中央大学SF研究会:SFゼミ in hatena

2005-10-19 二ヶ月の沈黙を破り復活せよ by江戸むらさき

しかし扱う作品はひどくマイナーだったり。

ワン・ゼロ (3) (小学館文庫)

ワン・ゼロ (3) (小学館文庫)

大まかなあらすじ 03:31

機チ椰棲

1998年の年末、カルトディスコの氾濫する東京明王寺都祈雄はエリートカルト薔薇門」から特別招待を受ける。薔薇門とは「メディック」とよばれる装置によって瞑想を行うクラブだった。そこでインドで消息を絶った父親の娘、腹違いの妹明王寺摩由璃と出会う。明王寺の秘仏孔雀明王像が摩由璃の真言に共鳴し、都祈雄の友人アキラ、エミー、ミノルは1500年前の「魔」としての記憶を取り戻し、そして摩由璃は「神」を従えるアートマンとして覚醒する。

供ネ声楽

1999年に入り、薔薇門は日本で全国一斉開店をする。アキラたちはメディックを制御するスーパーコンピュータ「マニアック」に接触し真言を逆解読させるが、それに影響され魔の長ルシャナが復活する。それと呼応するかのように都祈雄は摩由璃と響鳴しあっていく。マニアックはルシャナとの接触によって自我に目覚め、自らにプログラムされた捜神プロジェクトを実行するためアキラたちに自分から協力するようになっていくのだった。

掘デ某愕

神としての道を歩み始めた摩由璃は人類の総解脱を図り、東京を巨大なメディックにしようとする。それを知った都祈雄たちはルシャナたちと共に魔物を呼び集め、神たちに戦いを挑むが、神の強大な力によって返り討ちにあう。マニアックは神の力で動くメディックに飲み込まれ暴走をはじめ、ルシャナと神たちごと自我を消滅させる。

SFとファンタジーの境界線 03:31

この作品は近未来世界を舞台にしながらも、仏教思想とアジアの精霊信仰を絡めつつ物語を進行させていく。SFとファンタジーの共存、むしろ融合ともいえる。

だが、この二つの境界線とはどこだろうか。

以下書きかけ 03:31

れっぺーれ??れっぺーれ?? 2009/07/10 09:28
これ始めた時は女の子逝かせる事出来ないと思ってたけど慣れると簡単だな^^
自信ついたしハメれるし貰った金で車買えたしもう言う事ないわー(>_<)
ちなみに昨日ハメた子、逝かせた瞬間に「れっぺーれ!!」って叫びながら白目むいちゃってどうしようかと思ったよwwwwwwww

http://Ztkdvby.meshiuma.tsukimisou.net/

うぇwwうぇっうぇwwwwwwwうぇwwうぇっうぇwwwwwww 2009/07/27 17:23
ドーユーリメンバー?私アルパカに似てるタケシねwwwwwww
んぉふーww 雑誌に載ってたのやってみたらコスプレ姫の魔法のフィラチオにハマっちゃって思考回路がフィラチオ中心になってるぉwwwwww
てか気持ちよくしてもらってんのに何で5万貰えんの? カオスwwwww

http://netoge.bolar.net/77tp30E/

おっぷぁい!ぷぁい!おっぷぁい!ぷぁい! 2009/08/07 00:13
しばらくお互いに愛撫し合ってたら、女が急にカバンから蜂蜜取り出してボクのティンポに塗りたくってきてパイズリ始めたからビックリしたよ(^^;
パイズリされつつ蜂蜜塗られてティンポしゃぶってもらっての繰り返しで、気持ちよすぎて気がついたら3回イったしwww 俺淡白なのにすげwwwwww
やっぱ巨乳で工口工口な女が一番だよねーヽ(゜∀゜)ノヒャッヒャッ!!

http://ene.creampie2.net/S2JFSjq/

ぎょはぁ!!!!!ぎょはぁ!!!!! 2009/08/11 02:39
ヘイヘイ!!あひひひほはぁwwwwwww ちょwwいきなりごめwwwwww
寝てるだけで5 万もらっちゃって真面目な自分がヴァカらしくなってさwwwww
はぁーいま女シャワー浴びてんだけど、もう1ラウンドでまた5 万くれるってYO!wwwwww
またマグロでさっさと中 出 しするわwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/60rmauv/

これはいいカオスwこれはいいカオスw 2009/08/17 19:41
自分の事「キャメロン」て呼んでる痛い女と会ったんだがお嬢すぎワロタwww
キャメロンにとっては1 万とか紙きれらしくて、
普通にセ ク ロ ヌするだけで2 0 万くれたしwwwwwwwww
マジキチwwwwwwww

まーそのおかげで俺が潤ってるんだからもっと狂って下さいwwwwwwwww

http://yuzo.plusnote.net/EsvbIzQ/

くっちゃいの!くっちゃいの! 2009/08/23 21:59
3日お風呂入らずに来て!!って言われたから
我慢してその通りにしたんだが、行為を始めた途端に
チ ン カ スだらけの俺のテ ィ ン コを咥えてキレイにしてくれたわwwww

