楽土建設の革命児たれ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

プログ村というのに参加してみた。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ気の向いた方はポチっとして下され。

2009-06-27

[][]楽しみきっていく人生


 「実教の人」の功徳がどれほど大きいのか。会長は明快に語った。

 「実教の法華経を信ずる人は即ち当体の蓮華・真如の妙体是なり」(御書511頁)

 「『実教の法華経を信ずる』。すなわち、この『法華経』の所詮は御本尊です。

 三大秘法御本尊を信受する人は、すなわち当体蓮華です。『真如の妙体』ということも同じなのです。

 法華経を読むと、とにかく多い言葉が『此の経を持てば』なのです。不議な言葉です。

 法華経二十八品だけを読むと茫漠として、分かりずらいが、要するに、『此の経を持てば』と言っているのです。

 『此の経』とは、ぜんぶ御本尊のことを指しているのです」

 「此の経」を持てば、どうなるのか。会長は続けた。

 「次に、『清浄妙無比なるを妙法華経と称す』(御書511頁)――清浄にして妙なること、比ないことを妙法蓮華経と称するのである――とあります。

 『清浄妙無比』ということは、『大白蓮華』と訳してもいい。

 または、当体蓮華と訳してもいいし、常楽我浄と訳してもいいのです。

 いずれにしても、若々しく、智恵が働き、健康で、人生を楽しみきっていけるのです」

【大白蓮華 H21年7号69Pより】

御本尊が根本!

師の指導は明快です。

おろかな御本尊軽視(御本尊迹論)に振り回されないようにしていきたいものです。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sgi-kusunoki/20090627/p2
Connection: close