Hatena::ブログ(Diary)

英文学をゼロから学ぶ

2017-07-21

『ララビアータ(片意地娘)』を原文で読む(第37回)

(テキスト72ページ、1行目〜)

Er fühlte heftige Schmerzen an der Hand, setzte sich auf einen Schemel und löste den Verband.

fühlen(他)(肉体的に)感じる、知覚する(英:feel)(過去:fühlte)(過分:gefühlte)(完了:haben)

heftig(形)激しい、強烈な、ひどい(英:violent)

der Schmerz(男)(身体の)痛み、苦痛(英:pain)(複:Schmerzen)

an(前)(近接・接近)(どこに)(3格と)〜のきわ(そば)に、〜のきわ(そば)で、〜に(で)(英:at、on)

die Hand(女)手(英:hand)(複:Hände)

setzen再帰)sich4格 setzen 座る、腰かける(英:sit down)(過去:setzte)(過分:gesetzt)(完了:haben) ・du setzt ・sich4格 auf einen Stuhl setzen いすに座る

auf(前)(上面との接触)(どこへ)(4格と)〜の上へ、〜(の上)に

der Schemel(男)(背もたれ・ひじ掛けなどのない)いす、ストゥール(複:Schemel)

lösen(他)(結び目・ねじなど4格を)ほどく、解く、緩める(英:loosen)(過去:löste)(過分:gelöst)(完了:haben) ・du löst

der Verband(男)包帯(英:bandage)(複:Verbände)

Das zurückgedrängte Blut schoß wieder hervor, und die Hand war stark um die Wunde angeschwollen.

zurück|drängen(他)(反乱・感情など4格を)抑える、抑制する(完了:haben)

das Blut(中)血、血液(英:blood)(複:なし)

schießen(自)(方向を表す語句とともに)(水などが)吹き出る(過去:schoss)(過分:geschossen)(完了:sein)

wieder(副)(繰り返して)再び、また(英:again)

hervor〜(分離動詞の前つづり/つねにアクセントをもつ)((後ろまたは奥から)前へ・外へ)

stark(副)強く、激しく、ひどく

um(前)(4格とともに)(空間的に)〜の周りに(を)、〜を回って(英:round、around)

die Wunde(女)傷、創傷、傷口(英:wound)(複:Wunden)

geschwollen schwellen(ふくれる)の過分

an|schwellen(自)(足などが)はれる(完了:sein)

Er wusch sie sorgfältig und kühlte sie lange.

waschen(他)洗う(英:wash)(過去:wusch)(過分:gewaschen)(完了:haben) ・du wäschst、er wäscht

sorgfältig(形)入念な、綿密な、注意深い(英:careful)

kühlen(他)冷やす(英:cool)(過去:kühlte)(過分:gekühlt)(完了:haben)

lange(副)長い間、長く(英:long)(比較:länger)(最上:am längsten)

Als er sie wieder vorzog, unterschied er deutlich die Spur von Laurellas Zähnen.

als(接)(従属接続詞/動詞の人称変化形は文末)〜したときに(英:when、as)

vor|ziehen(他)(物4格をポケットなどから)引っぱり出す、取り出す(過去:zog 〜 vor)(過分:vorgezogen)(完了:haben)

unterscheiden(他)(人・物4格を)はっきり見てとる(聞きとる)(過去:unterschied)(過分:unterschieden)(完了:haben) ・du unterscheidest、er unterscheidet

deutlich(形)はっきりした、明瞭(めいりょう)な、明らかな(英:clear)

die Spur(女)(ふつう複)痕跡(こんせき)、名残(複:Spuren)

von(前)(3格とともに)(2格・所有代名詞の代用)〜の(英:of)

der Zahn(男)歯(英:tooth)(複:Zähne)

„Sie hatte recht,“ sagte er.

recht(形)正しい、間違っていない/(名詞的に)recht haben(言ったこと・考えたことが)正しい

sagen(他)(事4格を)言う、述べる(英:say)/(引用文とともに)(過去:sagte)(過分:gesagt)(完了:haben)

„Eine Bestie war ich und verdien' es nicht besser. Ich will ihr morgen ihr Tuch durch den Giuseppe zurückschicken. Denn mich soll sie nicht wiedersehn.“

die Bestie(女)人でなし、残忍な人間(複:Bestien)

verdien'→verdiene

verdienen(他)(称賛・罰など4格に)値する、ふさわしい(英:deserve)(過去:verdiente)(過分:verdient)(完了:haben)/(esを目的語として成句的に)Er hat es nicht besser verdient. 彼がそうなったのも仕方のないことだ。

wollen(助動)(話法の助動詞)(zuのない不定詞とともに)〜するつもりだ、〜しようと思う、〜したい(と思う)(英:will、want)(過去:wollte)(過分:wollen)(完了:haben) ・ich will、du willst、er will

morgen(副)あす、あした(英:tomorrow

das Tuch(中)(さまざまな用途の為に加工された)布(英:cloth)(複:Tücher)

durch(前)(4格とともに)(媒介・手段・原因)〜によって、〜を直して

Giuseppeイタリアの男の名。ドイツのJosephに当る。

zurück|schicken(他)(郵便物など4格を)送り返す、返送する(完了:haben)

denn(接)(並列接続詞)というのは〜だから(英:for)

sollen(助動)(話法の助動詞)(zuのない不定詞とともに)(主語以外の人の意志)(話し手の意志)〜して欲しい、〜させよう(過去:sollte)(過分:sollen)(完了:haben) ・ich soll、er soll

wiedersehn→wiedersehen

wieder|sehen(他)(人4格に)再会する、(物4格を)再び見る(過去:sah 〜 wieder)(過分:wiedergesehen)(完了:haben) ・du siehst 〜 wieder、er sieht 〜 wieder

―Und nun wusch er das Tuch sorgfältig und breitete es in der Sonne aus, nachdem er sich die Hand wieder verbunden hatte, so gut er's mit der Linken und den Zähnen konnte.

nun(副)今、今や(もう)、今度は(英:now)

aus|breiten(他)(たたんだもの4格を)広げる(英:spread)(過去:breitete 〜 aus)(過分:ausgebreitet)(完了:haben) ・du breitest 〜 aus、er breitet 〜 aus

in(前)(空間的に)(どこに)(3格と)〜の中に、〜の中で(英:in)

die Sonne(女)(複なし)太陽、日(英:sun)(複:Sonnen)

nachdem(接)(従属接続詞/動詞の人称変化形は文末)〜したあとで、〜してから

verbinden(他)(人・物4格に)包帯をする(過去:verband)(過分:verbunden)(完了:haben) ・du verbindest、er verbindet

so(副)(程度を表して)それほど、そんなに

gut(形)(質的に)良い、上等の、上手な(英:good)(比較:besser)(最上:best)

er's→er es

mit(前)(3格とともに)(手段/材料)〜で、〜を使って

die Linke(女)(語尾変化は形容詞と同じ)(ふつう単)左手

können(助動)(話法の助動詞)(独立動詞として/不定詞なしで)できる、やれる(過去:konnte)(過分:gekonnt)(完了:haben) ・ich kann、du kannst、er kann

Dann warf er sich auf sein Bett und schloß die Augen.

