ガッカリ系小話ダイアリー

2011-01-24

電車の中の小話

| 05:58 |

2〜3週間くらい前。

OLと思しきおねいさん、っていうか同世代かな?化粧気もなくて、特筆するような特徴もない女性が、電車の中で本を読みながら泣いてたの。ノリノリでyoutube見ててパッと横みたら涙を流してて。いきなりだったからマジでビビったわけ。何ごとかと。

でもさ、そうなると何を読んでるのかが物凄く気になって仕方なくて。彼女の開いている単行本のページ上部には「デヴィ&アコ」って書いてあったからエクスペリアで観てたyoutubeをソッコー消してコッソリ調べたの。メール打つみたいな感じで。でも検索に全然ひっかからなくて。

で、もう一度彼女の本を覗き込もうとしたら、涙目ながらチラリとこちらを怪訝そうな顔で見てから本を閉じられてしまい。。まぁ当然だと思うけど。てか今思い返すとわたしザイウーっスね。。でもその時はそんなことを考えることもなく、ただただ“気まずいぜ、どうしよう”っていう思いに支配されてて。とか言いつつ閉じられた本のタイトルを目の端で確認してたんだけど。

流れ星』って書いてあったの。

そんで、また即調べたんだけど、上戸彩のドラマの情報しかでてこなくて。そんでそれをすっかり忘れてたわけ。今日まで。




今日、地元近くの図書館を通ったからフラッと入ったのね。

したらばオススメコーナーのところで『花と流れ星』っていう本がおいてあったの。で、“そういえば前探してた『流れ星』っていう本はないのかしら”と思って検索システムで探してみたんだけど、やっぱりなくて。手持ち無沙汰で帰るのもアレだからと思って、何の気なしに『花と流れ星』を借りようかとパラパラとページをめくってビックリした!

短編集だったんだけど、“オディ&デコ”っていう話も収録されてたの!!

デヴィもアコも違ったけど、“電車の中のあの彼女が読んでいたのはコレだったのか!これに違いない!!”と思うと、なんだかもうよくわかんないけど興奮してきちゃって。。

“あの、ごくごくフツーの特徴のない女性を公の場で泣かせる力を持っているのはオマエだったのか!”みたいなコーフンから即借りて走って帰宅してさきほ勢い余って読了した。








……うん、泣くねコレは。笑

収録されている話、どれも秀逸だった。

でもわかる、“オディ&デコ”っていう話はホント、、、なんつーか、、、わかるよ。決して“泣ける”話ではないんだけど。わかるよおねーさん……!!

このテの本て絶対自発的に読まなかっただろうから、結果的にきっかけを与えてくれたあの地味なおねいさんに感謝したい。

そしてあのおねいさんのことばっかり考えちゃう。どんな仕事をしているのかとか、何に興味があるのかとか、恋人はいるのかとか、いたとしたらどんな人なのかとか。いや、結婚しているのかもしれないとか。実はまだ学生かもしれないとか。兄弟は何人いるのか、多分妹はいるだろうなとか。どんな悩みを抱えてて、何が好物なのか、どんな音楽を聴くのだろうか、休日は何をするのかとか。。。。

……どーかしてるね。笑


んで、無知を晒すのが恥ずかしすぎるけど、この作者である道尾秀介氏は直木賞作家とのこと。

ここ最近全くもってフィクション小説にふれることが無かったから新鮮でした。

花と流れ星

花と流れ星



先日、出先で黒いコートを脱いだ時、腕部にカッピカピの汚れがあったのに気付いたんだけど、すぐに電車で隣に座ってた少年の仕業だとわかって、声出して笑っちゃった。

これまた怪訝そうな顔が一斉にこちらをむいたっていう。。笑

途中駅で乗ってきた、テニスラケットを持った男の子がわたしにの隣りに座ったと思ったら、即こっくりこっくりしだして。肩じゃなくて腕の部分によっかかってきたと思ったら、時折ファッと体勢を整えて真っ直ぐ向いてるんだけど、またしばらくすると腕によりかかってくるっていう繰り返しで。笑 でも、ある時からもう完全にわたしの腕にすべて――体重の全て預けてきて、ピクリとも動かなくなったの。

“え、なに?これなに?大丈夫?”と思ってたらスースー息が聞こえて。

“そら、ここで息絶えるなんてことはフツーに考えてないですよね”、と。笑

で、途中でガバッて起きてわたしの顔をサッと見て下車してったんだけど。

まさか鼻水だかよだれだかをあの短時間でつけよるとは思いませんでしたわ。。

かわいいもんですよね、全く。

まぁ、コレがオッサンとかだったら笑うヨユーとかなく、オエッってなって、その場でコート捨てかねないっすがね。笑


今日の一曲 Enemies/Friends / Hope of the States

D

当時、突発的に「エモ」というジャンルが確立されたかなんだかわからんけど、よく見聞きするようになって(あくまでも個人的な印象だけど)、自分の中ではそれがイマイチなんなのかわからんまま「エモ」と言えばHOTSという感じになってしまった。あとはwaking ashlandとかね。もう全てが自己判断ですよ。で、“エモってなーに?”とWIKIってみたらhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%A2ぜんぜん自分が連想するバンドと違った。

もはやMOGWAIすらエモに分類してたから。笑

てか来月来日するらしいけど、チケット代高過ぎるぜよ……。

Connection: close