Hatena::ブログ(Diary)

ロボットを作りたい

2009-02-11 Macで開発環境構築

時間がかかりましたが、MacOSX上にH8の開発環境のベースを作りました。


コンパイラのコンパイル

06:45

次のページを参考にして、binutilsgccnewlibコンパイルを行います。

$ cd binutils-2.15
$ sudo ./configure --prefix=/usr/local/h8300-hms --program-prefix=h8300-hms- --target=h8300-hms
$ sudo make CC='cc -no-cpp-precomp' CFLAGS="-O2 -fomit-frame-pointer" all
$ sudo make install

$ cd gcc-3.4.3
$ sudo ./configure --prefix=/usr/local/h8300-hms --program-prefix=h8300-hms- --target=h8300-hms --enable-languages=c --with-newlib --with-headers=/usr/src/newlib-1.13.0/newlib/libc/include
$ sudo make CC='cc -no-cpp-precomp' CFLAGS="-O2 -fomit-frame-pointer" all
$ sudo make install


$ cd newlib-1.13.0
$ sudo ./configure --prefix=/usr/local/h8300-hms --program-prefix=h8300-hms- --target=h8300-hms
$ sudo make CC='cc -no-cpp-precomp' CFLAGS="-O2 -fomit-frame-pointer" all
$ sudo make install

USBtoSerialドライバのインストール

06:45

手持ちのUSBtoSerialがBaffalo製で、調べたら供給元メーカーがドライバを提供していたので、使ってみたけどH8との通信ができなかった(Windowsとの通信はできた)。なので、SourceForgeドライバを使った。

http://sourceforge.net/projects/osx-pl2303/

H8Writerをコンパイル

06:45

H8書き込みソフトOpen SH/H8 writerからソースをダウンロード。ソースのヘッダでFreeBSDの箇所を有効にする。で、コンパイルして、適当な場所にコピーしておく。

$ gcc -o h8rite h8write.c
$ sudo cp ./h8write /usr/local/bin/

コンパイルしてみる

06:45

とりあえず、次のようなソースを書いてみた。

#include "reg3067.h"


int main(void)
{
	int a;
	int b;

	P4DDR = 0xff;
	a=0;
	b=1000;

	P4DR = 0xc0;
	while(1)
	{
		if(a==0)
		{
			P4DR = 0xc0;
			a = 1;
		}
		else
		{
			P4DR = 0x00;
			a = 0;
		}

		while(b>0)
		{
			b=b-1;
		}

		b=100000;
	}
}

このソースは、AKI-H8/3069 LAN対応版用I/OボードのLEDを点滅させるもの。このソースをled.cとする。で、スタートアップルーチンをhttp://mes.sourceforge.jp/h8/h8osv1/crt/index.htmlからダウンロードし、次のようにしてmotファイルを作成する。

$  h8300-hms-gcc -T rom3068.x -nostartfiles -mh -mrelax -mint32 -O2 -W -Wall -o out.coff 30xxcrt0.S led.c
$ h8300-hms-objcopy -O srec out.coff out.mot

で、H8へ転送。

$ h8write -3069 -f20 out.mot /dev/cu.(USBtoSerialのパス)

で、実行したら、点滅した。

次にすること

06:45

  • 汎用なMakefileを作りたい(Makeの勉強しなきゃ!)。
  • Eclipseを使った開発環境を作る。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証