dann(副)それから、そのあと(英:then)

werfen再帰)sich4格 werfen(方向を表す語句とともに)(〜へ)身を投げかける、倒れ込む(auf)(過去:warf)(過分:geworfen)(完了:haben) ・du wirfst、er wirft

das Bett(中)ベッド、寝台(英:bed)(複:Betten)

schließen(他)閉める、閉じる、(服など4格の)ボタンを掛ける(英:close、shut)(過去:schloss)(過分:geschlossen)(完了:haben) ・du schließt ・die Augen4格 schließen 目を閉じる

das Auge(中)目、眼、眼球(英:eye)(複:Augen)/(目的語として)die Augen4格 schließen 目を閉じる

Der helle Mond weckte ihn aus einem halben Schlaf, zugleich der Schmerz in der Hand.

hell(形)明るい(英:bright)

der Mond(男)(複なし)目(英:moon)(複:Monde)

wecken(他)(眠っている人4格を)起こす、(人4格の)目を覚まさせる(英:wake)(過去:weckte)(過分:geweckt)(完了:haben) ・人4格 aus tiefen Schlaf wecken 人4格を深い眠りから起こす

aus(前)(3格とともに)(内から外へ)〜(の中)から(英:from、out of)

halb(形)半分の、2分の1の(英:half

der Schlaf(男)眠り、睡眠(英:sleep)

zugleich(副)同時に

Er sprang eben wieder auf, um die pochenden Schläge des Bluts in Wasser zu beruhigen, als er ein Geräusch an seiner Tür hörte.

sprang springen(跳ぶ)の過去

auf|springen(自)飛び上がる(完了:sein)

eben(副)ちょうど(今)、たった今、今しがた(英:just)

um(接)(zu不定詞句とともに)(目的を表して)〜するために

pochen(自)(心臓・血管などが)どきどき(鼓動)する(過去:pochte)(過分:gepocht)(完了:haben)

der Sclag(男)(規則的に)打つこと、打つ運動(複:Schläge

das Wasser(中)(複なし)水(英:water)(複:Wasser)

beruhigen(他)静める、落ち着かせる、安心させる(英:calm)(過去:beruhigte)(過分:beruhigt)(完了:haben)

als(接)(主文の表す事象の直後/主文にはふつうkaum、geradeなどがあり、定動詞は完了形であることが多い)(ちょうど〜し終わった、〜であった)そのとき

das Geräusch(中)物音(英:noise)(複:Geräusche)

die Tür(女)戸口(英:door)(複:Türen)

hören(他)(音・声など4格が)聞こえる、(人4格の)声(足音)が聞こえる(英:hear)(過去:hörte)(過分:gehört)(完了:haben)

„Wer ist da?“ rief er und öffnete.

wer(代)(疑問代名詞)だれ(が)(英:who)

da(副)(話し手から少し離れた場所を指して)そこに、あそこに(英:there)

rufen(他)(〜と)叫ぶ、大声で言う(過去:rief)(過分:gerufen)(完了:haben)

öffnen(他)開ける、開く(英:open)(過去:öffnete)(過分:geöffnet)(完了:haben) ・du öffnest、er öffnet

Laurella stand vor ihm.

stehen(自)立っている、(立てて)置いてある(英:stand)(過去:stand)(過分:gestanden)(完了:haben)

vor(前)(空間的に)(どこに)(3格と)〜の前に、〜の手前に(英:in front of)

Ohne viel zu fragen、 trat sie ein.

ohne(接)(zu不定詞句またはdass文とともに)〜することなしに、〜しないで

viel(形)(名詞的に)(複なし/単数中性で)多くのもの(こと)(1格、4格で格変化語尾がつかないことがある)

fragen(他)(4格とともに)(人4格に)尋ねる、問う、質問する(英:ask)(過去:fragte)(過分:gefragt)(完了:haben) ・人4格 事4格 fragen 人4格に事4格を尋ねる

ein|treten(自)(部屋などに)入る(英:enter)(過去:trat 〜 ein)(過分:eingetreten)(完了:sein) ・du trittst 〜 ein、er tritt 〜 ein

Sie warf das Tuch ab, das sie über den Kopf geschlungen hatte, und stellte ein Körbchen auf den Tisch.

warf werfen(他)(じゃまなものなど4格を)投げ捨てる、脱ぎ捨てる(完了:haben)

das Tuch(中)(さまざまな用途のために加工された)布(英:cloth)(複:Tücher)

über(前)(4格と)〜を覆って、〜の上に

der Kopf(男)頭、頭部(英:head)(複:Köpfe)

schlingen(他)(A4格 um B4格 schlingen)(A4格をB4格の周りに)巻きつける、からませる(過去:schlang)(過分:geschlungen)(完了:haben)

stellen(他)(物4格を)立てる、(立てて)置く(英:put)(stellte)(過分:gestellt)(完了:haben) ・Sie stellte die Vase auf den Tisch. 彼女は花びんをテーブルの上に置いた。

der Korb(男)かご、ざる(英:basket)(複:Körbe)

〜chen(中性の縮小名詞をつくる接尾/幹母音がa、o、u、auの場合は変音する)(小・親愛・軽蔑

der Tisch(男)テーブル、机、食事(英:table)(複:Tische)

【参考文献】

ララビアーア (大学書林語学文庫)』藤本直秀・訳注(大学書林

アポロン独和辞典』(同学社)

独和大辞典』(小学館

2017-07-20

『嵐が丘』を原書で読む(第6回)

(テキスト7ページ、1行目〜)

Not anxious to come in contact with their fangs, I sat still— but, imagining they would scarcely understand tacit insults, I unfortunately indulged in winking and making faces at the trio, and some turn of my physiognomy so irritated madam, that she suddenly broke into a fury, and leapt on my knees.

not(副)(述語動詞・文以外の語句を否定して)〜でなく

anxious(形)切望して(+to do)

come(自)(ある状態・結果に)なる、変わる

in(前)(状態を表わして)〜の状態に(で)

contact(名)接触 ・come in contact with 〜と接触する

with(前)(接触・交際・結合などを表わして)〜と

their(代)彼ら(彼女ら)の

fang(名)(オオカミ・犬などの)きば、犬歯

sit(自)座る、腰かける(+補) ・sit still じっと座っている

still(形)静止した、じっとした ・sit still じっと座っている

imagine(他)(特に誤解したり、証拠もなく)(〜と)思う、考える(+that)

scarcely(副)ほとんど〜ない

tacit(形)言葉に表わさない、無言の

insult(名)侮辱行為、無礼なこと

unfortunately(副)運悪く

indulge(自)ふける、ほしいままにする(in)

in(前)(行為・活動・従事を表わして)〜して、〜に従事して(in doing)

wink(自)目くばせ(ウインク)する(at)

make(他)(目的語に動作名詞を伴って、動詞と同じ意味をなして)(〜を)する、行なう(同じ意味の動詞より、この表現のほうが1回だけの行為であることが強調される)

face(名)しかめつら、渋面 ・make a face at 〜に顔をしかめる、いやな顔をする

at(前)(方向・目標・目的を表わして)〜を(ねらって)、〜に(向かって)

trio(名)(集合的/単数または複数扱い)3人組、トリオ、3重奏団

some(形)(不明または不特定のものまたは人をさして)(単数形の可算の名詞を伴って)何かの、ある、どこかの

turn(名)(a 〜)(情勢の)変化、成り行き

of(前)(目的格関係を表わして)(しばしば動作名詞または動名詞に伴って)〜を、〜の

my(代)私の

physiognomy(名)人相、顔つき

so(副)(程度・結果を表わして)(so 〜 that 〜で)(順送りに訳して)非常に〜なので〜

irritate(他)(人を)いらいらさせる、じりじりさせる、怒らせる、じらす(=annoy)

madam(名)(通例既婚・未婚の別なく女性への丁寧な呼び掛けで)奥様、お嬢様

that(接)(副詞節を導いて)(so(such)〜 thatの形で程度・結果を表わして)(非常に)〜なので、〜(する)ほど

break into 〜 急に〜の状態になる

fury(名)(またa 〜)憤激、激怒

leap(自)(通例副詞句を伴って)跳ぶ、はねる、跳躍する

I flung her back, and hastened to interpose the table between us.

