Hatena::ブログ(Diary)

シェイブテイル日記改め 西武輝夫日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-08-05 アベノミクスの本質とは何か このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

無茶苦茶ご無沙汰しています。 個人的に色々と忙しいことと、アベノミクスへの期待が失望に変わっていったことからブログの更新を怠っておりました。

さて、久々にブログを更新しようと思ったのは、アベノミクスの現状を端的に示す2枚のグラフをお見せしたかったからです。

言うまでもなく、アベノミクスとは(1)大胆な金融政策金融緩和)、(2)機動的な財政政策 (財政出動)、(3)民間投資喚起する成長戦略 の3本の矢であったはずです。

大胆な金融政策については、GDP比でみたとき、世界金融史上にも例をみないほどのマネタリーベース拡大などがいまも続いています。
また成長戦略についても、有効性はともかくとして、経済特区や働き方改革などなど各種の施策が矢継ぎ早に打ち出されています。

しかし、財政政策についてはどうでしょうか。

図1のグラフは、財務省ウェブサイトに掲げられた一般会計の歳出状況のグラフを分かりやすく改変したものです。 *1

f:id:shavetail1:20170805203545j:image:w800
     図1 一般会計歳出の状況
      出所 財務省ウェブサイト
     歳入・歳出のグラフから歳出部分のみを示した。
     グラフ上部の西暦では、アベノミクス期('13年−)を強調表示している。

アベノミクス初年度の2013年こそ歳出規模で100.2兆円と、民主党政権時代の前年度比で増加となりましたが、その後は一進一退、今年度に至っては97.5兆円と、消費税を上げる前の民主党時代と同等あるいはそれ以下の緊縮財政となっています。
安倍政権になってから、消費税増税社会保障関係の事実上の大幅増税を断行したにもかかわらずです。

差し引きでいえば、アベノミクスとは、民主党時代よりも一層、緊縮財政指向の経済政策だということです。

85年ほど前の高橋財政ではわずか1年でデフレ脱却しました。
物価は、高橋財政前年にはGDPデフレータでマイナス10%近かったものが、翌年はゼロ%更に翌々年には3%と、それ以上上げる必要がないレベルとなりました。

その高橋財政初年には財政規模を前年比でなんと23%ほど拡大しました。*2
一方、アベノミクスでは初年こそ前年比で1.5%ほど拡大したものの、あとは一進一退です(図2)。

f:id:shavetail1:20170805220911j:image:w600
図2 アベノミクスと高橋財政 財政規模前年比推移
アベノミクス期の財政規模は対GDP比、高橋財政期は対GNP比それぞれの前年比。
アベノミクスは近年の経済統計から、高橋財政期については「昭和恐慌の研究」(p252)から算出した。
高橋財政では、4年目以後は過剰インフレ気味から財政抑制策に転じて軍拡を求める軍部の恨みを買い、
1936年の2・26事件につながった。

私としましては、金融政策が多少の為替への効果を通じての製造業支援になっていることなどは否定しませんが、円安は輸入業者から輸出業者への所得移転政策とも考えられます。
日本経済には再配分は更に必要とは思いますが、必要なのははごく一部の儲け過ぎの人から大多数の低所得者へであって、本質的には輸入業者から輸出業者への所得移転が求められている訳ではないでしょう。

また成長戦略はサプライサイドを拡大しようとするものですから、デフレを脱却してはじめて重要性を持つものではないでしょうか。

安倍首相をはじめとするアベノミクス推進者たちが、なぜ85年前の鮮やかなデフレ脱却成功事例を省みることなく、人気絶頂の政権奪取後から支持率が無残に下がった今に至るまで、無為に時間を費やしているのか首をひねるばかりです。

【関連記事】 2014-08-15 アベノミクスと高橋財政を比較してみた

*1:引用先のp4グラフ

*2:対GNP

りょうりょう 2017/08/06 00:33 >成長戦略はデマンドサイドを拡大しようとするものですから

サプライサイドの間違いではないですか?

