Hatena::ブログ(Diary)

shi3zの長文日記 RSSフィード Twitter

2017-12-13

お洒落エンジニアについて 08:25

 以下、エンジニアでない人はよまなくていいです。


 世の中には、雰囲気でプログラミングをやっている人がいる。

 僕らは10年ほど前から、実用性よりも個人の美学を優先したコードを「オシャンティーなコード」と呼んでいる。


 オシャンティーなコードを書くのは、お洒落エンジニアである。


 オシャンティーなコードの定義は前述の通りなのだが、一定の法則がある。


 お洒落エンジニアは無闇矢鱈にマニアックな言語とかフレームワークを使いたがる。

 新しいものに飛びつく人もいれば、古すぎて誰も知らないものに飛びつく人もいる。


 まあ下っ端にお洒落エンジニアがいるというのは、上からいくらでもコントロールできるのであまり害がない。しかし技術責任者がお洒落志向だと、会社全体がお洒落化してヤバイ。


 お洒落エンジニアにとって重要なのは、要求された要件をコンクリートに満たすことではなく、いかにエレガントに解決するかということなので、そのフレームワークや言語が枯れているかどうかという点は一切気にしない。


 多くのお洒落エンジニアは、たいがい若い。要はハシカのようなもので、一度や二度はお洒落なコードやマニアックなプログラミング言語を使いこなす俺カッケエと思い込む時期があるのである。残念ながら俺にもそういう時期はあった。まあ17〜22歳くらいまでは。


 お洒落かぶれになる時期はだいたい5年くらい。俺の場合は、7歳の頃からコードを書いていたので、10年後に罹患し、5年で完治したといえる。


 おれが完治できたひとつのキッカケは、MicrosoftのDirectXのサンプルを二週間で2つ作ったときだ。そのときまだC++で実装されたばかりのテンプレート機能を駆使して俺なりにできるだけエレガントに思える3Dゲームフレームワークを作った。VectorStormという名前も、いかにも厨二病から抜けられていない感じがした。


 しかし実際にこれが世に出てMicrosoftの公式なSDKサンプル(Dreamcast専用なのでライセンシー以外は入手できない)になると、急に恥ずかしくなった。家庭用ゲーム機が32ビット化していたとはいえ、テンプレートを使えばメモリは無駄に食うし、そもそもテンプレートは当時枯れてないし普及もしてないから、他の開発者がこれを参考に自分独自の拡張を加えることは絶望的に面倒なだけだと思ったからだ。


 幸いなことに、俺が書いたコードは実用品としてではなく、あくまでもサンプルコードだったためにテンプレートを使って行数を節約できたことはそれほど悪い話ではなかった。テンプレートの知識なしに読むのは大変だっただろうから、あれを渡された人たちの気持ちを考えるとあまり笑えない。


 そのあとも一時期、SchemaやPrologにかぶれたことがある。

 kahuaという、gache(Schema処理系のひとつ)ベースのWebフレームワークを一時期本気で仕事に使おうとしていた。


 kahuaを使うと、「継続ベース」という魅力的なプログラミングパラダイムを使ったWebサーバーを書くことができた。それはとても魅力的に見えた。当時C++でWebサービスを書いていた俺にとって、C++はあまりにもWebサービス向きではなかったからだ。


 当時はJavaScriptが貧弱で、Ajaxとかが出てくるよりずっと前だ。クライアントサイドでの処理は最低限にしなければならなかったし、対象はiモードだったから、そもそもJavaScriptは走ってなかった。


 しかし、kahuaの限界にすぐに達してしまった。そもそも慣れてないschema言語で、どこに問題があるか突き止めることもできないまま悶々としていた。


 しかし日々の仕事はやってくる。

 結局、自分が独立して会社を持つと、オシャンティーな技術は道楽に過ぎない、という結論を得た。


 サラリーマン時代に安達という後輩がいて、今はグルコースという会社を経営しているが、彼もなかなかオシャンティーが抜けない男だった。誰も見向きもしない頃からPythonを使っていて、彼に仕事を頼むと、誰も知らない頃のPythonで書かれたコードが納品され、それは誰もメンテできないのでとても困る、という時代が続いたことがある。もう10年以上前だ。