flung(動)flingの過去形・過去分詞

fling(他)(副詞句を伴って)(ものを)(勢いよく)投げる、投げ飛ばす、投げつける、ほうり出す

back(副)後ろに(へ、の方へ)、広報へ、奥へ

hasten(自)(副詞句を伴って)急ぐ、急いで行く(する)(+to do)

interpose(他)(〜を)(〜の間に)置く、挿入する(between

This proceeding roused the whole hive.

proceeding(名)(通例複数形で)(事の)成り行き、(一連の)出来事

rouse(他)(人を)怒らせる、興奮させる、感情的にする(通例受身で用いる)

hive(名)巣箱のミツバチの群れ

Half-a-dozen four-footed fiends, of various sizes, and ages, issued from hidden dens to the common centre.

half(形)(冠詞またはone'sのついた名詞の前に置いて)〜の半分の

dozen(形)出すの、12(個、人)の

four-footed(形)四つ足の

fiend(名)悪魔、悪霊、(悪)鬼

of(前)(of+名詞で形容詞句をなして)〜の

various(形)(複数名詞を伴って)さまざまな、いろいろな、個々別々の(=varied)

issue(自)(〜から)出る、発する、流出する、噴出する(from)

hidden(形)隠された、隠れた

den(名)(野獣の)巣、穴、ねぐら、ほら穴

to(前)(方向を表わして)(到達の意を含めて)〜まで、〜へ、〜に

common(形)共通の、共有の

I felt my heels and coat-laps peculiar subjects of assault; and, parrying off the larger combatants, as effectually as I could, with the poker, I was constrained to demand, aloud, assistance from some of the household in re-establishing peace.

feel(他)(何となく)(〜を)感じる、(〜が)感じられる、(〜に)気づく(=sense)

heel(名)(人の)かかと

coat(名)上着、ジャケット

lap(名)(衣服・鞍などの)たれさがり、へり

peculiar(形)特有の、固有の(=unique)

subject(名)(研究・調査などの)対象(of)

assault(名)急襲、強襲

parry(他)(打撃・武器などを)かわす、はずす(=deflect)

off(副)(切断・断絶などを表わす動詞とともに)(断ち)切って、(切り)離して

combatant(名)戦闘員(⇔noncombatant)

as 〜 as one can できるだけ

effectually(副)有効に、効果的に

with(前)(道具・手段を表わして)〜を用いて、〜で

poker(名)火かき

constrain(他)(人に)強いて(無理に)(〜)させる(通例受身)(+to do)

demand(他)(〜を)要求する

aloud(副)大声で

assistance(名)手伝い、助力、援助

from(前)(送り主・発信人などを表わして)〜から(の)

some(代)多少、いくぶん(of)

of(前)(部分を表わして)〜の中の

household(名)(集合的/単数または複数扱い)世帯、所帯(雇い人も含めて一軒の家に住んでいる人々)

in(前)(目的を表わして)〜の目的で

re-(接頭)(自由に動詞またはその派生語に添える)「再び、さらに、新たに/〜し直す/原状に復す」などの意(reの次の音節がeで始まる時は(英)では通例ハイフンを用いる)

establish(自)定着する

Mr Heathcliff and his man climbed the cellar steps with vexatious phlegm.

Heathcliff ヒースクリフEmily Brontëの小説Wuthering Heights(1847)の主人公/復讐の鬼)

his(代)彼の

man(名)召し使い、下男

cellar(名)地下室、穴蔵(通例物置きや貯蔵庫にする)

step(名)(複数形で)(ひと続きの)階段

with(前)(様態の副詞句を導いて)〜を示して、〜して

vexatious(形)煩わしい、じれったい、腹立たしい、いまいましい

phlegm(名)冷静

I don't think they moved one second faster than usual, though the hearth was an absolute tempest of worrying and yelping.

don't do notの短縮形

think(他)(〜と)思う、考える(+that)

move(自)(副詞句を伴って)動く、移動する、移る

hearth(名)炉床(炉の非をたく床)

absolute(形)まったくの、完全な(=complete)

tempest(名)大騒ぎ、騒動 ・a tempest of weeping 泣きわめき

of(前)(同格関係を表わして)〜という、〜の、〜である

worry(自)(犬などが)(〜を)くわえて振り回す

yelp(自)(犬が)キャンキャンほえ立てる

Happily, an inhabitant of the kitchen made more despatch; a lusty dame, with tucked-up gown, bare arms, and fire-flushed cheeks, rushed into the midst of us flourishing a frying-pan; and used that weapon, and her tongue, to such purpose, that the storm subsided magically, and she only remained, heaving like a sea after a high wind, when her master entered on the scene.

happily(副)(文修飾)運よく、幸運にも、幸いにも(=fortunately)

inhabitant(名)(家・場所などの)居住者、住民(of)

more(形)より多くの、もっと多くの

dispatch(名)急派、トクは、派遣

lusty(形)(声など)元気いっぱいの、高い

dame(名)(特に、男性喜劇役者の演じる)年配女性

with(前)(所持・所有を表わして)〜を持って(た)、〜のある

tuck up(すそ・そでなどを)まくり(たくし)上げる

gown(名)寝巻き(=nightgown)

bare(形)(部分的に衣類をつけていない)むきだしの、露出した、裸の ・bare feet はだし

flushed(形)紅潮した、赤くなった

cheek(名)ほお

rush(自)(通例副詞句を伴って)(ある方向に)突進する、殺到する(=hurry)

midst(名)(通例the 〜、one's 〜)真ん中、中央、中(特に人々に囲まれた中にあることや、ある状態の中にあることを言う)

flourish(他)(〜を)(注意を引くために)振る、振り回す

frying pan(名)フライパン

weapon(名)武器、兵器、凶器

her(代)彼女の

tongue(名)弁舌

to(前)(結果・効果を表わす句を導いて) ・to the purpose 適切に

such(形)(程度を表わして)(such 〜 thatで)非常に〜なので

purpose(名)効果、適切 ・to some purpose かなり成功して、いくらか効果的に(で)

subside(自)(あらし・激情などが)静まる、やわらぐ

magically(副)<magical(形)魔法のような、不思議な

only(副)ただ〜だけ、〜にすぎない

remain(自)(〜の)ままである、相変わらず(〜)である(+doing)

heave(自)(胸が)波打つ

high(形)激しい、強い ・a high wind 激しい風

when(接)〜する時、〜時(時を表わす副詞節をつくる)

enter on 〜 〜に入る、踏み入る

scene(名)(the 〜)(事件・物語などの)現場、場面、舞台

‘What the devil is the matter?’ he asked, eyeing me in a manner that I could ill endure after this inhospitable treatment.

