Hatena::ブログ(Diary)

シェイブテイル日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-09-04 昭和恐慌は「一人当り90円の借金」を返済しようとして発生した このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

1000兆円の政府債務が積み上がった現代とよく似た状況が84年前にもありました。
ただ、その時積み上がっていた政府債務、よくいわれる言い方では「国民一人あたりの借金」とは90円でした。


1929年(昭和4年)、浜口雄幸内閣が誕生し国民から熱狂的に迎えられました。
浜口内閣痛みを伴う改革を訴え、不況下の緊縮財政を断行します。
同年8月には、浜口首相は緊縮財政の必要性を訴えるビラを全国1300万戸に配布しました。

今日のままの不景気は底知れない不景気であります。これに反して緊縮、節約、金解禁(著者注:金本位制に復帰すること)によるところの不景気は底をついた不景気であります。 我々は国民諸君とともにこの一時の苦痛をしのんで、後日の大なる発展を遂げなければなりません。 
  「全国民に訴う」 1929年8月28日

これに対して、野党・政友会の三土忠造政府を次のように批判しました。
その中で当時大問題であった政府債務の規模にも言及されています。

一般国民は経済上の知識が乏しく、唯古来の道徳上の教訓によって、節約と言えば無条件に誠に結構なもののように考えるのは無理もないところである。 即ち自分だけ節約した場合と国民挙げて節約した場合とを混同したのである。

世間一般の人は従来通りの生活をしていて自分一人節約した場合には、その節約しただけ懐に余裕が出来ることは言うまでもないが、世間一般が挙って節約した場合には、これとは全然相反する結果を来すのである。…。国民挙って消費を節約すれば、他人の生産した物を買うことが減少すると同時に、自分の生産した物の売れ行きも減少する。 言い換えれば経済政策全体の縮小に終わる。…。

浜口首相も井上蔵相も我が国の公債総額が60億円近くに上ったことを以って、あたかも国家の存亡に関する一大事の如くに宣伝し、現内閣はこれを整理を以って重要使命とするものであると吹聴し、この60億円を一人に割ってみれば90円にして、国民は生まれながらにして90円の借金を負っている、誠に大変なこととつげた。…。

いかがでしょう。政府債務の桁こそ大きく違えども、財政再建派の言うことは時代を超えて判でついたように一緒です。
84年前の浜口首相は、野党からの正しい批判に耳を貸さず、翌昭和5年には日本を昭和恐慌に追い込みました。

ではその政府債務は、明治時代以降、一体どのように推移しているのでしょうか。

政府債務経済成長とともに桁違いに伸び、それが自然
f:id:shavetail1:20130904091004j:image
図1日本の政府債務超長期推移
出所:2002年まで=総務省統計局政府債務現在高、2003年以降IMF
1872年明治5年)以降の日本政府債務推移(対数表示)
そう遠くない将来、京(けい)の桁がわからないと経済記事が読めなくなるだろう。

政府債務を重大な問題と捉える政治家マスコミはいつの時代にもいるようですが、浜口首相が問題とした「一人90円の借金」は今では何の問題もありません。
さらに言えば、「一人90円の借金」も、正しくは当時7割が国民の資産でしたので、海外に返済すべきは一人30円でした。
その返済すべき海外債務も昭和63年にはめでたく完済し、現在では一転して、日本国民が世界におカネを貸す世界一の債権者となっています。

政府債務は累増しても国民からの借金(内債)で、インフレ(お金の刷りすぎ)でさえなければ健全であり、これを個人の債務のように返済を企てると経済は破綻します。

そもそも現在の日本国民は、政府・海外に一人あたり800万円の債権があるだけで、返済すべき債務は全くのゼロです。

安倍首相にも使い古された「1000兆円の政府債務経済破綻」「一人あたり800万円の借金」の大ウソを理解していただき、デフレ下の増税という昭和恐慌の引き金を引いたのと同じ増税緊縮政策に踏み出さないようにお願いしたいところです。

【参考】現在の日本でも消費増税が必要、という向きにはこちらも読んでいただければ目からウロコが落ちるかも知れません
国の債務は返済の必要がないという本質 - シェイブテイル日記 国の債務は返済の必要がないという本質 - シェイブテイル日記

単純労働者単純労働者 2013/09/04 10:44 資本主義国の歳出と債務は長期的に増大することがあっても減少することは決して無い。
点検が必要なのはその増大のペースと経済に与える影響の良し悪し。
一人でも多くの方がshavetail様のご主張に気付かれることを願います。

shavetail1shavetail1 2013/09/04 11:54 早速、適切なコメントを頂きありがとうございます。

(`ェ´)(`ェ´) 2013/09/04 12:38 たまにこちらのブログ記事にたどり着くのですが、前々から疑問に思っていたことがあります。
無限に国債発行できるのならなぜ全ての税率をゼロにせよと主張しないのですか?
また、年金給付開始年齢の引き上げについてはどう思いますか?