shavetail1shavetail1 2017/08/06 09:21 ご指摘ありがとうございます。その通りですね。
文中訂正しました。

こ↑こ↓こ↑こ↓ 2017/08/06 13:22 まぁここまで露骨に緊縮&規制緩和等を行っているところを見ていると安倍さん的には財政出動&金融政策の組み合わせなんてどうでもよくて、規制緩和と構造改革がメインだったっていうことなんでしょうね・・・
加計の件にしても獣医師の待遇が悪いから成りてがいないのに、それをさらに規制緩和するとか正気じゃないこと言ってますからぶっちゃけもう終わった人として見ていいんじゃないかと思っています
ポスト安倍として名前の挙がってる岸田さんが所得の再分配を気にしていたようですが、民進党みたいな消費税で所得の再分配()みたいなアホ言わずにマシな政策掲げてくれることを切に祈っています

amaterasu-rakiamaterasu-raki 2017/08/06 16:34 そんなに心配しなくても大丈夫だと思いますよ。求人倍率等をみてもデフレは過去のものになると思いますわ。

プルミエールウォッチコピープルミエールウォッチコピー 2017/08/07 14:03 シャネルプルミエールウォッチコピー
シャネルコピープルミエールウォッチ
プルミエールウォッチコピー
http://www.cdfshopping.com/chanel-watch/premiere-1.html

玉簾玉簾 2017/08/07 17:10 初めまして シェイブティルさん

最近のエントリー読んでの感想ですが、シェイブさんの立場としては安倍政権は最初の1、2年は公共事業で財政支出出してうまくいってたんだからここからでもどかっと大々的なインフラ整備でもやればうまく行くだろうと考えですか? 最初数年でうまくいったのだから
いわゆる公共事業供給制約仮設は怪しいんじゃないかと個人的に考えてます。あとやっぱり大本命の政策はいわゆる「財政ファイナンス」云わば高橋財政をもう一回やれですかね?

苫戸法師苫戸法師 2017/08/07 19:20  金融緩和に従い利益を上げた輸出関連企業は次のビジネスチャンスを生かす投資もせずに内部留保を増やすだけでだったのですから、消費増税はもちろん大失敗ですが、それに隠れて引き下げた法人税減税も失敗も良いとこでしたね。それを報じるメディアがないのも大問題だと思いますが。

shavetail1shavetail1 2017/08/07 21:13 こ↑こ↓さま
安倍さんは支持率浮上のため内閣改造をしましたが、あれも自分の可愛がっている稲田氏をひとりクビにするのに忍びなくて改造という形にしているだけのようにみえますね。
ポスト安倍さんが良い政策を打ち出すことを祈りたいのですが、とにかくカードが少ないですw

amaterasu-rakiさま
>求人倍率等をみてもデフレは過去のものになると思いますわ。
う〜ん。どうなんでしょう。

今の求人倍率向上の原因は何かという点について、需要が向上して高賃金でも人を雇いたいという企業が増えたのであればおっしゃる通りの結果、デフレ脱却となるかと思うのですが、現状はどちらかといえば、低賃金企業が人を取りたいが、労働者としてはそんなていちんぎんでは暮らしていけないから応募もしない、というパターンのような気がするんですよね。総務省統計なんかみたイメージで、論拠というほどのことはないのですが。

玉簾さま
初めまして。 公共投資については過去20年自民党も民主党もなりふり構わず切り捨てて来ましたね。それで産業として壊滅状態になってしまいました。 その間オリンピックは脇に置くとしても、インフラ劣化が進行して、是非とも公共投資増加に反転しないといけない効き的状況となりましたが、建設業では労働者数は横ばいのまま。業界では次にまた公共投資削減があるかも、と思えば新人を採ったりコストを掛けて教育訓練したりといった人的投資に消極的になっているのかもしれません。 公共投資がそうした状況ならば、有効な財政政策としては消費税減税・廃止が浮かびますね。
(国土強靭化、10年で200兆には期待してたんですが)

苫戸法師さま
おっしゃる通りですね。 法人税減税の財源としての消費税増税なんて亡国政策としかいいようがありませんよ。 最近では前面には掲げていませんが、経済同友会の機関誌では法人税財源として消費税を17%まで上げよなど頭がおかしいような主張が載っていました。
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20150306