what(代)(疑問代名詞)(不定数量の選択に関して用いて)何、どんなもの(こと)、何もの、何事/(主語の場合) ・What is the matter with you?どうかしましたか。

devil(名)(the 〜/疑問詞を強めて)一体全体

matter(名)(the 〜)困ったこと、やっかいなこと(主語にはならない) ・What's the matter?(君)どうしたの。

ask(他)(物ごとを)聞く、尋ねる(+引用)

eye(他)(〜を)じろじろ(注意深く)見る

in(前)(方法・形式を表わして)〜で、〜をもって ・in that manner そのやり方で

that(代)(関係代名詞)(人・ものを表わす先行詞を受けて通例制限用法で)(〜する(である))ところの/(他動詞・前置詞の目的語として)

could(助動)(直説法(叙実法)で用いて)(過去形の主節の時制の一致により従属節中のcanが過去形に用いられて)〜できる、〜してよい

ill(副)ほとんど〜なく

endure(他)(〜を)耐え忍ぶ

inhospitable(形)(人・行為など)もてなしの悪い、無愛想な、不親切な

treatment(名)(人などに対する)待遇、扱い

‘What the devil, indeed!’ I muttered.

mutter(他)低い声でぶつぶつ言う(+引用)

‘The herd of possessed swine could have had no worse spirits in them than those animals of yours, sir. You might as well leave a stranger with a brood of tigers!’

herd(名)(同一種類で一緒に飼われて(棲息して)いる)家畜(動物)の群れ(of)

possessed(形)(〜に)取りつかれた、狂気の、夢中になった

swine(名)豚

could(助動)(仮定法(叙想法)で用いて)(could have+過分で/条件節の内容を言外に含めた主節だけの文で/婉曲的に)〜できただろうに、〜したいくらいだった

have(他)(部分・属性として)(特徴・性質・能力などを)もっている

no(形)(主語・目的語になる名詞の前に用いて)(複数名詞、不可算の名詞の前に用いて)どんな(少しの)〜もない

worse(形)(badの比較級で)(〜より)いっそう悪い、なお悪い(⇔better)

spirit(名)(心の働きとしての)精神、魂

in(前)(人の能力・性格・才能を表わして)(人)の中に、〜には

yours(代)(of 〜で)あなた(たち)の(yourにはa、an、this、that、noなどと並べて名詞の前に置けないから、yourをof yoursとして名詞の後に置く)

sir(名)(男性への呼び掛け)(意見などをする時または皮肉に)君!、おい!、こら!

might as well do 〜するのも同じだ、〜したほうがよい(ましだ)

leave(他)(副詞句を伴って)置き去りにする

stranger(名)客

brood(名)(通例軽蔑的に)群れ、たくさん(=swarm

‘They won't meddle with persons who touch nothing,’ he remarked, putting the bottle before me, and restoring the displaced table.

won't will notの短縮形

will(助動)(話し手の推測を表わして)〜だろう

meddle(自)(〜に)おせっかいする、干渉する(with)

who(代)(関係代名詞)(制限的用法で)〜する(した)(人)(通例「人」を表わす名詞を先行詞とする形容詞節をつくる)/(主格の場合)

touch(他)(通例否定文で)(事業・女性などに)手を出す、関係する

remark(他)(〜だと)言う(+引用)

before(前)(位置・場所などを表わして)〜の面前(眼前)に

restore(他)(人・ものを)(もとの状態・地位などに)戻す、復帰させる

displace(他)(本来の位置から)(〜を)動かす

‘The dogs do right to be vigilant. Take a glass of wine?’

do(他)(仕事・義務などを)果たす、遂行する ・do the right thing 正しいことをする

right(名)正しい行ない(⇔wrong) ・do right 正しい行ないをする

vigilant(形)油断なく番をする(警備する)

take(他)(薬・飲食物などを)(体内に)取り入れる、食べる、飲む

glass(名)グラス(コップ)1杯(of)

of(前)(分量・内容を表わして/数量・単位を表わす名詞を前に置いて)〜の

wine(名)ワイン、ぶどう酒 ・a glass of wine ワイン1杯

‘No, thank you.’

thank(他)(人に)感謝する、謝意を表する ・No, thank you. いいえ、よろしゅうございます(謝絶の場合は必ず文頭にNoを添える)

‘Not bitten, are you?’

not(副)(不定詞・分詞・動名詞の前に置いてそれを否定して)(〜し)ない

‘If I had been, I would have set my signet on the biter.’

would(助動)(仮定法(叙想法)で用いて)(would have+過分で/過去の事柄について帰結節で意志の仮定を表わして)〜するつもりだったのに

set(他)(文書に)(署名・捺印を)する

signet(名)(指輪などに彫った)認印、印鑑

biter(名)かむ人(動物、もの)

Heathcliff's countenance relaxed into a grin.

countenance(名)顔つき、表情

relax(自)(緊張・力などが)緩む

into(自)(変化・結果を表わして)〜に(する、なる)(通例ある物が別の物に形や状態を変えることを表わす)

grin(名)(歯を見せて)にこっと(にやっと)笑うこと

‘Come, come,’ he said, ‘you are flurried, Mr Lockwood. Here, take a little wine. Guests are so exceedingly rare in this house that I and my dogs, I am willing to own, hardly know how to receive them. Your health, sir!’

come(自)(間投詞的に用いて、いらだち、誘い・督促・再考などを表わして)さあ、これ(=come on)

say(他)(人に)(〜と)言う、話す、述べる、(言葉を)言う(+引用)

flurried(形)混乱した、動揺した、あわてた

Lockwood(名)ロックウッド

here(間)(人の注意を引いたり子供をたしなめるために用いて)こら、さあ

little(形)(不可算の名詞を修飾して)(a 〜で肯定的用法で)少しは(ある)、わずかながら(ある)

exceedingly(副)非常に、きわめて(=extremely)

rare(形)まれな、珍しい、めったにない(⇔common

willing(形)(〜するのを)いとわないで、(〜する)用意がある、〜してもかまわない(=prepared/⇔unwilling)(+to do)

own(他)(罪・事実などを)認める、告白する(+that)

know(他)(〜を)知る、知っている、(〜が)わか(ってい)る(+wh.)

how(副)(疑問詞)(方法・手段を尋ねて)(to doまたは節を導いて)(〜する)しかた

receive(他)(人を)迎え(いれ)る、歓迎する

your(代)あなた(たち)の、君(ら)の

health(名)(健康を祈っての)乾杯 ・Your health! ご健康を祝します(乾杯の言葉)。

【参考文献】

Wuthering Heights (Penguin Classics)Emily Brontë・著

嵐が丘(上) (光文社古典新訳文庫)小野寺健・訳

新英和中辞典 [第7版] 並装』(研究社)

