Shammerism

2017-11-01 Karabinarのオプション

Karabinarのオプション

これまで、セミコロンをsticky shiftとして使用してきた。KarabinarでFor JapaneseのChange Semicolon(;) Keyを開き、Semicolon to Sticky Shift_L(effective only when input source is Japanese)にチェックを入れることでこれをやっていたが、久々に起動してみると同じFor Japanese配下に「Simultaneous Key Presses」なるものが追加されており、この中に「日本語入力時にF、Jキーの同時押しをSticky Shiftにする(SKKと一緒に使うと便利です。)」なる設定が追加されていた。いつの間に・・・
そもそも、久々にKarabinarを起動したのは、SKKで日本語入力モード中にコロンを打てなくなってしまっていたからだ。日本語入力モード中にコロンを打ちたいときは、一度SKKをオフにしてコロンを入力、再度SKKをオンにするということをやっていたが、ついにこの作業が面倒になってのこと。どうにかうまくSticky Shiftを有効にしたままコロンを打つことができないか考えてみようと思っていたところだったが、Semicolon to Sticky Shift_Lのチェックを外し、F+JのSticky Shiftをオンにすることでコロンの問題は解決。
まだたまに;を打ってしまうが、これは慣れが解決してくれるだろう。Emacsでも同様にできれば完璧か。今はEmacsはKarabinarによって変更されたキーバインドの影響を受けないようにしているが、Emacsでも同様のことができないか、後日調べてみようと思う。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。