Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2011-01-19

[][][][][]InDesign電子書籍の中間ファイルたりうるか?

2011年、電子2年(あるいは何度目の元年なのか)などと言われている昨今、電子出版への取り組みを始められた出版関係の方も多いと思います。電子出版とひとくちに言っても、アプリ形式のものからPDF、EPUB、専用フォーマットに至るまでさまざまな種類があります。なかでも、自社のコンテンツを構造化されたXMLやDB、または管理されたCMSに取り込む必要性を感じていらっしゃる方も多いかもしれません。

構造化されたコンテンツを取り出すために、組版ソフトのInDesignからのEPUB(XHTML)書出しに期待している方も多いでしょう。実際にそうしたワークフローを推奨する書籍やネット上の記事も散見されます。しかしながら、InDesignからのEPUB(XHTML)書出しは(現状では)まったく使い物になりません。ここで3つだけ理由を述べます。

まず、ひとつめにInDesignから書き出されたEPUB(XHTML)はまったく構造化されていません。ルビ要素などもなくなってしまいます。とある書籍では書き出されたデタラメなタグをパーサーも使わないまま、検索置換で置き換えるバッドノウハウが紹介されていたりします。こうしてできたEPUB(XHTML)は最早InDesignのコンテンツと同期していません。1度目はそれでよいかもしれませんが、再版時、修正時には膨大な手作業を伴います(もちろんここにはコストもかかります)。出版物は長いスパンで保存すべきコンテンツがあり、こうしたワークフローを続ければコンテンツの一意性の維持さえ難しい状況が生まれるでしょう。

ふたつめは、EPUB(XHTML)書出しを前提にしたInDesignドキュメントには、特別な配慮が必要です。InDesign内部のスタイル名の命名や種類に気を遣ったり、見出しや図版をひとつのストーリーに集約したりする作業です。過去データならば、最初にこれを作り直す必要があります。この作業でレイアウトが変わってしまうので、もう元の紙用版下にはなりません。新規で作成するとしても、紙面デザインの大きな制約になります。EPUB(XHTML)書出しを前提にするというだけで、デザインの制約を受けるなんて本末転倒ではありませんか。

みっつめは、わざわざ面倒なInDesignから書き出す意味がないということです。EPUB(XHTML)が必要ならDreamweaverとSigilを使う方が100倍簡単です*1。やってみればすぐにわかります。


近い将来、出版の制作は紙媒体より電子出版が先になるかもしれません。

紙を最初に作る理由はあるでしょうか? 情報コンテンツの「鮮度」から見れば、電子出版を先行させるのは理に叶っています。あるいは、電子版で売り上げの様子の見ながら、印刷流通コストのかかる紙に展開するのは穏当なやり方に見えます。

この時もし、InDesignのドキュメントを中間ファイルにしたワークフローが定着していたらどうでしょう? InDesignを仲介するワークフローは、この可能性を考慮していません。制作ワークフロー全体を見直す中で、大きな流れから1歩も2歩も遅れてしまうのではないでしょうか。

コンテンツはDBやCMSで管理されるべきです。こうした一次コンテンツから電子出版物を制作するソリューションは既にいくつかあります。紙媒体へ展開する必要があればDBからXMLを書出し、InDesignでレイアウトします(InDesignはずっと以前からXMLを扱えます)。InDesignはコンテンツの入れ物であって、紙媒体のためのデバイスです。


AdobeInDesignプロダクトをコンテンツのハブとして位置づけているようです。前述のEPUB(XHTML)書出しだけでなく、FLASH書出し、インタラクティブPDF、そしてAdobe Digital Publishing Suiteもあります。一見してにぎやかで、将来性があるように見えます。しかし、全体の道筋や方向性が違うような気がしてなりません。それは端的に成果物の完成度に現れています。たとえば、Adobe Digital Publishing Suiteでは、ユーザー操作のちょっとしたダイアログやビープを追加したりするようなUIのカスタマイズすらできません。そもそもこれをアプリと呼ぶのは正しくありません。細かい操作や振る舞いが制御できないのですから、根本的に違うなにかです。そして今後、(アプリとして)より多くのことができるように機能が追加され続けるとしたら、それはほとんど拷問に近い学習を意味するでしょう。また、将来性といったところで、それはアドビのロードマップに依存しすぎます。不具合があってもそれがいつ解消されるかわからない状況はワークフローを常に危うくします。アドビでは、かつていくつかのアーキテクチャが何の催告もなく突然打ち捨てられた過去もありました。(電子出版のワークフローが整っていない)今の段階で多様性はよい兆候ではありません。InDesignには組版ソフトとしてやるべきことがまだ山ほどあるんじゃないでしょうか。

*1:拙書、EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』はDreamweaverとSigilのみで作成しました。

2010-08-13

[][][][]iBooksでの<pre>タグの扱い

html上で、<pre>タグを使ってコード行を表しました。

<pre>[\d,]+(?![\d,円])</pre>

これをEPUBにするためにSigilでコンバートしてiPhoneiBooksで見たら、こんな感じになっちゃってます。iPadで見ても同じです(Thanks! あかつきさん情報)。

f:id:seuzo:20100813115511p:image

な、なんなのこの空白は... ちなみにCSSはこんな感じ。

pre {
	font-family: "MS ゴシック", "MS Gothic", "Osaka−等幅", Osaka-mono, monospace, "ヒラギノ角ゴ Pro W3";
	background-color: #eee;
	padding-top: 0.4em;
	padding-right: 0.5em;
	padding-bottom: 0.4em;
	padding-left: 0.5em;
}