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]』(研究社)

リーダーズ・プラス』(研究社)

新英和大辞典 第六版 ― 並装』(研究社)

2017-07-19

最近読んだ本

最近読んだ本は、近所の調布市立図書館で借りた『英語辞書をつくる:編集・調査・研究の現場から』(大修館書店)。

初版は2016年。

初めて図書館で見掛けた時、とても興味を引かれたのだが、ちょっと専門的かなと思って借りなかった。

ようやく読んだ訳だが。

執筆陣は、日本を代表する英語辞書の編纂をされている、錚々たる面々である。

確かに、コーパスについてのデータを駆使した解説等、専門的過ぎてよく分からない論もあったが。

辞書編纂の苦労話し等もあり、全体的に大変興味深く読めた。

英英辞典については、僕の英語力ではほとんど使えないので、何とも言えないが。

昨今の辞書のトレンドは、コロケーションである。

英語と日本語は、言語的に余りにもかけ離れている。

そのため、日本語では何でもない簡単な事柄でも、英語にそのまま訳すと不自然になってしまうということが多々ある。

それを如何に辞書に盛り込むかの工夫。

日本の英和辞典は、世界的に見ても極めて高水準らしいが、苦労の一端がうかがえる。

よく「せめて日常会話くらいは…」などと簡単に言うが、その日常会話に、こんなにも無限に日本語と発想の違う言い回しがある。

どんなに英語の教科書を会話中心にしても、決してネイティヴのような発想は身に付かない。

覚えるしかない表現が多過ぎる。

大学受験の英作文など、ネイティヴのような表現を求められたら、全員が0点になってしまう。

文法的に正しければ、たとえネイティヴはこんな言い回しは使わないとしても、減点すべきではない。

つまり、形を変えた文法問題に過ぎないのだ。

日本人が学校教育で身に付けられる英語力に幻想を抱いてはいけない。

僕は受験生の頃、英作文は得意だったが、だからと言って、ブログを英文で書くなど、恥ずかしくて出来ない。

自分で書いた英文が正しいかどうかの判断が出来ないから。

学校教育がめざすのは、与えられた英文の意味を、辞書さえあれば正しく理解出来る文法力を身に付けさせるのが精一杯だろう。

2017-07-18

『ティファニーで朝食を』

この週末は、ブルーレイで『ティファニーで朝食を』を見た。

1961年のアメリカ映画。

監督はブレイク・エドワーズ

原作はトルーマン・カポーティ

余談だが、斎藤兆史先生は『英語達人塾』(中公新書)の中で、この原作を「多読」の入門書として挙げていた(もちろん、僕は読んでいない)。

音楽は、『大アマゾンの半魚人』『黒い罠』のヘンリー・マンシーニ

衣装は、ジバンシィと、『サムソンとデリラ』『麗しのサブリナ』『泥棒成金』『明日に向かって撃て!』『スティング』『ファミリープロット』の巨匠イーディス・ヘッド。

主演は、『麗しのサブリナ』『戦争と平和(1956)』『パリの恋人』のオードリー・ヘップバーン

共演は、『西部開拓史』のジョージ・ペパード、『地球の静止する日』のパトリシア・ニール、『サイコ』『トラ・トラ・トラ!』『大統領の陰謀』のマーティン・バルサム

小田和正が中学生の頃、本作を観て感動し、初めて自分の小遣いで買ったレコードが主題歌の「ムーン・リバー」だという話しは以前から知っていた。

彼は、自分の2枚目のソロ・アルバムに「ムーン・リバー」を入れている。

小田が好きな僕だが、恥ずかしながら、本作は未見であった。

しかしながら、今回初めて見て、彼が何故、映画では評価されなかったのかが分かったような気がする。

正直なところ、本作は想像していたのとは大分違っていた。

パラマウント映画

テクニカラー、ワイド。

ムーン・リバー」が流れる。

朝のニューヨーク

タクシーがティファニーの前で停まる。

中から降りて来るホリーオードリー・ヘップバーン)。

ウインドーを見ながら、紙袋からパンを出してかじる。

これが「ティファニーでの朝食」ということか。

ここからして、想像していたのと全然違っていた。

彼女のアパートの上の階には、ユニオシ(ミッキー・ルーニー)という日系人が住んでいる。

これが実に差別的な描写で、現在ならば絶対に許されないだろう。

ユニオシは、階下のホリーがうるさいので、いつも文句を言っている。

リーは、『吾輩は猫である』ではないが、名前のないニャンコと一緒に住んでいる。

これが実によくなついていて、ここまでの演技をさせられたことには感心する。

で、この朝、同じアパートの下の階に引っ越して来た青年ポール(ジョージ・ペパード)が、ホリーの部屋に電話を借りに来る。

携帯電話全盛時代の今では、この設定は使えまい。

リーは、ティファニーに夢中であった。

しかし、彼女はただ憧れているだけで、到底手が届かないブランドである。

彼女は、週に1回、シンシンの刑務所に行って、サリートマトというマフィアのドンの話し相手になっている。

これで100ドルもらえるのだ。

彼女が外出のためにドレスに着替えると、ポールは目を見張る。

まあ、オードリー・ヘップバーンの嫌いな僕は、何も感じないが。

ポールは売れない作家で、有閑マダムのヒモでもあった。

夜、ホリーはポールの部屋に窓から侵入する。

彼女はヘビー・スモーカーである。

今のハリウッドでは、スター女優がスクリーンでスパスパとタバコを吸うシーンなど、まず考えられない。

オードリー・ヘップバーンは、この作品のやさぐれた役を演じることで、イメージ・チェンジを図りたかったらしいが。

見ていて気分が悪くなるので、余り成功したとは思えない。

リーは14歳の時に家出をした。

彼女にはフレッドという兄がいるが、兵役に出ている。

貯金が出来たら、彼女はフレッドを服役させたいという。

で、ポールは、この大好きな兄のフレッドに似ているのであった。

ある日、ポールはホリーから「私の部屋でお酒でも飲みませんか」というメモを受け取る。

彼女の部屋に行ってみると、パーティーの真っ最中。

芸能プロの親玉とかいうバーマン(マーティン・バルサム)を始め、色んな人達が来ている。

リーは、その中の、アメリカで何番目かの金持ちとやらに言い寄ったりもする。

彼女は、とにかく兄を服役させるためにカネがいる。

そのために、手っ取り早く金持ちと結婚しようと考えているのであった。

まあ、何と言うか、頭は悪そうだな。

で、パーティーで余りに騒ぎ過ぎたので、とうとう上の部屋の日系人が警察に通報する。

ある日、ホリーシンシンの刑務所にポールと一緒に行く。

リートマトに、ポールのことを「フレッド」と紹介する。

ポールは、処女作しかなかったのだが、また小説を書き始めた。

下の部屋では、ホリーが「ムーン・リバー」を歌っている。

大して上手くはない。

で、ポールが外出すると、謎の男が追い掛けて来た。

公園のベンチで男は隣に座った。

「何の用だ?」と聞くと、男は「オレはホリーの亭主だ」と言う。

彼はゴライトリーといって、獣医であった。

フレッドがもうすぐ服役するから、迎えに来たのだという。

「彼女に伝えてくれ」と頼まれたポールは「お安い御用だ」と引き受ける。

が、内心はウンザリしていた。

そりゃそうだよな。

好意を持っていた女が既婚者と判ったのだから。

ところが、彼女は夫の元へ戻る気はさらさらなかった。

ポールの部屋に「私を助けて。彼とは離婚する」と言って来る。

バス停で夫に「私は行かないわ」と告げ、ゴライトリーは一人で帰って行く。

リーはポールと一緒に飲んだ。

当然のように、ベロンベロンに酔っ払う。

彼女は、愛人稼業から足を洗い、先のパーティーで知り会った金持ちと結婚するという決意を表明する。