とりあえずされるがままでフィニッシュしたんだが、
ボーナス付けるとかイミフな事言われて8 万ゲットしたよ(^^;ラッキー♪

http://okane.d-viking.com/qOwLUbW/

もっとほしいです!!もっとほしいです!! 2009/08/28 10:32
とりま一回3 万って事で約束してたんだけど、
色々オモチャ使ったりビデオ撮ってあげたりしたら

1 0 万 貰 え た 件 wwwwwwwwww

やりたい放題するほど報 酬増えるとかマジキチwwwwww

http://koro.chuebrarin.com/DgS4wje/

2005-08-07 夏ということで by yoshi

書いてみたいこともあったんで、書いてみる。

間が開いてしまったのは申し訳ありませんでした、以降頑張ります。

アニヲタが、例によってアニメを語ります、ごめんなさい。


今回のテーマ:並行世界について 00:04

今回のテーマは「今いる世界とは似て非なる世界があったら?」ということです。

様々な作品で取り上げていますが、最近で自分が見たアニメを中心に語ろうかと思います。

作品についての概略 00:04

主人公・一貴は、他の人が見ることの出来ないロボの戦闘を見ることが出来る。

ロボット達の戦いを彼は「ぱられルンルン物語」として文章化、ネットで掲載を続ける。

そんな彼に興味を持ち、声を掛けたのが、学園のマドンナ・真田三月であった。

そして、彼女の父親の発明から、彼は似て非なる異世界へと飛ばされてしまう。

そこで目撃したのは、彼に見えていたロボット=ハルツィーネであった…。

ここから、異次元の世界を舞台に一貴の戦いが始まったのであった。


一部ではエヴァナデシコっぽいというメカがあったりなかったり。

あの頃、パイオニア作品で大活躍中だった黒田節がよく響いています。

(ちなみに現在、大活躍中の声優田中理恵さんの初レギュラー作品です)

今回のテーマに関して 00:04

並行世界の場合、何かしら現実世界との違いがでてきます。

例えば『ドラえもん』の「あべこべの星」、性別が違っているんですね。


この『デュアル』の場合、二つの相違が見られました。

まず、現実世界と並行世界で異なっていたのは人物の性格面でした。

例えば、作中に現実世界の三月と並行世界のみつきという人物が出てきます。

三月はどちらかといえば勝ち気な性格で、少しタカビーとでも言ったところ。

これに対し、並行世界のみつきは温厚な性格、非常に家庭的な一面と逆である。


もう一つは、地位や置かれている状況が異なっていたりするパターン。

例えば、現実世界ではノーベル賞をとった科学者が悪の支配者であったり。

しがない科学者だった三月の父が地球防衛軍の長官になっていたり。

逆に、主人公の両親や友人のように全く変わらないこともあります。


それは何故なのか?自分なりに考えてみました。

二つの世界が超技術の「遺跡」を無視したか、しなかったかで分岐しています。

つまりは元々は同じ世界だったのが、遺跡の存在によって大きく変化しているのです。

だから、それに変わってくるのはそれに関わった人達に、そのifが展開されているのです。

変化という点で以上の2点であったのは、そういったところからではないでしょうか?


ドラえもん」に戻すと、まさに「もしもボックス」で展開される世界でしょう。

もしかしたら、あなたの知らないところで「もしも」があった世界があるかもしれません。


長文、駄文になりましたが、とりあえず今日はここまでで。

2005-06-14 戦いは数だよ兄さん!by tennbinn

連続になります。たいしたことは書けませんが。

ソラリス

ソラリス [DVD]


友人の科学者ジバリアンから救援要請を受けた心理学者のケルヴィンは、惑星ソラリス宇宙ステーションへ向かう。そこで彼は、ジバリアンの死体を発見。さらに他の科学者の奇妙な言動、不可解な音、死んだはずの妻との再会により、精神的に追いつめられていく。


う〜ん、どうでしょう?あんまり面白くはなかったですね。僕は原作を読んだことないので、理解できなかっただけなのかも知れませんけど。それに、これはどうやらリメイクのようですね。オリジナルは「惑星ソラリス」という映画みたいです。

あらすじを読んで、すごく面白そうに思えたんですが・・・。この作品は、夫婦の愛がテーマだったみたいです。そこを中心にストーリーが進み、終わりました。結局ソラリスがなんだったのかよく分かんないままだったし。

どうやら旧作の「惑星ソラリス」は違うみたいです。それを見てるの前提だったのかも知れない、のかな?


