Hatena::ブログ(Diary)

読み捨てられてゆく言葉たち このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-06-15 シラスホッピー

| 10:23 | ■を含むブックマーク

昨日は本当なら「アプリコットバス百貨店」に行き、惑星ピスタチオの上映会に参加し、西田シャトナー保村大和サインを貰って来ようとDVDまで持って行ったのだが、昨日の日記にも書いたように右目がどうしようもなく痛くてどうにもならなかった。定時で退社して会社近くの眼科で6時までやっているところをネットで調べていたので急いで向かったら「今日はもう終わりました」とか言いやがる。なんじゃそりゃ!。まだ5時20分だぜ。ありえん。こんな店二度と来るか状態。

これでもう完全にすべてのやる気が失せ、上映会を諦めて地元の駅までトボトボと帰り、7時までやっている眼科を見つけて診療してもらう。いつもよりも強い薬をもらって幾分楽にはなったが、気分的には落ち込み。少しでもピスタチオ気分を味わおうと『離婚弁護士2』に出ている佐々木蔵之介を見て気を紛らわすが、余計にピスタチオのことを思い出して哀しくなってきた。それにしても蔵之介、戸田恵子ツッコミかますほどの役者になったとはなあ。そういや、以前に蔵之介のプロフィール調べてたら、NHK-FMで『家守綺譚』を朗読してたよ。聴きたかったなあ。

まあ、とにかく目のせいで偏頭痛にはなるわ散々な一日でしたわよ。

K-1 JAPAN GP 2005

| 15:26 | K-1 JAPAN GP 2005を含むブックマーク

すっかり忘れてたけど、そういや昨日見たんだった。それくらいインパクトのない試合。

いちいちしょぼい試合ばかり。一回戦は全て判定だし。それも最終ラウンドは全員スタミナ切れて泥仕合。これを見ながら「いい試合だ」と言える解説陣が逆に凄い。とにかく技術があまりに低レベル。こういう試合を見てると武蔵はなんだかんだいっても日本人選手の中ではひとつ抜けてるなあ、と思う。

まずパンチばかりなんだよね。しかもまともにヒットしないパンチ。ローで崩して、とか上下に打ち分けて、とかそういう攻防がない。とにかく近距離でこづきあい。そればかり。つまらんよなあ。これがグッドリッジとかの試合ならスキルがなくても一発があるからまだ見応えもあるけどね。今じゃバンナでさえ、ローやミドルを駆使してるってのに、パワーで劣る日本人がこんな戦い方してたらそりゃダメだわな。

で、サップですが、緒戦を見た限りではK-1ルール初挑戦(だよな?)の中尾相手に判定じゃアカンわ。こりゃ、優勝も出来ないかも、と思ったんですがジャパン勢の不甲斐なさはその上を行き、結局優勝。キックのバリエーションとかは増えてたけど、最終的には特攻して相手をコーナーに押し付けてのブン回し。ただ、サップはやっぱりこれでいいと思うんだよね。それよりもスタミナですよ。相変わらず息切れが早い。追い込んだらとにかく相手が倒れるまでは打ち尽くすくらいの気持ちじゃないと。基本的には体ぶち当てて相手をコーナーまで吹っ飛ばす、あとは滅多打ち。やっぱこれでいいんじゃないでしょうか。っていうかそれ以上の期待をサップにはしてません。

準決勝の堀は、スタミナ切れもあったんだろうけど、サップから逃げ切れなかった。ただ、ローとか打てないのかね?。サップの弱点がボディとローってのは誰もが知ってると思うんだが。なんでこづきあっちゃうのかね?。中迫戦でもそうだし、他の選手もそうだけど立ち技やるんならもっとローの練習してこいと。サップのローのがよっぽど効いてたよ。

決勝の富平はもうなにもなかったですね。ただ打たれ強さをアピールしただけ。しょうもない試合でした。なんか多少は見せて欲しかったんだけどね。見所、というか見せ場がサップのスタミナ切れのシーンだけってのはなあ。しかも全然それを活かせないしね。

最近のK-1はかなりヤバイと前々から書いてるけど、ジャパンの試合ってのはもはや見るべきものがありませんよ。武蔵もいないし、ペタスもいないし。正直、GPにジャパン枠はいらないと思う。レベル落とすだけ。

そんな中でもスーパーマッチでは、セフォーがさすがのところを見せてくれた。ショートフック一閃。ブーメランフックというほどの切れ味ではなかったけど、さすがのタイミング。「ちょっと本気出しちゃったらこんなもんよ」と言わんばかり。

チェ・ホンマンもショートでいいパンチ出してた。少なくとも腕が延びないとダメな曙よりもかなり可能性はある。ただ、彼の場合もどれだけローに耐性があるかだと思う。しかしあの膝は脅威だね。意外に楽しみです。

gakusigakusi 2005/06/15 11:38 そのせいか駄洒落も散々ですな。

shakashaka 2005/06/15 13:44 さすがに日に日にネタに詰まってくる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shaka/20050615
Connection: close