ポールは呆れた。

何と言うか、実に頭の足りない、軽薄な女だと思う。

そういうのが好きな男もいるのかも知れんが、僕はゴメンだ。

という訳で、この女には、どうにも感情移入が出来ない。

で、先のパーティーで知り会った金持ちが結婚したというニュースが新聞に載った。

で、ポールはホリーと仲直りする。

彼女は「私と結婚しない?」とポールに持ち掛け、彼は「いつでも」と応える。

そんな折、ポールの短編が50ドルで売れた。

二人はお祝いに朝からシャンパンを開け、そして散歩へ出掛ける。

ティファニーへ行くと、朝の6時に店は開いている。

こういう店が早朝から営業しているというのは、日本では考え難いのではないか。

二人は店に入り、店員に「10ドル以内の商品はないか?」と尋ねる。

当時の10ドルって、今の日本円で幾ら位かな?

まあ、とにかく、店員は困った顔をして、「かなり商品が限定されますが」と応える。

要するに、「ウチは高級店だから、そんな安い品物は置いてねえよ!」ということを、オブラートに包んで言ったんだな。

で、結局、キャンディーの景品の指輪に名前を彫ってくれと頼み、店員は承諾する。

あり得ないと思うんだが。

でも、ティファニーが協力して撮影しているんだろうから、企業イメージを良く見せるために、こういう設定にしたんだろうな。

何か、白けてしまった。

さあ、これからどうなる?

どうなるもこうなるもない。

紆余曲折の末、最後はご都合だ。

オードリー・ヘップバーンにこの役は合っていないし、本作を名作扱いする人には理解に苦しむ。

中学生の小田和正は、この作品のどこに感動したのだろうか。

確かに、「ムーン・リバー」はいい曲だと思うが。

主題歌さえ良ければ、その映画は名作になるのか。

そうじゃないだろう。

アカデミー賞ドラマ・コメディ映画音楽賞、歌曲賞受賞。

D

2017-07-14

「スキーピオーの夢」を原文で読む(第4回)

(テキスト10ページ、4行目〜)

(11) Vidēsne illam urbem, quae pārēre populō Rōmānō coacta per mē renovat pristina bella nec potest quiescere?”

videō -ēre vīdī vīsum(他)見る

-ne(前接辞)(疑問詞)(強調される語の後ろに付ける)(直接疑問)〜か

ille illa illud(指示形容詞)あの、その

urbs urbis(女)(城壁で囲まれた)都市

quī quae quod(関係代名詞)(+直説法)(事実関係)〜するところの(人・もの)

pāreō -ēre pāruī pāritum(自)(命令・申し出などに)従う、応ずる(+与格)

populus -ī(男)民族、国民

Rōmānus -a -um(形)ローマの、ローマ人の

cōgō -ere coēgī coactum(他)強いる、強制する(+不定法)

per(前)(+対格)(手段・媒介)〜によって、〜で

egō(対格:mē)(人称代名詞)(一人称)私

renovō -āre -āvī -ātum(他)再開する、再び始める

pristinus -a -um(形)以前(往時)の

bellum -ī(中)戦争

nec(副)〜でない(=non)

possum posse potuī(他)(〜することが)できる(+不定法)

quiescō -ere quiēvī quiētum(自)静かにしている、活動を控える(止める)

Ostendēbat autem Karthāginem dē excelsō et plēnō stellārum, illustrī et clārō quōdam locō.

ostendō -ere -tendī -tentum(他)指し示す

autem(接)さらに、そのうえ

Karthāgō -ginis(女)=Carthāgō -ginis(女)カルターゴー(アフリカ北岸にあったPhoenicia人の植民市/ローマに滅ぼされた(前146))

(前)(+奪格)〜から(下へ・離れて)

excelsus -a -um(形)(完了分詞)高い

et(接)〜と(そして)〜

plēnus a- um(形)充満した、いっぱいの(+属格)

stella -ae(女)星

illustris -is -e(形)明るい、輝く

clārus -a -um(形)明るい、輝く

locus -ī(男)場所、位置

“Ad quam tū oppugnandam nunc venīs paene mīles, hanc hōc bienniō consul ēvertēs, eritque cognōmen id tibi per tē partum quod habēs adhūc hērēditārium ā nōbīs.

ad(前)(+対格)〜のために、〜の目的で

quī quae quod(関係代名詞)(連結詞として)=et si、sed isなど

(与格:tibi、対格:tē)(二人称)あなた、きみ、おまえ

oppugnō -āre -āvī -ātum(他)攻囲する、襲撃(攻撃)する

nunc(副)今、現在

veniō -īre vēnī ventum(自)来る、到着する

paene(副)ほとんど、ほぼ

mīles -litis(男)(女)兵卒

hic haec hoc(指示代名詞)これ、この人

hic haec hoc(形)最近の ・his annis viginti ここ20年

biennium -ī(中)2年間

consul -sulis(男)執政官(共和制ローマ期の最高官職/毎年2名を選出)

evertō -ere -vertī -versum(他)破滅させる、破壊する ・evertere Carthaginem Carthagoを滅ぼす

-que(前接辞)(2語を並列する場合、2番目の語に付ける/語群や文の場合はその先頭の語に付ける)〜と〜、また、そして

cognōmen -minis(中)添え名

is ea id(指示形容詞)この、その

pariō -rere peperī partum(他)手に入れる、獲得する(+人の与格+物・事の対格)

habeō -ēre habuī habitum(他)持つ、所有する

adhūc(副)今まで

hērēditārius -a -um(形)相続された

ā(前)(+奪格)〜から、〜より

nōs(代)(複)我々、私たち(→ego)

Cum autem Karthāginem dēlēveris, triumphum ēgeris censorque fueris, et obieris lēgātus Aegyptum, Syriam, Asiam, Graeciam, dēligēre iterum consul absens bellumque maximum conficiēs, Numantiam exscindēs.

cum(接)(+直説法)(真に時を示す)〜の時に

Karthāginem=Carthāginem

dēleō -ēre -ēvī -ētum(他)全滅させる、果たす、遂行する

censor -ōris(男)監察官(ローマにおいて戸口調査・風紀取締まりなどをつかさどった/5年ごとに2名選出された)

fuerō(未来完了)→sum

obeō -īre -iī -itum(他)巡回する、訪問する

lēgātus -ī(男)使節

Aegyptus -ī(女)エジプト(しばしばアジアの一部と考えられた)

Syria -ae(女)シュリア、シリア小アジアの一地方/通常PhoeniciaとPalaestinaを含む)

