楽土建設の革命児たれ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

プログ村というのに参加してみた。にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ気の向いた方はポチっとして下され。

2013-07-11

[][]意見発信


前回の発信は、ちと愚癡めいているように取られるような内容だったので、意見発信ということで、ちと切り口を変えてみよう。


昔は、文化祭・体育祭・夏期講習会等連れ出すだけでOKの「人材育成(訓練)」の場がありました。

大きい単位で「信心の触発」を、促していたわけです。

いわば「大リーグ養成ギブス型」の人材育成というか、力技で信心を打ち込んでいたんですね……。

私は「最後の夏期講」に参加したこともあり、少しだけ経験してます。

「信行学」ではなく「信行力力」と先輩がギャグでよく言ってました・・;


しかし、創価ルネサンス以降、そういう大人数での人材育成は無くなりました。

ソフトパワーの提言がありましたが、それに沿って方向転換したのではないかと思います。

組織の上では、地区・支部・本部に人材育成が一任されたわけです。

「常識豊かに」という、もともとの学会の原点に立ち返ったともいえます。

大人数での行動は奇異な目で見られることが多いですからね。


この小単位での人材育成が、組織としてうまく機能すれば「風通しのいい理想に近い組織」が出来上がったのではないでしょうか?

と、個人的にはいつも思うのです。

現実には、あまりにも多い報告と会合中心型の運営になってしまって、地区・支部以上の正役職者が多忙すぎて「地域広布の勇者」を育て上げる時間が無い。

正役職者の負担が大きすぎて、結局この前書き込んだようなことになってしまっているのではないかと思うのです。


私は、支部or本部単位で「聖教研鑽」「大白研鑽」「教学研鑽」の四者合同大学校みたいなのができればいいのではないかと思います。

小単位での「集合離散」の戦いを活動のメインにしていくというわけです。


香川県は、昨年から人口減の時代に突入しました。

私の、派遣地域は人の出入りも少なく。

今後、10年くらいは今のやり方でもいけるでしょうが、20年すれば学会メンバーが半分ぐらいに減ることが予想されます。


会社組織のように、「目標だけを垂れ流し」「細かい報告」を取るだけのシステムはすでに限界にきているのではないでしょうか。

うるとらまんうるとらまん 2013/07/17 12:15 会合運営中心になっていますね。残念なのは、それではいけないとみんな思っていても惰性の法則に従っていることです。

甚平甚平 2013/11/07 08:17 甚平は壮年部ブロック長です。
組織ののとは深く知りませんが、定例勉強会があれはいいなあと同感します。
例えば、地区協議会の後の半時間とか定例化することがポイントだと思います。
あったり無かったりでは駄目です!継続的開催して対応して欲しいとのぞみます。

bigsalebigsale 2013/12/04 21:47 初めまして。突然のコメントすいません。
1961年生まれ1980年入会の壮年部です。

>ちと愚癡めいているように。。

とんでもありません。正論です。全く同感です。
建設的なご意見と思います。

改革すべきは職員すなわち上の大幹部です。
以下の幹部の殆どがイエスマンですよね。

役職はある種権力です。権は権教の権
仮の力です。
役職を解かれた瞬間に力を失う幹部っていませんか?
家庭訪問に同行すればモロです。
教科書通りか?空気読めよ。(ボソっ)

実教の実。実力をつけるしかないですよね。

方面幹部は『もしドラ』でも読んでマネージメントを
学んでもらいたいものです。(笑)

だいたい町内会長、学区役員、PTA等も
やったことのない人たちばかりが立てた作戦が
上手くいくはずありません。
分からないことを自覚してなぜ?
情報収集をしないのか不思議です。

バルチック艦隊はなぜ負けたのか?
統制がとられすぎて
臨機応変の対応ができなかったからですとは
先生の指導です。(笑)

おっとここは批判のためのブログじゃないですよね。
すいません。

私は対案なき意見はリアルの場では言いません。
批判だけならどこかの政党と同じですから。

粛々と家庭訪問。個々での同盟唱題に励んでまいります!

sgi-kusunokisgi-kusunoki 2014/01/05 05:49 うるとらまんさん
私もそう思います。

甚平さん
「小単位」ってのが大事なんじゃないかなーと個人的には思ってます。
定例勉強会いいですねー^^

bigsale さん
ありがとうございます。
やっぱ「現場主義」に立ち返らんといかんと私も思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sgi-kusunoki/20130711/p1
Connection: close