Hatena::ブログ(Diary)

ドキドキ上海日記 RSSフィード

Associated with 踊る上海亭  / 書いてる人:上海  / マジレス・長文はBBSへどうぞ
【タイアップ】オペレーション ヘル アンド ヘブン 5月15日(金)〜31日(日)
何の前フリもなくこのお店の話題が出ることがあります。
ていうか、そればっかりです。

2004/12/21 (Tue) 寝起きグッときた

剣奴王、上海です。

取材も知識もない「報道」のむなしさ

今さらですがイレギュラーエレクトロンさんより。

岡野 勇 劇場」内、「オカノ通信」。パトレイバー『WXIII』が真正面から論じられてるのも(あまり見かけないので)嬉しい。

なんか最近インパクト重視でアグレッシブな書き方ばかりしている俺ですが(昔からか)、ちょっと説明しづらい主張でもプレーンな文章でちゃんと説得力を持たせられる、という当たり前の事実を再認識しました。

俺が一番強く同意したのは、本題とは関係ないこの部分だったりする。

(ただ、この半年、blog移行を考えつつも躊躇してしてしまっている最大の理由が、好きなところを見て回っていて強く思ったことなんだけど、「書かれている人がどんな温度や思いでそれを書いても、コメントやリンク先に無責任で脊髄反射的な反応しかしないバカ」ってのがあまりにも多く見受けられることに気分が萎えてるからです。

 反面、そういうのにいい加減ウンザリとかストレスを感じている人たちが、こぞって『mixi』に居心地の良さを感じているのも当然だろうと。)

mixiがこの文脈で出てくるってのは考えてなかったけど。「身内なら見当違いなツッコミや批判を受ける心配もない」という居心地の良さなら、mixiも俺に向いてるはずなんだけどな(笑。

実は、mixi登録してみました。もちろん招待してもらって。

全然利用してません。

「mixiが面白すぎてこっちを更新する気にならない」とか書かれてるサイトを見ると不快なので、俺としてはその逆を強調しておきます。

友達いないと広言してる俺でも(いや、そんな俺だからこそ)、身内だと思ってる人たちに蚊帳の外にされてると不安なわけで、だから登録はしてみたわけですが。

実際、もともとブログやサイト管理そのものにあまり熱心でなかった人の中には、何らの告知もなくある時ピタリと更新をストップして明らかにそのままmixiへ行ってしまったきり、という人もけっこういます。(全て俺の知ってる範囲での話です。)そういうのを見ると感じるのは不快というより不安ですよね。

でも、サイトに「ここは退屈です」的なことを書いてしまうのはどうよ。うん、俺も過去に似たようなことを書いてしまったことはあるかもしれないけど、さらにそこでmixiを持ち出しちゃうのは、意図していなくとも「アンタには見られないけどね」てのが前提になってるわけで、閲覧者に対していかがなものなのかと。

だって、サイト閲覧者に対して「面白いからアナタも見にきたら?」と言えるシステムじゃないわけでしょう? mixiは。というかまさに今問題になってるのがそれなのか。

その問題、すなわち、入会できるのは会員の招待を受けた人だけだから信頼できるコミュニティである、という前提が崩れつつある、って議論だけど、そんなもん最初から成立してないと俺は思う。

いや、俺は最初から信頼しない、と書くべきか。

一応、mixi内の情報格差についてまとめておくと、ユーザ同士の関係には、まずお互いの承認によって成立する「友人」がある。あとは「友人の友人」、「その他」。まあその他というのはその他のmixiユーザであって、さらにmixiの外側には「mixiユーザ以外」がいるわけです。この中で、自分の情報のどの部分をどの範囲まで公開するか、を設定できるのがmixiであると。大元はWWWという土俵に乗ってる以上(そこに縄を張っただけで)、Webとの本質的な差はそこにしかありえない。だから「身内向けの情報を安心して公開できる場」なのだろう、というのが、Webサイト管理者である俺から見たmixiに対する理解なんだけど。違うのかね。