Asia -ae(女)アシア、アジア小アジア/特にPergamum王国、Troja王国)

Graecia -ae(女)グラエキア、ギリシア

dēligēre→dēligēris

dēligō -ere -lēgī -lectum(他)選ぶ、選択する

iterum(副)再び、もう一度

absens -entis(形)(現在分詞)不在の

maximus -a -um(形)(最上級)最大の

conficiō -cere -fēcī -fectum(他)片づける、完了する

Numantia -ae(女)ヌマンティア(Hiapania Tarraconensisの町/小Scipioに攻略された(前133))

excindēs=exscindēs

exscindō -ere -scidī -scissum(他)滅ぼす

Sed cum eris currū in Capitōlium invectus, offendēs rem pūblicam, consiliīs perturbātam nepōtis meī.

sed(接)しかし、けれども

currus -ūs(男)凱旋車

in(前)(+対格)(空間的)〜へ、〜に向かって、〜の方へ、〜の中へ

Capitōlium -ī(中)カピトーリウム(ローマ市の七丘の一つ)

invehō -ere -vexī -vectum(他)(受動)乗り入れる(in 物・事の対格)

offendō -ere -fendī -fensum(他)見つかる、出くわす

rēs pūblica reī pūblicae(女)国家

consilium -ī(中)計画、意図

perturbō -āre -āvī -ātum(他)(事態・組織などを)混乱させる、崩壊させる

nepōs -ōtis(男)(女)孫

meus -a -um(所有形容詞)私の、私に属する、私が所有する

【参考文献】

ラテン語を読む キケロ―「スキーピオーの夢」』山下太郎・著(ベレ出版)

羅和辞典 <改訂版> LEXICON LATINO-JAPONICUM Editio Emendata水谷智洋・編(研究社)

2017-07-13

最近読んだ本

最近読んだ本は、調布リブロで買った『嵐が丘』(新潮文庫)。

嵐が丘 (新潮文庫)

嵐が丘 (新潮文庫)

初版は2003年。

翻訳は鴻巣友希子氏(英米文学翻訳家)。

アマゾンのレビューを見ると賛否両論の訳だが、僕はそこまでの違和感はなかった。

今世紀に入ってから発表された訳は、いずれも現代の読者に読み易いように工夫されている。

ただ、スラッシュクロスを「鶫の辻」というのはどうだろう。

2017-07-12

最近買った本

最近買った本は、新宿紀伊国屋で見付けた『東大名誉教授と名作・モームの『物知り博士』で学ぶ英文読解術』(DHC)。

初版は2017年。

著者は行方昭夫氏(東京大学名誉教授)。

と言っても、本文は読んでいない。

シャーロット・ブロンテの『嵐が丘』」という記述があったが、仮に先生が間違えたとしても、編集は気付かなかったのか。

あと、衝撃的だったのは、先生が教えていたある大学(東大じゃないよな)で、授業の後に「三単現って何ですか?」と真顔で質問しに来た学生がいたとか。

幾ら昨今の英語教育が文法軽視と言っても、そこまで来ているのか?

先生の中学・高校時代の英語学習を振り返った記事は大変に興味深かった。

1945年の4月に中学入学。

文法・訳読の英語授業を受けながら、戦争が終わって日本に乗り込んで来たアメリカ兵に全く英語が通じず、発音・会話の重要性を痛感したという。

多くの日本人が抱く日本の英語教育への思いと全く同じ過程をたどっているのに。

今や、先生は『英会話不要論』なんて本まで書いている。

どこで、その文法・訳読よりも発音・会話重視の姿勢が変わったのか。

大学入学時点まででは全く分からなかった。

これは多分、続編があるのだろう。

2017-07-11

最近読んだ本

最近読んだ本は、朝日新聞のサンヤツで見付けて、直ちに新宿紀伊国屋で買った『教室の英文学』(研究社)。

教室の英文学

教室の英文学

初版は2017年。

編者は日本英文学会(関東支部)。

研究社が威信を掛けて作ったのだろう。

執筆者は、僕のようなド素人でも知っている先生方が目白押しだ。

思わず衝動買いしてしまった。

昨今のように、文系学部廃止が叫ばれ、実学以外は価値がないとされるような大学を取り巻く風潮。

英文科も、英語コミュニケーション学科などという情けない名前に変えられ、授業は英会話とTOEIC対策という嘆かわしい状況。

その中で、文学に対する感心も英語力も乏しい学生相手に英文学を何とかして教えようと努力されている先生方のご苦労がにじみ出ている。

今の時代、「英文科」という名前を残しているのは、世間的には「難関」とされている大学しかないが。

それでも、超難関国立大学の英文科の、その中でも非常に優秀な学生が、『白鯨』を「しろくじら」と読んだという話しとか。

一方、昨今の大学の授業は半期しかなく、半期で読めるペーパーバックの分量はせいぜい300〜400ページ(!)とかいう、信じられないことを言う某難関国立女子大の先生もいたが。

英文学を教える先生が、如何にして苦労しながら学生の興味を引こうとしていらっしゃるかを知ることは、大変興味深い。

2017-07-10

最近買った本

最近買った本は、神保町三省堂で見付けた『大学院入試の英文法』(秀和システム)。

初版は2017年。

著者は湯川彰浩氏。

僕は別に大学院を受験する訳ではないが(そもそも、学部中退なので、受験資格がない)。

著者は、大学院入試の英語の通信添削講座を主催しているらしい。

院試版のZ会みたいなものか。

その経験を元に、長文問題を詳しく解説している。

駿台文庫の『英文和訳演習』と全く同じ発想だな。

院試の問題は、ほとんどが和訳と英訳だ。

大学院入試の参考書って、昔はものすごく敷居が高そうなのしかなかったが。

こんなに懇切丁寧な本が出て来たのも時代の流れか。

解説の詳しい本が出るのは良いことなのだが。

昨今は、中学・高校で文法をきちんと教えず、大学入試もマークシートばかりだから、以前は大学入試段階で身に付けていたことを、大学院入試の段階でもやり直さなければいけないということなのだろう。

2017-07-07

『カンタベリー物語』を原文で読む(第15回)

(テキスト15ページ、21行目〜)

(The Shipman)

shipman(名)船長

A Shipman was ther, wonyng fer by weste;

For aught I woot, he was of Dertemouthe.

ther→there(副)(thereは形式上主語のように扱われるが、動詞の後に通例不特定のものや人を表わす主語が続く/「そこに」の意味はなく、日本語ではthere isで「〜がある」の意になる)/(beを述語動詞として)

wonyng→dwelling

dwell(自)(副詞句を伴って)(〜に)住む、居住する

fer→far(副)(距離・空間に関して)(副詞または前置詞句を伴って)遠くに、はるかに、遠くへ

by west→in the west

in(前)(場所・位置・方向などを表わして)〜の方に(へ、から) ・in the east 東から

woot→know

for aught 〜 know(よくは知らないが)多分、ろくに知らないけれども

of(前)(起源・出所を表わして)〜から、〜の ・be of 〜の出である

Dertemouthe→Dartmouth(名)ダートマスイングランドDevon州南東部の都市)

