Hatena::ブログ(Diary)

英文学をゼロから学ぶ

2017-11-27

『ピンクの豹』

この週末は、ブルーレイで『ピンクの豹』を見た。

1963年のアメリカ映画。

監督は、『ティファニーで朝食を』のブレイク・エドワーズ

音楽は、『ティファニーで朝食を』『シャレード』のヘンリー・マンシーニ

主演は、『ナバロンの要塞』『カジノロワイヤル』『ナイル殺人事件』のデヴィッド・ニーヴン

共演は、『マダムと泥棒』『ロリータ(1962)』『博士の異常な愛情』『カジノロワイヤル』『チャンス』のピーター・セラーズ、『史上最大の作戦』『タワーリング・インフェルノ』のロバート・ワグナー、『ウエスタン』のクラウディア・カルディナーレ

ピンク・パンサー・シリーズ第1作。

あの有名なテーマ曲は、ドリフのコントで使われていたので、よく知っていたが、現物を見たのは初めて。

しかし、ドリフがパクっていたのは音楽だけではないということが判明。

ユナイテッド・アーティスツ

テクニカラー、テクニラマ(ワイド)。

ちなみに、テクニラマというのは、ビスタビジョンと同じように35ミリフィルムを横方向に走らせて撮影するので、通常の35ミリの2倍の画面面積があり、画質が良い。

「むかしむかし」、中東某国の王様が、人民からの感謝の印として受け取った「ピンク・パンサー」というダイヤモンドを幼い娘に与えるところから始まる。

そして、オープニング。

ピンクのヒョウのアニメ

これも有名だ。

60年代のたくさんのアニメに影響を与えているのだろう。

続いて、舞台は現代のローマに。

深夜、金庫破りが行われる。

犯人は、Pのイニシャルが入った白い手袋を遺して行く。

これが、実は世間を騒がせる怪盗ファントムであった。

「話変わって」ハリウッド。

写真屋が大学の卒業写真を撮っている。

そこへ、借金取りが現われ、大学を卒業したばかりのジョージ・リットン(ロバート・ワグナー)を追い掛ける。

今度はパリ。

謎の女が50万の宝石を男に渡す。

女は警察に追われている。

彼女はエレベーターで着替え、まんまと逃げおおせる。

追い掛けて来たジャック・クルーゾー警部ピーター・セラーズ)は「女を探せ!」と部下に命じる。

それにしても、本作は音楽が素晴らしいね。

誰もが一度は耳にしたことがある名曲の宝庫だ。

実に哀愁を誘う素晴らしい曲ばかりである。

続いて、舞台はイタリアのコルティーナ・ダンペッツォ(スキー・リゾート)へ。

スキーをしている女。

彼女は、実は中東某国の王女ダーラ(クラウディア・カルディナーレ)であった。

この国では、革命軍が王女に宝石(ピンク・パンサー)の返還を要求していた。

このスキー場で、ダーラに接近しようとしていたのがチャールズ・リットン卿(デヴィッド・ニーヴン)。

何故か王女の愛犬が盗まれ、犯人を追い掛けたリットン卿は脚にケガをする。

が、これは完全な仕込みであった。

一方、そこへクルーゾー警部が妻シモーヌ(キャプシーヌ)を連れてやって来る。

クルーゾーは、美人の妻にデレデレである。

まあ、後にクルーゾーが主役になって、シリーズが続いただけあって、本作のクルーゾーは輝いている。

見事なコメディである。

さすが、ピーター・セラーズだ。

で、よく見ると、このシモーヌは、先のパリでクルーゾーに追い掛けられて、エレベーターで着替えてまんまと逃げおおせた女なのであった。

つまり、とんだ一杯食わせ者だということ。

そんなことは露知らないクルーゾーは幸せなのか、何なのか。

しかも、シモーヌは部屋でリットン卿と密会する。

要するに、愛人という訳だ。

で、今度は、愛犬を追い掛けてケガをさせたお詫びに、ダーラ王女からリットン卿に夕食会へのお誘いが来る。

場面変わって、ホテルのバーでクルーゾー夫妻が飲んでいると、ジョージ・リットンがチャールズ・リットン卿を探しに来る。

実は、ジョージはチャールズの甥なのであった。

リットン卿はダーラを部屋へ誘う。

ダーラは、普段は酒を飲まないのだが、まんまとリットンに言いくるめられて、酔っ払ってしまう。

リットンはダーラにキスをする。

しかし、ダーラが眠ってしまったため、一線は越えない。

リットンがダーラを自分の寝室へ連れて行くと、甥のジョージが寝ている。

ジョージは堅物のフリをしていたが、これはウソであった。

リットンはシモーヌに「甥を誘惑しろ」と命じる。

シモーヌはジョージにスキーを教える。

そんなことをしている間に、急きょ、ダーラは帰国することになった。

リットンは彼女を見送りに駅まで来る。

そこへ、王女の犬を盗んだヤツが現われ、リットンが追い掛ける。

だが、この二人は完全なグルであった。

つまり、リットンは王女の宝石を狙っていて、帰国されては困るから、一芝居を打ったということ。

で、ワンコを取り戻したフリをすると、王女も戻って来る。

で、この話しは、これからどう転がるのか?

ピンク・パンサーはダーラ王女の金庫の中にある。

そして、クルーゾー警部は、「怪盗ファントムはきっとこの町にいる」と確信する。

後半は、ものすごくシュールなコメディになる。

正に、ドリフのコントである。

怪盗がいて、怪盗の愛人が警部の奥さんで、その奥さんに恋した怪盗の甥、それに、怪盗に若干気を引かれる王女。

王女の宝石を巡る人間関係が面白い。

最後は、すごいオチなんだけどね。

いやあ、コメディーの歴史を見たという気がする。

勉強になった。

D

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shakespeare-ni-naritai/20171127/p1