Hatena::ブログ(Diary)

名もないテクノ手 このページをアンテナに追加 RSSフィード

EPUB版『InDesign者のための正規表現入門』

InDesignのTips一覧

2011-07-08

[]2011 東京国際ブックフェア&電子出版EXPO

東京国際ブックフェア*1&電子出版EXPOに行ってきた。以下自分用備忘録(まあいつもだけど)&鮮度の短い情報なので、あまり信用なさいませんように。


最初は写研。

なんといっても写研書体がデジタルフォントとして販売される(かも)しれない、ってのはみなさまの耳目も集めるニュースだろう。しかし、現時点では販売方法や時期などは未定だ。Webサイトもない写研では公の資料はまったくないので、聞き書きになってしまうのをお許しいただきたい。

まず、文字セットはAdobe Japan 1-4を基準にするらしい*2。ファイル形式はOpenTypeFontとのこと。MacやWin上でフツーに使えることを前提にしている。PDFへのエンベットや、アウトライン加工したものに関する制限は(商用の如何に関わらず)ないとのこと。WebFontについては検討中ということであった。

販売方法について、「モリサワ パスポート」のようなパッケージ方式にするか、1書体づつの単体販売にするかについてアンケートが実施されていた。もしパッケージ方式を採用すれば、「フォントワークスのLet's」の立場は危うくなると思う。Let'sを解約して写研にしようという動きがあるかもしれない。

写研書体が「美しい」と感じているのは、写植時代の人たちだと思う。ヤングなデザイナーには「ナニソレ?_?」かも。古い人たちが使いたいのは、MM-OKLや教科書体、BG/DG/MG、タイポスやアンチックなんかの基本書体なんじゃないの? だとすると、1書体づつ切り売りの方が有利な気がする。

まあ、それにしてもあまりに遅すぎたと言わざるを得ない。電子書籍需要を当て込んでいるとしても景気が冷え込んでいる今、投資タイミングでもないし。ぼくにとっても手放しで喜べるような気分でもない。しかし、ぼくらにとって写研書体はノスタルジー以上の何とも言えないしゅっとした感じがしてしまう。これはもう言葉にならない刷り込みの一種だ。だから、違う体験を重ねてきた人には同じ印象を持てないかもしれない。*3

ちなみ写研ブース内で行われていた「好きなフォントはどれ?」っていうのはどういう意味だったんだろう? もしかして何かのテスト? だったとした解答はこれでした。

f:id:seuzo:20110708110032j:image

写研じゃない書体も混じってますね。間違えた人はシロート認定ってことでしょう。こわいわー。


モリサワのブースで参考出品されていたMCMagazineは、かなり好感触だった。

モリサワ電子雑誌ソリューション「MCMagazine」(仮称)を第15回 国際電子出版EXPOに参考出品 | 企業情報 | 株式会社モリサワ

電子雑誌をターゲットにしたソリューション。一番のポイントはビューアーのレイアウト上のテキスト部分をタップするとテキスト専用の別ウインドウがポップアップして文章だけを別枠で読めること。ストーリーが続いていれば、そのウインドウのまま次ページのテキストも読める。すばらしいアイデア。同じ電子雑誌をターゲットにしたADPSの面目は丸つぶれだと思う。Adobeは胴元ではなく、いちプレーヤーであることが証明されてしまった。

開発途中のプロダクトなので、いろいろともの足りない部分もある。ポップアップするテキストウインドウはストーリー基準なので、テキストフレーム切れぎれのものはちょっとつらい。リンクされたAIファイルやPDFの中身はテキストとして拾えない。ポップアップの描画にもまだちょっとゴミが残るような感じがした。MCBookとの棲み分けが微妙で、アイデアだけならMCBookeに取り込まれてもおかしくないはずだ。


アンテナハウスのCAS-UBも興味深い。

クラウド型汎用書籍編集・制作サービス CAS-UB

ニューキャストのCPUB*4とにているが、PDFにアウトプットできるのはさすが。編集者権限の設定や、履歴管理もできる。

しかし、ベクター画像は基本的にSVGのみ(PDFやAIファイルはリンク不可)*5。ラスター画像はJPEG, PNGなどにかぎられる。コンテンツのインポート、エクスポートは、独自記法のテキストだけ。他のCMSにつながらないのは辛い。あと、UIがいまいち、いまに


タイトルに「東京国際ブックフェア」と書いたのだから、そちらの方も少し^^

毎年ひとつの国を「テーマ国」として、その国の出版物が展示されている。これが毎年興味深い。造本や組版の流儀がいろいろ見比べられて楽しいのだ。今年はスペイン。情熱の国だ。

その中でみつけた翻訳された日本の本。

f:id:seuzo:20110708110033j:image

左から、世阿弥の風姿花伝、三島由紀夫の(たぶん)禁色、種田山頭火の選集。日本人もなかなか理解できない叢書ぞろい。山頭火の選集には、ちゃんと日本語とその読み方が付いていた。うーん、ふかい。深いぞスペイン。


参照

Togetter - 「写研TL」

たまねぎIT戦士の国際電子出版EXPO Report:電子書籍の未来を感じ、最新技術を体験してきた――電子出版EXPO開幕 - 電子書籍情報が満載! eBook USER

第15回国際電子出版EXPO:写研、OpenTypeフォントを年内リリースすると発表 − MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

第15回国際電子出版EXPO:モリサワ電子雑誌ソリューション「MCMagazine」を参考展示 − MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

写研フォント(2) - lcs_kawamuraの開発記録 - Yahoo!ジオシティーズ

*1:ウチには招待券が7通とFax.まで届いたんだけど、もうちょっとなんとかなりませんかね?

*2:これはちょっと残念、AJ1-6基準で出していただきたいものだ

*3http://d.hatena.ne.jp/seuzo/20091115/1258224729

*4http://d.hatena.ne.jp/seuzo/20110202/1296645774

*5:なぜか表紙にはPDFが使えるらしい