Hatena::ブログ(Diary)

ドキドキ上海日記 RSSフィード

Associated with 踊る上海亭  / 書いてる人:上海  / マジレス・長文はBBSへどうぞ
11月26日(日)【1DAY】レネット×メイリッシュコラボカフェ
何の前フリもなくこのお店の話題が出ることがあります。
ていうか、そればっかりです。

2004/11/07 (Sun) バニーDAYは「難しい」らしい

8時半の男、上海です。

昨夜は天一逝かなかったぞ。その代わり黒蘭ラーメン逝って替え玉まで頼んだけど。

やっと4カレー制覇

正直、苦しかった。

アンケート提出したら、あかね嬢に「上海さんだったんですね。やっと顔と名前が一致した」と言われた。どういう意味?

名前は以前から知ってたと聞こえる。なるさんの時も似たような反応だった。いつも書いてるが一体どのように認識されてるんだ? 咄嗟にその場で問い詰め損なった(笑。

(関連)りょう嬢にまで「今日はラムネちゃんいなくてすみません」とか言われた。なぜだ!

職場

今日は夜半まで待機、のはずだったのに、なんか土壇場でリリースが一週間延びたとかでイキナリやることがなくなってしまった。俺、帰ってもいいの? ラストワンチャンスと思って無理矢理2カレー食ってきちゃったじゃねーかよ。どうしてくれる。

メイリに戻ってきました。

ここでタヒチカレー食えばカコイイんだが無理。新ケーキのミルクレープ。

さっそく「カレーは食べないんですか?」とツッコまれた。

三木・モトユキ・エリクソン『ルーシー・モノストーンの真実』(角川コミックス・エース)

著者はもちろん大塚英志。

以前に俺が調べた限りでは、ルーシー・モノストーンというのはアメリカの都市伝説に出てくる人名にすぎない。それすらも不確かだけど、日本でいう口裂け女みたいなキャラクターにたまたま固有名詞が与えられたのがこの名前であると。

ところが、『多重人格探偵サイコ』(大塚英志/田島昭宇)には、引用されるエピソードやネーミングの元ネタとして「'60年代のアメリカでテロ活動を行ったロックミュージシャン」のルーシー・モノストーンなる人物が登場する。音源や映像もほとんど残っていない、カルト的な伝説の人物といったところ。

本書はその「ルーシー・モノストーンの評伝」だが、結論からいうとこれは完全な偽書である。

実作者としてはかなり突っ込んだ製作秘話や元ネタばらしをするタイプである(編集者としての?)大塚英志が、この件に限っては、あとがきや解説の中でさえ、サイコを読んだ君は次にルーシーの音楽を聴け、みたいなことまで言ってるのだ。伝えたかったメッセージはこれだ、みたいな。そのため、『サイコ』の元ネタとして、知られざるミュージシャン、ルーシー・モノストーンは実在したという印象を読者は受けるし、書き手も明らかにそれを意図している。

大塚英志が民俗学、それも自ら「都市民俗学」と称するジャンルを専門としていて、まさに「都市伝説」を現代の説話として扱うアプローチを試みていたことはここに書くまでもない、というか、本書の中で三木・モトユキ・エリクソンがそのことを指摘してさえいる(笑。

要するに、「都市伝説の中の真実」みたいなものを作り出してやろうという意図でサイコという作品中に仕掛けられたのが「ルーシー・モノストーン」だったわけだ。

まあ、これくらいはちょっと斜から見ていればなんとなく気づくことなのだが、そうでない読者ももちろんいる。中にはこんな人も出てくる始末。これもどこまでネタのつもりなのかわからんけど。彼が「サイコを通じてルーシーに言及するインターネット上のサイト」を根拠としているところとか、物凄く面白いよね。

と、この本が刊行された事情は全く知らないが断定的に書いてみた。

中身はまだ読んでないけど、'60年代アメリカの文化史に絡めたごく真っ当な評伝になっているようだ。ということは、やっぱり上記の事情を踏まえて読む方が絶対面白いよな。

これ、少年エースのマンガ単行本の体裁で多重人格探偵サイコシリーズの一冊になってるのが偽書としては徹底を欠くな、と思ってたら、底本は単行本だったみたいね。奥付に「初出/『ルーシー・モノストーンの真実』'02年7月刊より切りかえ」って書いてあるんだけど、それも嘘かと思った(笑。 奥付の、しかも初出情報にウソはマズイか。「編集人」とかで「大塚英志」の名前があるかと思ったがそれもない。

そのうち『ザ・スニーカー』あたりの誌上にそのへんの裏話も書かれるのかもしれんけど。角川書店は大塚英志に好き勝手やらせすぎです。

(追記)そんなつもりはなかったんですがリンク貼ったらTrackBackしちゃった……。自動トラックバックだと。余計なことすんな。はてなの質問ページもトラックバック受け付けてるなんてそもそも知らなかった。

というわけでトラバから見に来た方は軽く見逃して下さい。

世良敬。先生による[大きいお兄さん達の為のギター講座]マスコットキャラ。(11/5、6)

ライバルが萌え! アンプつながってるし(笑。

名前つけようよ、名前!

あーメーカー毎にキャラがいるのもイクナイ?

講座の方は……ミッキー生?。


< Today's Tune > "タイムマシーンでいこう" (すかんち)

ねろねろ 2004/11/07 15:29 すかんちって何か意外

上海上海 2004/11/07 15:50 スマン、『天才てれびくん』のOPテーマだっただけ。あと『恋のマジックポーション』も好きだったな。

よつばねぎよつばねぎ 2004/11/07 17:09 昨日4カレーした僕はどうなんだ

上海上海 2004/11/07 17:13 3カレーまでは素でやったことあるけどさ……しかも全部タヒチ。

南崎南崎 2004/11/07 18:15 バニーDAY聞いたのか!?

上海上海 2004/11/07 18:23 確かな筋からコメントいただきました(笑

qSqS 2004/11/07 19:02 バニーより半ズボンDay、いや千住明Dayをおながいしたい(*´д`*)

上海上海 2004/11/07 19:31 VガンDAYでシュラク隊が一人ずつ上がってく、ってネタが以前あったな

qSqS 2004/11/07 20:56 限定メニューは当然丸いエクレアを皿に立てるんだよな>VガンDAY
そういえば
姫にシャクティをやらせてください!

と直訴したこともあったなぁ

かずきちかずきち 2004/11/08 02:44 すかんち!?と食い付いてみるテスト。アルバム多分全部持ってます。

上海上海 2004/11/08 02:57 意外なところから反応が(笑。 バンド名の由来は知らぬが吉。

よつばねぎよつばねぎ 2004/11/08 22:09 えー、由来をネタにしないで何をネタにせぇ、と。

ヽ(´▽`)/ヽ(´▽`)/ 2007/05/22 15:12 ルーシー・モノストーンってレコード出してたけど?
まぁそれも本物か偽者かどうかは謎w

上海上海 2007/05/22 15:18 どうせならもっと詳しく書いてよ……。日本盤なら間違いなく偽物、それ以外でかつ「レコード」ならたぶん“本物”(笑。