@@ 2017/08/09 21:26 まあお気持ちはわかりますが、日本は曲がりなりにも民主主義国家ですから。身内の与党、野党、官僚、学者、エコノミスト、マスコミの殆どが日本は財政危機と考えていて、彼らは積極財政に批判的です。

↓主権者である国民もこんな感じで完全に洗脳されてます。
改憲論議「急ぐな」が過半数=赤字国債、8割強が否定的−時事世論調査
https://web.archive.org/web/20160723163205/http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072200542&g=pol

こんな状況で、首相の独断で国債を増発できたら、日本は制御システムが無い独裁国家ということになってしまいます。肩書がNo1だからって、全ては総理大臣の思うがままというわけにはいきません。中途半端なアベノミクスは、日本が民主主義国家である証左と考えます。

田中角栄も言ってましたが政治は数じゃないですかね。どんなに正論を主張しても、彼らが少数派なら数の力で潰されるのがオチです。海の向こうでも、トランプは威勢よくオバマケア廃止を主張してましたが、実行するのに悪戦苦闘してます。オバマ政権も財政拡大で庶民の生活の下支えを目指してましたが、緊縮派の茶会派に振り回され、思うように行かず「米国の分断」を招いてしまいました。

私は安倍総理が需要管理を軽視してるとは思えません。国会中継を見ても「PB黒字化に固執して景気が悪化したら元も子も無い」と言ってますし、この記事(幻の歳出上限59兆円 攻防・財政健全化/http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H44_W5A620C1SHA000/)を読んでも、歳出を絞ると景気に悪影響があるくらい理解してると思います。教育国債にも積極的です。消費増税もそもそも本当にやりたかったのか疑問です。反財務省で知られる産経の田村記者によると、安倍総理はせめてショックを和らげようと3%ではなく2%の引き上げを提案してたようですが、自民党内から「こんな景気が良いときにそんな弱腰でどうするんだ?」と猛反発を受けたようです。

@ 2017/08/09 21:51 ちなみに公共事業については、私が国内のエコノミストで一番信頼してる会田卓司氏によると供給制約がやはり存在するようですね。この20年、先進国で公共事業を一番多く削ってきた国なので仕方ないですが。

https://zuuonline.com/archives/99984
「短期間で優良なプロジェクトをともなう政府支出を決めることは困難であり、公共投資に依存してきたことが、景気対策が「ばら撒き」と批判を浴びる原因となった。そして、ばら撒きという批判を政府が浴びることを恐れるので、大胆な景気対策を実施できなくなってしまう。現在は、建設労働者や機材の不足という新たな公共投資の制約要因がある。」

あと、URL忘れてしまいましたが、同じく会田氏によると減税による需要喚起も難しいらしいですね。というのも、「税制中立」の原則で動いている自民党税制調査会を丸め込むのは物凄い政治的エネルギーが必要らしいです。

shavetail1shavetail1 2017/08/11 12:01 @さま
ご意見ありがとうございます。
おっしゃっていることは全てその通りと思いますよ。

会田卓司氏の見識には私も敬意を払っています。

玉簾玉簾 2017/08/11 18:56 >shavetail1さん、@さん

情報ありがとうございます。供給制約説のためになかなか難しいところありますか...
昔、富田克也監督「サウダーヂ」って映画が在りまして、公共事業を減らしまくった結果、荒廃してる山梨が舞台なんでよ。その映画見た後だと地方では公共事業が最後の砦になってるので、短期的にはやっぱり公共事業しなきゃと個人的には思いましたね。長期的には地方の公共事業依存の経済構造を変える必要はあるかなと思いますが、今はデフレ傾向ですからねえ...

asdasd 2017/08/12 10:09 こんにちは。

供給制約があるから追加需要は難しいと考えるか、
供給制約の解決方法は結局、追加需要すること、と考えるかですね。

別にこれは公共投資に限ったことではなく、デフレ容認を続ければ全ての産業が陥る話と思います。