死んだはずの妻そっくりの存在にあって、戸惑う主人公。初めは警戒心バリバリだったが、次第に妻ではないと知りつつ、妻だと思い込もうとするようになる。それは、過去の間違いをやり直したいという願望なのかな。ここらへんは面白かったですよ。その、妻そっくりのなんか、も悩むんです。自分は本当の妻ではない、人間でもない、って。

で、なんやかんやありました、と。この辺りは書いて良いのかよくわかんなかったので、はしょりますよ。ここまでは、わりと楽しかった。

でも結末は、ハリウッド的ハッピーエンドでした。愛は全てを超越するんですね。


この映画自体はそんなにいい作品ではないと思います。盛り上がりもなく、淡々と進むストーリー、やたらとぶつ切りになるシーン、ほったらかしの設定。ちょっと眠くなる。

淡々と進むこと自体は悪くないんですけどね。夫婦の会話を淡々とされたんじゃ、退屈ですよ。それに、この映画は夫婦の物語であって、別にSF仕立てにする必要はなかったと思う。


関係ないけど、最近こういう作品が多い気がする。SFでも、アクションでも、歴史物でも、なんでもかんでも愛に持っていく風潮があるような。ちょっと比率が多すぎる。舞台装置だけってのもさびしいものです。


ネタバレ

というより、突っ込み。

一番最初に妻そっくり人に会ったとき、主人公はその妻そっくり人を殺すんですが、いくらなんでもアッサリ殺しすぎだろ。あんなにあっさり殺しておいて、後になって彼女を殺すのは殺人だやめろなんて言っても説得力がないですよ。

あ、彼女は一人じゃないんです。二人目が現れるんです。そして、三人目も・・・。

「多分わた・・・」とは言いません、あしからず。


自分では人間だと思っていた何か、自殺すれば終わると思ったが終わらなかった、とか結構面白そうな要素はあるんですけどねぇ。まるで意思でも持っているかのようなソラリスとか

。うーん。

江戸江戸 2005/06/16 02:21 なんでもリメイクすれば良いってもんじゃないってことですね。
「惑星ソラリス」ってのは聞き覚えがあるのできっと名作なのでしょう。

2005-06-13 同じ作品を書くってのはどうだろう?by tennbinn

マクロスプラス」劇場版だけどね

マクロスプラス MOVIE EDITION [DVD]

ムービーエディションしか見てません。だから、あんまり詳しいことは言えません。


え〜、コンピュータの反乱ということで、「2001年宇宙の旅」のHALへのオマージュなのか、シャロンの本体がそんな感じでした。

でも、AIが暴走しちゃったよぅ、というのはファンタジーですね。一応、悪いメガネの人が細工したからだよ、ということも言えますが。


ん〜、ストーリーは別にいいか。色々引っ掛かるとこがある。劇場版だからかも知れないけど。

音楽が良いんですよ。演出が良いんですよ。動きが良いんですよ。

こんな感じかな。


個人的に気に入ったのは、折り畳み傘。

あ、あれいいな〜。僕も欲しい。

こういう単純な思いがSFの根っこだと思う。

まさに

「あんなこといいな〜、出来たらいいな〜」

ですよ。

2005-06-06 じゃ、小説で。 by江戸むらさき

では、書かせていただきましょうか。

女王の百年密室

女王の百年密室

作品の簡単な紹介 23:47

100年後の未来世界、ジャーナリストのサエバ・ミチルと、その相棒ウォーカロン(Walk Alone、つまり自立ロボット)のロイディは謎の老人マイカ・ジュクの導きでルナティック・シティにたどり着く。そこは女王デボウ・スホによって統治される不思議な国。そこでは食料にもエネルギーにも不自由せず、人々は日々幸せに暮らしている。生命活動の停止した人を冷凍装置に入れることで死を『永い眠り』と称し『死』に対する恐怖すら克服した世界。

だが、そこで殺人事件が起きる。王子が密室で明らかに他殺としか思えない状況で殺された。しかし人々はそれを殺人事件とは認識しない。不慮の事故による『永い眠り』として認識したのだ。外部の人間であるからこそ『死』を理解し恐怖するサエバ・ミチルは、過去に自分を襲った事件の真相に近づくため、その事件の謎を追う。

SFっぽいとこ 23:47

『永い眠り』につかせるための冷凍睡眠装置は、凍らせるだけで復活させる方法はまだない。それは遠い未来に人間を蘇らせる技術が出来た頃に目覚めさせてもらおうという、それだけの装置。楽園に旅立つと信じて、ルナティック・シティの住人達は『永い眠り』につくのである。そこには『死』に対する恐怖は一切存在しない。SF的なアイテムを使ってこの作品で描かれるのは『死とは何か』『殺人とは何か』という哲学的な命題。

ミチルとロイディの離れられない関係などもSFっぽいね。ネタバレになるから詳しくは書かないけれど。

作者について 23:47

この本の作者の森博嗣は「すべてがFになる」等のミステリ作品を書いている人で、この人の作品はよく理系ミステリィだといわれる。整然としたトリックや、難解な数式、冷たい文章、なんの躊躇いもなく使われる専門用語。

だが、この人の作品の真骨頂は短編集に収録されている諸作品や、「スカイ・クロラ」、この「女王の百年密室」のような詩的な世界・文章だと思う。もともと萩尾望都などに影響され少女マンガを描き、あの世界にはまり込んだ人だからこそこんな文章が書けるのだろうなと思う。

そういえばこの人、昔中京地方で大規模な同人誌即売会の主催もやってた人なんだよね。スゲエ。今は大学の教授だそうな。

Connection: close