だけど、「友達の友達」なんて誰だかわからない他人も同じどころか、友達の友達がいけすかない奴だった、なんてこといくらでもあるじゃん。少なくとも俺にはある。

だから、「友達」と「それ以外」という分類にしか意味はない。

(むしろ「友達」も何段階かに分けられないと使いようがないなぁ、というのが俺の感想。「友人の友人」てのは間に一人入ってる時点で分類としては意味がない。「自分とその相手の直接の関係」でないと。せめて「知人」と「友人」が別とかさ。でも、あなたは私の「知人」ではありますが「友人」ではありません、なんて区別がシステム上で厳然と存在するのが見えちゃったらアレだから、そのようなコミュニティは外側からは存在自体見えないのが穏当であり自然でもある。「あなたは仲間ハズレでーす」なんて看板をわざわざ出す必要はない。そう見えてしまうのが、mixiが批判されやすい理由の一つではないのかな。)

実際、「その他」つまりmixiユーザ全体が一つのコミュニティでそれが全部身内だなんて思ってる人は誰もいないでしょう。

だったら「mixiユーザ全体に公開」するのと、その外側の「Web全体に公開」するのと、どれほどの差があるのか、ってこと。

サイト管理者なら一般的にはより多くの人に見てもらいたい、と思うのが自然なはずだが、なぜ、それと相反する閉鎖されたコミュニティを利用するのか? てのがまず純粋に疑問だったわけです。

mixi内では匿名の悪意による嫌がらせを受けづらい、てメリットはあるだろうけど、mixiユーザ以外の膨大なWeb閲覧者が最初から対象にならないことをデメリットと考えると後者が圧倒的に大きい、と、俺の価値判断ではそうなる。

つまるところ、ユーザ登録はしてみたものの、何が魅力なのかやっぱりわからない。別に実際に利用したうえで批判してやろうとかそこまで攻撃的な姿勢でいるわけではないですが。

まあ、友達いないからだと言われればそれまでです。実質利用してないも同然だし。とりあえず「友人」を登録しなきゃはじまらないか。

そこでmixiには「友達を見つける」機能もあります、ていう話になるのかもしれないけど、ここではその話はしません。

いきなりmixiの話になっちゃったけど、ここから別の話。

冒頭の引用に戻るけど、「無責任で脊髄反射的な反応しかしないバカ」ていうのは、俺が上に書いた「悪意による嫌がらせ」とはまた全く別のものであり、これを避けるためにmixi、て考え方がちょっと新鮮だったわけ。

TrackBackについて書いた時にあとで追記したからあまり読んだ人はいないと思うけど、「悪意はないんだけどこちらの本旨からは外れすぎてつきあい切れない」という類の反応がある。

もちろん、別に俺様の書いたことだけに反応しろ! というわけではなく、関連する議論が広がっていくのは良いことだと思うし、それらの議論の全てを、発端となった人が把握管理しなきゃならんというものでも当然ない。

だけど、直接俺の書いたものに対する反論あるいは疑問という形で書かれたものには、とりあえずレスポンスします(コメントや、TrackBackもその表明であるはず)。ところが、そこにもすでに俺の議論と噛み合っていないものが多くて困るわけだ。反論を受け止めて再反論、ではなく、その前にちょっとここが違うんですけど、という反応にならざるを得ず、大抵はそのレベルでのやりとりが延々と繰り返され議論が発展しない。

あまりにもそんなことが多いので、一時期は、有意義な議論なんてものが果たしてこの世に存在し得るのだろうか? ぐらいの気分になったものです。昔、某ファンサイトの掲示板を閉鎖したのもそれが理由。結局は管理者である自分が偏狭なせいだろうか、と当時は考えたけど、必ずしもそれだけではなかったと今はわかる。