shavetail1shavetail1 2013/09/04 12:54 (`ェ´)さま
何事も手札(オプション)を多く持つことが重要なんですね。
借金(国債)も、税も、そして先日ブログ書いた通貨発行益も重要な政府財源です。

現在通貨発行益に無意味な封印をすることでデフレからの脱却が困難となっています。

デフレ不況の今だからこそ税が経済の邪魔になっていますが、インフレ転換して好景気になり、更に過熱したり、資産だけ上昇する資産バブルになった場合、税率を0として既得権化してしまうと、税(負の財政政策)に封印していますから、今度は金融政策だけでのコントロールせざるを得なくなってしまいます。 これは自らオプションを減らしたための障害です。 今のデフレ不況の間なら無税国家も成り立ちますが、未来永劫は却って大きな問題があります。

年金支給年齢に関しては、見通せる将来の間は通貨発行益を年金財源のひとつとすることで、定年退職後すぐの年金開始に何ら支障はないと考えています。 
ただそう断言するためには、マクロ経済モデルを回して、定量評価が必要でしょうね。

(`ェ´)(`ェ´) 2013/09/04 13:01 度々失礼します。
税については、インフレ転換したら増税すればいいのでは?なぜ税率ゼロがオプションの放棄と評価されるのでしょうか?
年金支給年齢に関しては定量評価が必要なのに、今回の増税の是非については無限に国債発行可能という議論で終わってしまうロジックがよくわからないのですが。

shavetail1shavetail1 2013/09/04 13:36 デフレ不況が続く現在、政府は歳入不足に悩んでいます。そう考えればゼロ税率もわるくはなさそうですね。

ところが一旦ゼロ税率が当たり前になってしまえば、これを従前のように法人税実効税率40%、所得税最高税率40%に戻しますといえば、まず政権は倒れ実現しにくいでしょう。

国債は内債である限り、最初からどこの国でも無限に発行可能でロジックは関係ありません。勿論実際多すぎる内債発行は多すぎるマネーの増発そのものですから、それが良いとは言えません。

外債の場合、外貨準備などにより、返済可能性が大きく影響を受けるため、外貨準備が殆どない国がユーロやドルペッグなどの高通貨政策をやると、ギリシャ・かつてのタイなどのように借り換えができず、デフォルトや通貨の大幅下落しか対応策がなくなります。

(`ェ´)(`ェ´) 2013/09/04 14:04 景気条項のようなインフレ条項を組み込んだ時限減税の形をとればいいと思います。初めにそういう形にしておけば、政権が倒れても実現できるでしょう。
国債云々の件ですが、年金支給開始年齢を据え置き(=財政支出維持)しても最終的な財源は国債の発行で賄えるのですから、増税反対を支持する論理と同じになるはずではないでしょうか。あるいは増税反対についても、国債の発行可能性&借金の返済要否の議論とは関係なく、マクロ経済モデルによる定量評価上問題ないから主張しているという意味でしょうか?

shavetail1shavetail1 2013/09/04 15:31 無税化も、年金支給年齢も同じ論点になりますが、どちらも「恒久化」というところが大丈夫かというところですね。
年金支給年齢を引き下げて60才の方は全体に対する影響は小さそう(年10兆円程度?)で、恒久化しても名目GDP比で大した話ではないように思いますが、これは直感で、調べて書いてはいません。

ただ、無税化は現状の税収でも年40兆円、更にはインフレ好況ともなれば、60兆円、暫く後には100兆円の景気対策を毎年実施していることになりますね。それでインフレにならないわけはないと思います。
狙うべきインフレ率を2-3%にしたいのに、最初からそれを大幅に超える狙いとなるのなら、まずいでしょう。

今後5年の100%減税程度でインフレ目標にも到達するでしょうし、それ以上未来永劫100%減税が良策かどうかは今の私には判断がつきません。
冒頭書いたように、100%減税+高金利というオプションと税制は数年間の大幅減税+低金利というオプションはどちらもありそうですが、実際やれば当然優劣はあるでしょう。それを片方最初から止める決断をすることはない。単にそれだけです。

ababaababa 2013/09/04 22:46 細かいことですが、水戸忠造→三土忠造ではないでしょうか。

shavetail1shavetail1 2013/09/05 05:26 勉強になります。
いくつかのウェブサイト・本で水戸となっていますがただしくは三土(みつち)忠造なんですね。 訂正させていただきます。f