Hatena::ブログ(Diary)

英文学をゼロから学ぶ

2017-10-05

「スキーピオーの夢」を原文で読む(第7回)

(テキスト11ページ、11行目〜)

(14) Hīc ego etsī eram perterritus nōn tam mortis metū quam insidiārum ā meīs, quaesīvī tamen vīveretne ipse et Paulus pater et aliī quōs nōs exstinctōs esse arbitrārēmur.

hīc(副)(時間的)この時に、それですぐに

ego(人称代名詞)(一人称)私

etsī(接)たとえ〜であっても(+直説法)

perterreō -ēre -terruī -territum(他)大いに恐れさせる

nōn(副)〜でない

tam(副)non tam 〜 quam 〜 〜(という)よりはむしろ〜

mors mortis(女)死ぬこと、死、死亡

metus -ūs(男)恐怖、危惧、心配

quam(副)(関係詞)〜のように、〜と同様に ・non tam 〜 quam 〜というよりはむしろ

insidiae -ārum(女)(複)わな、落とし穴、計略、陰謀

ā(前)(+奪格)〜によって

meī -ōrum(男)(複)私の身内(仲間、部下)

quaerō -ere -sīvī -sītum(他)知ろうとする、探求する、問う(+間接疑問)

tamen(副)しかし、にもかかわらず

vīvō -ere vixī victum(自)生きている、生きる

-ne(前接辞)(疑問詞)(間接疑問)〜かどうか

ipse -a -um(強意代名詞)自ら、自身

et(接)〜と(そして)〜

Paulus(男)パウルス(Aemilia氏族に属する家名)

pater -tris(男)父、父親

alius -a -ud(形)他の、別の

quī quae quod(関係代名詞)(+接続法)(傾向・結果)(is、talis、dignus、idoneusなどと)〜のような

nōs(代)(複)我々、私たち

extinctōs→exstinctōs

exstinguō -ere -stinxī -stinctum(他)(受動)死ぬ

arbitror -ārī -ātus sum(他)(形式受動相)思う、判断する、信ずる(+対格+不定法)

Immō vērō” inquit “hī vīvunt quī ē corporum vinclīs tamquam ē carcere ēvolāvērunt, vestra vērō quae dīcitur vīta mors est.

immō(副)それどころか、とんでもない

vērō(副)(奪格)(肯定の答えとして)確かに、その通り

inquam(自)(欠如)(現在:inquam -is -it -imus -itis -iunt)(挿入句的に)言う、述べる

hic haec hoc(指示代名詞)これ、この人

quī quae quod(関係代名詞)(+直説法)(事実関係)〜するところの(人・もの)

ē(前)=ex(前)(+奪格)(子音の前ではしばしばeも用いられる)(空間的)〜から、〜より

corpus -poris(中)身体、肉体

vinclum -ī(中)拘束、束縛

tamquam(副)(あたかも)〜のように、同じように

carcer -eris(男)牢獄

ēvolō -āre -āvī -ātum(自)飛び去る

vester -tra -trum(所有形容詞)あなた方の

vērō(副)(奪格)しかしながら

dīcō -ere dixī dictum(他)名づける、呼ぶ(+2個の対格)

ta -ae(女)生きていること、生存

Quīn tū aspicis ad tē venientem Paulum patrem?”

quīn(副)どうして(なぜ)〜でないか

(人称代名詞)(二人称)(対格:tē)あなた、きみ、おまえ

aspiciō -cere -spexī -spectum(他)見る、じっと見つめる、注視する(+人の対格)

ad(前)(+対格)(空間的)〜の方へ、〜に向かって

veniō -īre vēnī ventum(自)来る、到着する ・ad me venire 私のところに来る

Quem ut vīdī, equidem vim lacrimārum profūdī, ille autem mē complexus atque osculans flēre prohibēbat.

quī quae quod(代)(関係代名詞)(連結詞として)=et is、sed isなど

ut(接)(+直説法(多く完了))〜する(した)時、〜するやいなや

videō -ēre vīdī vīsum(他)見る(+対格)

equidem(副)(1人称単数の動詞とともに用いて)私としては、私に関する限り

vīs(女)(対格:vim)多数、多量

lacrima -ae(女)(通例複)涙

profundō -ere -fūdī -fūsum(他)流す、こぼす

ille illa illud(指示代名詞)あれ、それ、あの人、その人、彼、彼女

autem(接)しかし、これに反して、他方では

complector -tī -plexus sum(他)(形式受動相)抱きしめる

atque(接)〜と、そして

osculor -ārī -ātus sum(他)接吻する

fleō -ēre flēvī flētum(自)泣く、嘆く、悲しむ

prohibeō -ēre -buī -bitum(他)禁ずる(+対格+不定法)

【参考文献】

ラテン語を読む キケロ―「スキーピオーの夢」』山下太郎・著(ベレ出版)

羅和辞典 <改訂版> LEXICON LATINO-JAPONICUM Editio Emendata水谷智洋・編(研究社)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shakespeare-ni-naritai/20171005/p1