ちなみに元のHTMLをブラウザで見ると通常に見えます。

f:id:seuzo:20100813120227p:image

もちろん、Adobe Digital Editionsでも正しく表示されています。あれあれ、おかしいな... と思っていたら、Twitterで@MurakamiShinyuさんにご指摘を受けました。

Twitter / 村上真雄 MURAKAMI Shinyu: pre開始タグ直後の改行をHTMLパーサなら無視する ... Twitter / 村上真雄 MURAKAMI Shinyu: pre開始タグ直後の改行をHTMLパーサなら無視する ...

最初は、いやそんなハズはないんだが...1行で書いてるし。などと思って実際のEPUBの中身を確認。こうなっていました。

<pre>
[\d,]+(?![\d,円])
</pre>

なにやってくれてんだ、コラ! 俺さまのコード書き換えるなよ。凸

仕方ないので、エディタで直しました。

f:id:seuzo:20100813120228p:image


つまり今回の件は...

1)Sigilは何かと面倒見がよすぎてちょっとおせっかいなおばさん。

2)iBooksはまだボーヤ

3)思い込みじゃなくちゃんとコード見ろ>俺

ってことでした。

2010-01-02

[][]2010年はJapan-eBook元年か?!

昨年くらいから、電子書籍のニュースがひっきりなしに入ってきて、年末には米国AmazonのKindle向け電子書籍販売がリアル書籍を超えたと発表などもあって、ハァハァしている日本出版業界であります。あれやこれや著作権がらみではではさんざんケツの穴の小ささをアピールした挙げ句、いまさらハァハァしている態はみっともないったらないですね。

おそらく日本でも電子書籍が広く普及するのは必至で、イザおいしいところはみんな胴元であるAmazonやAppleに持って行かれることでしょう。だってなんの準備もイノベーションへの寄与もしてこなかったんだもん。ざまあみろ。

つまり、現在あれやこれや推測されたり、ハァハァしている状況はすべてビジネスの文脈なのであります。では、テクニカルな文脈ではどうでしょう? たとえばAmazonへの登録はこんな感じ:

Amazon Digital Text Platform 1

Amazon Digital Text Platform 2

個人が印税35%の電子書籍を出版できる時代 - Amazon Kindleの衝撃:in the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ

HTMLでいいんじゃん、てな具合。ぼくらもまたなんの準備もイノベーションへの寄与もしてこなかったので、ぜんぶかっさらわれています。ざまあない。

しかしながら、縦書きビューアや日本語組版へのアプローチもいくつか出てきています。

ACCESS、EPUB規格準拠の電子書籍ビューア 「NetFront� Book Viewer EPUB Edition v1.0」を開発

電子書籍の活性化を見込む──モリサワの戦略:Enterprise:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2009/12/24

たいへん意欲的な取り組みで、諸手を挙げて賞賛したいところですが、ただ「きれいに読めるよ」あるいはユーザビリティの向上を掲げたとしても、まだ弱いような気がします。違うサービスとの連動やプラスαな機能によって価値づけが必要かもしれません。このへんは頭(とお金)の使いどころでしょう。SI屋さんにかっさらわれそうではありますが^^

InDesignがらみでは、昨年のAdobe Max 2009でColin FlemingさんによるInDesignのeBook書出しのデモムービーを見ることができます。

MAX 2009: Creating an eBook for Distribution on Sony Reader Digital Book, Amazon Kindle, and Apple iPhone

InDesignが書き出すePubはUCFコンテナフォーマットなんですね。初めて知りました。InDesignのePub書出しでは、すべてをインライン(またはアンカー付きオブジェクト)にしろってことらしいです。ちなみに日本語はバケちゃいますね。なんでだろう?

それにしてもInDesignから書き出す必然は全くないように思います。(インライン化の必要からして)コンテンツの使い回しはできないわけですし、CMSから外部ツールなりジェネレータを使った方がよほどスマートでしょう。InDesignから書き出すと「紙と違うじゃねーかヴォケ」と言い出す人が必ずいるし^^

そもそも(このビデオの冒頭の)「No Codeで簡単ダヨ!」などと言われて浮かれているのは、(ひいき目に言っても)騙されているとしか言いようがないです。No Codeで簡単であることはプログラミングなどによる100万の可能性をふたつみっつに制限しているに過ぎないわけですから。

どうやらInDesignの開発者は「なんでもおまかせ万能アプリケーション」として肥満デブデブにさせたいみたい。その結果、メニュー項目やパネル数が際限なくどんどんと増え、動作が重く鈍くなり、価格が上昇していくでしょう。InDesignは紙媒体のためのシンプルなプラットフォームに留まるべきです。コンテンツを引き込んでハブになる存在ではありません。



年頭にあたって身の丈以上のことを書きました。ご不快になった人には謝りますごめんなさい。謹賀新年。