He rood upon a rouncy, as he kouthe,

In a gowne of faldyng to the knee.

roodrode

rouncy(中)(古)馬(=horse)、乗馬(=riding horse)

as→as well as 〜 〜と同じようにうまく

kouthe→could(助動)(過去形の主節の時制の一致により従属節中のcanが過去形に用いられて)〜できる、〜してよい

in(前)(着用を表わして)〜を着て、身につけて

gowne→gown(名)(大学教授・学生・市長・裁判官弁護士・聖職者などの着る黒の)職服、正服、法服、式服

faldyng→falding/coarse woolen cloth

coarse(形)(生地・肌・粒など)粗い、きめの荒い(=rough/⇔fine)

woolen(形)羊毛製の、毛織りの

to(前)(方向を表わして)(到達の意を含めて)〜まで、〜へ、〜に

A daggere hangyng on a laas hadde he

Aboute his nekke, under his arm adown.

daggere→dagger(名)短剣、短刀

hangyng→hanging

hang(自)(副詞句を伴って)かかる、ぶら下がっている、垂れ下がる(on)

on(前)(方法・手段・器具を表わして)〜で、〜によって

laas→lace(名)(靴などを締める)ひも、打ちひも、組みひも

hadde→had

Aboute→About

about(前)(周囲を表わして)〜の周りに、〜を巡って

his(代)彼の

nekke→neck

adown→down

The hoote somer hadde maad his hewe al brown;

And certeynly he was a good felawe.

hoote→hot(形)(気温上「寒い」に対して)暑い

somer→summer

maad→made

make(他)(〜を)(〜に)する(+目+補)

hewe→hue(名)(廃)外形、顔色

al→all(副)まったく、すっかり

brown(形)(皮膚が)浅黒い

certeynly→certainly

good(形)楽しい、愉快な

felawe→fellow(名)(通例修飾語を伴って)男、やつ

Ful many a draghte of wyn hadde he drawe

Fro Burdeux-ward, whil that the chapman sleep.

Ful→Full

full(副)(形容詞・副詞を修飾して)まったく、非常に

many(形)(many aに単数形の名詞・動詞を伴って)数々の、多数の

draghte→draught(名)(英)=draft(名)ひと息に飲むこと(量)、ひと口

of(前)(分量・内容を表わして/数量・単位を表わす名詞を前に置いて)〜の

wynwine(名)ワイン、ぶどう酒

drawe→drawn

draw(他)(水・酒などを)(〜から)取り出す、くみ上げる

Fro→From

Burdeux→Bordeaux(名)ボルドー(フランス南東部のガロンヌ(Garonne)川に臨む河湾都市)

-ward(接尾)方向を表わす形容詞・副詞を造る

whil that→while

chapman(名)(昔の)行商人、呼び売り商人

sleep→slept

sleep(自)眠る

Of nyce conscience took he no keep.

of(前)(目的格関係を表わして)(しばしば動作名詞または動名詞に伴って)〜を、〜の

nyce→nice(形)謹厳な、きちょうめんな

conscience(名)良心、道義心、善悪の観念

take(他)(注意・決心・見方・世話などを)する ・take care of 〜を世話する

keep(名)(古)(家畜などの)世話、番

If that he faught and hadde the hyer hond,

By watre he sente hem hoom to every lond.

If that→If

faught→fought

have(他)(〜を)得る、もらう、受ける

hyer→higher(形)(highの比較級)いっそう高い

hand(名)(a big(good)〜で)拍手かっさい ・get a good(big)hand 大かっさいを得る

watre→water

by water 水路(海路)で

sente→sent

send(他)(通例副詞句を伴って)(人・軍隊などを)行かせる、やる、派遣する

hem→them

hoom→home(副)自国へ、故国へ

lond→land(名)国、国土

But of his craft to rekene wel his tydes,

His stremys, and his daungers hym bisydes,

His herberwe, and his moone, his lodmenage,

Ther was noon swich from Hull to Cartage.

of(前)(関係・関連を表わして)〜の点において、〜に関して、〜について

craft(名)技術、わざ

rekene→reckon(他)断定(判断)する

wel→well(副)上手に、うまく

tydes→tides

tide(名)潮、潮の干満

stremys→streams

stream(名)(液体・気体などの)一定の流れ

daungers→dangers

hym→him

bisydes→besides(副)(廃)かたわらに、わきに(それて)(=beside)

herberwe→harbours

harbour(名)(英)=harbor(名)港(避難・保護のイメージをもつ)

moone→moon

lodmenage→skill in navigation

skill(名)手腕、腕前(in)

in(前)(性質・能力・芸などの分野を限定して)〜において、〜が

navigation(名)航海、航空、航行

Ther→There

noon→none(代)だれも〜ない

swich→such

from(前)(空間・時間などの起点を表わして)〜から ・from A to B AからBまで

Hull(名)ハル(イングランド北東部の港湾都市/公式名Kingdom upon Hull)

Cartage→Carthage(名)カルタゴアフリカ北岸の古代都市国家/ローマに滅ぼされた)

Hardy he was, and wys to undertake;

With many a tempest hadde his beerd been shake.

hardy(形)大胆な、度胸のよい

wyswise(形)(人・行動など)賢い、賢明な、思慮深い、分別のある(⇔foolish)(+to do)

undertake(自)(古)引き受ける

with(前)(原因を表わして)〜のせいで、〜のゆえに、〜のために

tempest(名)大あらし、暴風雨(雪)

beerd→beard(名)あごひげ

shake→shaken

He knew alle the havenes, as they weere,

Fro Gootlond to the cape of Fynysteere,

And every cryke in Britaigne and in Spaigne.

alle→all(形)(複数名詞の前に置いて)あらゆる、すべての、みな

hevenes→havens

haven(名)港、停泊書

as(接)(様態・状態を表わして)〜のままで ・Take things as they are. 物事をありのままに受け入れよ(現状に甘んじる)。 ・Leave them as they are. そのままにしておきなさい。

Gootland→Gotland ゴトランド(スウェーデン南東部沖、バルト海の島)

cape(名)岬(of)

Fynysteere→Finisterre(Cape)フィニステレ岬(スペイン北西端の岬で、同国本土の最西端)

cryke→creek(名)(海・川・湖の)(小さな)入り江、〜浦(=inlet)

in(前)(場所・位置・方向などを表わして)〜において、〜で ・in London ロンドンで(に)

Britaigne→Brittany(名)ブルターニュ(フランス北西部の半島)

Spaigne→Spain(名)スペインヨーロッパ南西部、イベリア半島の大部分を占める王国/首都Madrid)

His barge yclepyd was the Mawdelayne.

barge(名)平底の荷船、はしけ、パージ

yclepyd→ycleped(形)(古)〜と呼ばれる、〜という名の

Mawdelayne→Magdalene(名)=Magdalen(名)(通例the 〜)マグダラのマリア

【参考文献】

原文対訳「カンタベリィ物語・総序歌」』苅部恒徳、笹川寿昭、小山良一、田中芳晴・編・訳・注(松柏社

カンタベリー・テールズ市河三喜、松浪有・編注(研究社)

新英和中辞典 [第7版] 並装』(研究社)

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]』(研究社)

リーダーズ・プラス』(研究社)