込んでも可)、システムに認識させてください。

f:id:seuzo:20111119180222p:image

InDesignの中でもこのように使えます。

f:id:seuzo:20111119181006p:image


注意事項

作成したフォントは必ず出力テストしてください。自宅にPSプリンタがなければ、出力先に必ず確認をすること。これはFontographerなどで作った場合も同じです。パス方向など、画面上では正常に見えていても実際の出力と異なる場合があります。ご注意あれ!

ron.ron. 2011/11/21 09:47 普段、Illustratorからコピペ。巻き方向の修正、オーバーラップ輪郭を削除するだけ。
ちなみに、50mmのスクエアに作字しています。

seuzoseuzo 2011/11/21 11:41 >ron.さん
お久しぶりでございます!

FontographerはIllustratorからパスのコピペができましたけれど、OTEditではできないような気がします。クリプボードの形式によるのでしょうか。

ちなみにFontographerがいつのまにか(ver.5から)OTFで書き出せるようになったみたいですね。知りませんでした。アップグレードしないとだけど、たいていOTEditで足りちゃってるからなあ。
http://www.kgdirect.jp/shopbrand/013/001/Y/

ron.ron. 2011/11/22 10:57 Mac版はできないのかな? もしかして...^^;
基本的に、Windowsでやるもので。

欧文のOTFフォント作るなら、Fontographerでないとファミリーとして認識しない
ことがあります。(必要な情報が欠落しているため)
まぁ、Mac完結ならそれでも良いのでしょうけど。

seuzoseuzo 2011/11/22 11:15 >欧文のOTFフォント作るなら、Fontographerでないとファミリーとして認識しない

そうですね。欧文のファミリーとかウエイトとか指定できないっぽいです。
ヒント情報とかも。
やはり、Fontographerは必要かな。
ありがとうございました。

tatutatu 2017/01/28 09:00 あの…パソコンに程遠い職業から
転職し、パソコンを使うことになったものですが、

頼まれた仕事が、まったくわからず困っています
基礎知識からして、乏しいので
ソフトのマニュアルを読んでもさっぱり
用語でつまずき前にすすみません

もし、よろしければ少しでも教えていただけないでしょうか。
Windowsです
このようなコメントもはじめてです。

記事の
OTEditで新規フォントを作成する

2)フォントメニューの表示用字形を取り込む
の部分がわかりません

簡単にいうとどのようなことなのでしょうか?
すみません…
教えて頂けないでしょうか。

seuzoseuzo 2017/01/28 10:01 tatuさん、こんにちは。
tatuさんがどのようなスキルをお持ちで、どのようなお仕事をお受けしているのか、またどのような困難を抱えておられるのかよくわかりません。このような場合、適当な答えはtatuさんを余計に混乱させてしまうと考えます。
もし、わからないことがあれば、それはお仕事をいただいたクライアント様にお訊きになるのが一番の近道です。
作業手順を教えていただけるかもしれませんし、代替案をいただけるかもしれません。
正直で密なコミュニケーションは、お客様との信頼関係にもつながります。
誠実な信頼関係こそ、お仕事にもっとも重要なものではないでしょうか? ソフトの使い方など二の次三の次です。

seuzoseuzo 2017/01/28 10:12 teruさん
もしteruさんの課題が「フォントを作る」ということでしたら、OTEditではなく、Glyphsを使うのがイマドキの流行です。この記事は2011年に書かれたものであり、流れの早い業界ではもう古い情報なのです。
Glyphsでフォントを作るなら、ものかの先生の
『Glyphsで日本語OpenTypeフォントを作る』http://tama-san.com/glyphs-japanese-font/
を参考にされるとよいでしょう。
+DESIGNING のムックにも記事になっています。

tatutatu 2017/01/29 10:42 seuzo様
まさか、お返事を頂けるとは(゜-゜)(。_。)!
感謝ですありがとうございます

おはずかしながら、私のスキルは、初心者です

よく家庭で使われている「LPガスのボンベ」。それに、ガスをつめ、各地に配送する会社に務めています
ボンベには、各社名などを、独自につくったフォントを使って、塗装します。
私の仕事は、塗装に使う、ステンシルシートを作成します。
ステンシルシート…プラスチックの板(小学生がつかう下敷きのような)を、大型のカッティングマシンでカットして作ります
今まで使っていたカッティングマシンやら、データをおくるパソコンやらを新しくするのに、
この機会に、イラレで独自に作った文字を、フォント登録しようということになりました
社内の業務ということです
私は入社し、この作業をまかされました

OTEditを使用するのは、アウトラインのフォントが作れるからだと思います
ステンシルシートにした時に、文字のカーブなどガタガタにならずに、機械がカットしてくれるようです


長々すみません…
イラレで作ってある文字を
OTEditでフォント登録したいです
可能でしょうか?
わが社オリジナルのひらがなや、数字、漢字などですが
これは外字にあたるのか?

その2点だけでも教えて頂けたらうれしいです

根本的なことをわかっていないため、OTEditがどのような構造でフォント登録していくのか、頭でイメージできてません
自分がなにが分からないのかが、わからないことが、
本当に情けないです

よろしくお願い致します

seuzoseuzo 2017/01/29 11:41 tatuさん
GlyphsでもOTEditでもアウトラインフォントは作ることができます。
しかしながら、フォントを作るのは単に「作る」以上の広範な知識が必要になります。
GlyphsでもOTEditも対象は印刷業者以上のツールなのです。
少なくとも、ちゃんとしたテスト環境なしに作ってよいものではありません。

もしそのような需要があれば、印刷会社さんなどの相談してフォントを作ってもらうのが一番安上がりで安全な方法になります。

tatutatu 2017/01/29 15:34 seuzo様

様々なご提案ありがとうございました。
上司ともう一度相談してみます
ありがとうございました!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/seuzo/20111119/1321703400
リンク元