Hatena::ブログ(Diary)

ドキドキ上海日記 RSSフィード

Associated with 踊る上海亭  / 書いてる人:上海  / マジレス・長文はBBSへどうぞ
11月26日(日)【1DAY】レネット×メイリッシュコラボカフェ
何の前フリもなくこのお店の話題が出ることがあります。
ていうか、そればっかりです。

2017/05/17 (Wed)

蓬莱学園の回想!

中津氏はその筋では有名な(?)蓬莱OBだが、ドラクエⅩプロデューサーよーすぴこと齊藤陽介氏もそうだったのか?

ゲームの企画書の記事になるとのことで楽しみです。

これを受けてTLが盛り上がっていた模様。

かつてのPBM(蓬莱学園)はどのようなものだったか

https://togetter.com/li/1110959

PBMガチ勢はそんなに大変だったのか……というのはこれ読んで初めて知った。

俺自身と蓬莱学園については昔Ask.fmでコメントしたのでそのまま引いておく。

確か中学の時に誘われて『蓬莱学園の冒険!』(いわゆる旧TRPG)をやったのが最初で、その頃出た小説版『蓬莱学園の初恋!』を読んでハマった感じですかね。

94年のPBM『蓬莱学園の休日!』(S-NET)には参加したので、一応公式に蓬莱学園OBを名乗れるんですが、PBMのお作法が全くわかっておらずただ漫然とリプライを出してるだけで終わった。無名の一生徒として卒業したってところか。でも『蓬莱タイムズ』は貪るように読んでたし、臨時講師採用試験とかにも夢中になって取り組んだ。要するにひたすら受け身のファンだったと言える。学園史年表とかHBCのテレビ欄とかいくら見ても飽きなかった。

逆にいうと、特に90年動乱を経験した世代はPBMを通じて自分達が蓬莱学園を作っていたという意識が非常に強いんですね。実際、部長クラスのPCだったような人が今も業界にゴロゴロいます。私はその草創期を体験していないのと、PBMのマインドを内面化できずに終ったので、蓬莱学園グランドマスター柳川房彦/小説家新城十馬(現・カズマ)を神のように崇めるファンに留まったという感じでしょうか。『蓬莱学園の魔獣!』第一部(銃士テオドール・ザールウィッツの手記)はたぶん一番影響を受けた小説だと思う。

せめて蓬莱学園FCには入っておくべきだったというか、なぜ入らなかったのかわからない。高校時代は鬱屈しすぎててその程度の行動力すらなかったのかも。

歳がバレる。

最近ではTwitterで#hourai2020という謎のハッシュタグも。90年起点だと蓬莱学園30周年にあたるんですね。

2010年の20周年の時にはSF大会(TOKON10)の企画で蓬莱学園の部屋というのがあったので参加したんですけど(SF大会に参加したのこれ一回きり)、関係者の回顧談を聴くというゆるいイベントだった(笑。 でもその時、新城カズマ先生ご本人はPBM、TRPG、小説などの作業の時系列がどうだったのかあまり記憶にない様子だったので、ちょうど(サインをもらうために)『蓬莱学園の初恋!』を持参していた俺は「あとがきにはこう書いてありますよ」などと観覧席から発言した覚えがある(笑。

f:id:shanghai:20100808131332j:image

さらに余談だけどその少し前に『15×24』の発売記念イベントとして、都内書店を自転車で移動する新城カズマ先生に遭遇できたらサインしてもらえるという、著者本人による突発自主企画(笑)があって、確か池袋のジュンク堂でサインをいただいたんだけど、その時に集まったファンの一人が上記TOKON10の受付スタッフをしてたのにバッタリ再会して、蛇の道はヘビだなあと思ったものでした(笑。 懐かしい。

とりあえず、既に十数年前には脱稿済みという『蓬莱学園の革命!』2巻刊行をですね……。

  

otokinokiotokinoki 2017/05/19 08:59 その筋で有名と言われても、非常に困ってしまう私です。蓬莱学園関連、なにか30週年にしたいですね。まぁ近日中に公開されるインタビューもその一環ですが。斉藤陽介さんは88、90(蓬莱学園の冒険)で大活躍されたプレイヤーなのです。

shanghaishanghai 2017/05/19 21:59 コメントありがとうございます! こちらこそ恐縮です。20周年の時も皆様お忙しくて誰も音頭を取りきれず過ぎてしまったような印象があるので(笑)、今度は是非ドカンと仕掛けていただきたく! 全力で乗っかるつもりで期待しております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/shanghai/20170517/hourai