無論、そんなちょっと(あるいは激しく)ズレちゃった人たち全員の相手をトコトンまでする責任があるわけじゃなく、大原則としては誰の相手しようが何を無視しようが俺様の自由であり、そうでなきゃやってられませんが、反論という形をとってきた場合はもちろん彼ら自身もズレているという認識はないわけだから、逃げたと思われたくないのは礼儀である以上に意地。最終的には自分が何を潔しとするかという気分の問題ですね。

だから少なくとも「こうズレてます」てとこまでは言う。これがかったるい。

つまり、ただダシにされただけで俺の書いたこととあなたのご意見はあまり関係ありませんね、ということをいちいち指摘するのがしんどい、というところでしょうか。上にも「ここではその話はしません」て書いたけど、もう「その話は関係ない」てことを先に宣言するようになってきてる。

他に、広義では議論とまでいかないものでも、ネタにマジレスとか、正論すぎて「はい、そのとおりです」としか答えようがないものとか、対応に困るよね。閑話休題。

んと、「無責任で脊髄反射的な反応」てのは、必ずしも悪意があるわけではないものを含む、という前提で書いてきたけど、あらためて読むとそういう意図で書かれたものかどうか自信がなくなってきた。「バカ」って付いてるから単に理解不足とか勘違いを指すのかと思ったんだけど。

と、こんな風に誤読をもとに書いた意見を本家にぶつけたりすると、相手はまず誤解を解かなきゃいけないから面倒なわけです。なんて。

そういう「悪意のない誤解が生む面倒」を避けるのにmixiが有効か? てのが次の話。

おお、いつになく順調に話が進んでいる。

そもそも引用した岡野氏の文がそのような意図で書かれたのかどうかはわからなくなったけど、それとは関係なく書いてみる。

俺が、自分の書いたものについて見当ハズレなレスポンスをいただいてイライラするのは、見知らぬ人からであることが多い。

逆にいうと、知人からそのような誤解に基づいた反応があることは少ない。

したがって、身内しか見ていないmixiならそれが減るであろう。

という話かと思ったわけだ。

しかし、少なくとも俺の場合、友人諸君がめったに俺を怒らせないのは、ヘタにちょっかい出すと噛みつかれる、ということを彼らがよく知っているからであって、あえていうなら俺の言うことを理解しているからであるとは限らないわけだ。俺への接し方に慣れてるだけ。

前述のネタにマジレスとかも、この人は今までも見てくれていて、そんな狷介(←これも変換できないIMEはアホ)な俺に軽く挨拶する契機として無難な話題を選んだんだろうなぁ、ということは想像できたりもするんですけどね。それでもイヤなの。

また話が逸れた。

お互い意見が同じでなくとも、主張はしっかりと受け止めて、意義ある議論をしてくれる、それくらい理解し合えているのが「友達」であるとすれば、やはり俺には友達はいない、としか言いようがない。

と、友達がいない話に戻る(笑。

俺の周囲の人たちは、あたかも珍獣(かつ猛獣)を観察するように、危険がないよう一定の距離を保ってウォッチして面白がっている、というスタンスで(それはまさにサイト管理者に対する閲覧者そのものといえる)、実際それが一番適切な俺とのつきあい方なんだろうけど、それを自覚してない奴が俺のこと仲のいい友達だと思ってるのはどうよ? と思うわけです、さすがに。

いえ、そんな人がたくさんいるわけではないのでこれはほとんど個人攻撃ですが。

もちろん周囲の理解がどうとかではなく、俺の努力が足りないのもわかってます。ハイ。

いい文章を読んだあとだからか、今回はわりと穏当に書けたような気がしますが、いかがでしょうか。

追記

あまり気が進みませんが、やはり多くの人に誤解されている部分があるようなので補足します。

引用元の文もそうですが、俺は最初から「mixi」と「Webサイト」を、「テキストコンテンツを公開する場」として比較しています。

Webサイト、というのもいわゆる日記、テキストサイト、の意味合いで書いていたので、そこは説明不足でした。

「別にmixiじゃなくても、ゲームが面白くて更新しない、でも他の何でも同じじゃん」という指摘に対してはこれが回答になりますかね。俺が問題にしたのは、彼らが「更新作業をする代わりに他のことをした」ではなく、「更新されるはずの内容が別の場所に公開された」ことです。

また「mixiが見られないのが気に入らないのなら、管理者に見えて閲覧者に見えないことは全て同じじゃないか」という穿った意見に関しては、俺もそういう理屈は考えないでもなかったんですが(笑、やはりWebサイトに対するmixi、は他のものとは違う特殊な関係として論じるに足ると思います。というよりその前提で書き始めたわけです。

だから、mixi云々、というのは、「本来このサイトに書かれるはずだったテキストはmixiにアップされてます、あー面白い」ということがわざわざサイト側に書かれているように俺には見えたわけです。

それに対して俺は不快を覚えました。以上、とそこで終了しておくべきだったかもしれません。そこからmixi論に行ってしまったのは別の話であって、彼らを直接批判するつもりはなかったはずですが、「どうよ?」という書き方をしたのは、おそらく不快にさせるのが彼らの本意ではなかったはずだとの推測に基づいての指摘であって、蛇足といえば蛇足です。俺が不快に感じたことを表明しておけば十分だった。

mixiとWebサイトの役割は全く別である、との見解もありますが、それこそ俺の知りたい部分であって、じゃあmixiって何? てことは大いに議論すべきかと。今のところ俺には、mixiというのは日記サイトと競合するものにしか見えないわけです。

今日の薔薇乙女

水銀燈っぽい田中理恵(12/20)。(RinRin王国より)

水銀燈はなにげに真紅の次くらいに萌え。形勢逆転されて「あ… あら……?」とか青ざめてるとことかイイよね。バイキンマン的で。

田中理恵って菊姉ちゃんでもあったのか。なぜかなかなか認識できない声優っているよねー。「鋼鉄天使のどれかだったような?」みたいな。


< Today's Tune > "ホテルくちびる" (米米クラブ)

後輩K後輩K 2004/12/21 19:32 mixiって「内輪で馴れ合い」色が強そうな印象があります。一見平和なコミュニティっぽいけど、それが必ずしも健全たりえるかというと…正直、疑問符。
まぁ純度100%の偏見ですが。hehe

上海上海 2004/12/21 19:37 まあ、なんとなくイヤな人は利用しないし、利用しない人には中が見えないんだから偏見以外の批判のしようがない。逆に利用者が外部向けに広くその魅力を語る、ってこともあまりないんだろうな。どのみち誰かに招待されなきゃ参加できないんだし、参加させたい相手は直接誘うからそれ以外の人はいつまでたっても蚊帳の外。

StriderStrider 2004/12/21 20:21 懐かしいなぁ、異次元騎士カズマ <剣奴王

上海上海 2004/12/21 20:25 カシューのつもりだったんだけど……。「傭兵王」の他に「剣奴王」とも呼ばれてなかったっけなぁ。確かに、事前にググッたらカズマしか出なかった。

StriderStrider 2004/12/21 21:55 カシューは「剣匠」じゃなかったっすかね。ソードマスター。

天たま天たま 2004/12/22 03:51 思わずアイテム・コレクションを見直してしまった。剣奴であったことはロードスには伝わってないはずだから、「剣奴」が「王」の頭に付くことは無いのでは。

上海上海 2004/12/22 06:34 みんな歳がバレる!

盲人盲人 2004/12/22 18:22 現在急速に人が増えてるmixiは閉鎖的な集まりではなく、結局普通のwebになってしまい早いうちに陳腐化しそうだなあ

輪鷹輪鷹 2004/12/25 01:17 ポストmixiの時代ですな。

骨 2005/01/18 04:50 ま、blogだって結局は身内の不気味なエールの送りあいなワケで。