 今はむしろ安達がPythonをやり続けていてホッとしている。Deep Learning関係のプログラミングはPythonが多いからだ。PythonやそのWebフレームワークも枯れてきているので今は安心してPythonで実用的なコードが書けるし、みんなメンテできる。


 ダイバシティというのはいつも大事だ。だからオシャンティーな技術に全く興味を持たないエンジニアは、それはそれで失格であると思う。


 しかしオシャンティーな技術「しか」興味を持たないエンジニアは、現実の問題を解決できないと思う。



 とある会社があるとして、その会社のブログや、その会社の社員が、やたらオシャンティーなことを言っていたら警戒しなければならない。


 オタクというのは、とにかく普通の人が知らないことを知っているという知識をひけらかしたいだけの人が多い。


 「こっちのほうがエレガントだから」で仕事に使う技術を選択してしまう。誰にでもあるミスだが、25過ぎてもそんなことを言ってるやつが居たら張り倒して良い。


 現実のエンジニアリングで求められるのは、エレガントであることではなく、コンクリートであることだ。ソースコードが綺麗で保守性が高い、は多くの場合、自己満足に過ぎない。まあオシャンティープログラマーはさらにエレガントかつ、普通の人が読んでも意味がわからないようなほぼ暗号というかナゾナゾのようなコードを好むことが多いので、本人しかメンテできない。彼らのいう「自称エレガントでメンテナンス性の高いコード」は、たいがい普通の人から見たらゴミでしかない。


 要は、技術的負債である。


 技術的負債を一掃するには、まずトップを変えなければならない。技術的負債が蓄積されていくのは、トップが間違った道を示し続けるからだ。


 脱オシャレが成功すれば、あるいはとあるサービスの復活はそう遠くないかもしれない。出てきたメンツを見ると応援したくなる。ふたりとも、オシャンティーよりコンクリートを好む人物だと僕は知っているからだ。


 しかし大胆な決定をしたものだな。


 とにかくがんばれ。超がんばれ


https://i.gyazo.com/71a552fb6f9d32b5f86357c4c1958fcb.png

 

 

2017-12-12

PEZYの中の人からの反論 11:37

http://d.hatena.ne.jp/telmin/20171211/1512977259

PEZY - パラレルに恋して


やっとPEZYの中の人からの反論が出てきた。本当はできないことなのかもしれないけど、すごいことだと思う。リクルート疑惑の時にリクルートの中の人の反論は聞くことができなかった。


疑惑が開発費流用なのも、たぶん技術そのものの有用性が否定できないからだろう。


もし技術そのものが存在しなかったという話なら、最初からそう言ったほうがショッキングだからだ。


さらに齋藤さんは僕が知る限り夜の街で豪遊したり、高級車を乗り回したりする人ではない。

高級ブランドの服を買ったりもしない。休日は野球帽をかぶって歩く、どちらかというと、技術バカの人だ。


言われっぱなしにならないというのがインターネットのいいところで、堀江さんもむしろ逮捕前よりも今のほうが生き生きとしているように見える。自分のやりたいことを真っ直ぐにやっているからだ。


まあとにかく早期決着して欲しい。


日本が、世界が齋藤さんを待っているのだ。

2017-12-11

その日食った餃子の名前を僕達はまだ知らない 06:37

https://i.gyazo.com/3a9369edde00d1267c11e3c3d8302395.jpg


 週末

 なぜか宇都宮にいた。


 久しぶりの二連休だというのに、なにをまた疲れることをしているのか。

 我ながら意味不明だが、飲み友達が月に1,2回、宇都宮に行き、行きつけの飲み屋があるというのでついていった。


 宇都宮、想像以上に近くて驚いた。


 宇都宮といえば餃子である、というのは聞いていたが、こんなにたくさんの餃子があるとは思わなかった。街全体が餃子のテーマパークのようである。まるで香川県がうどんのテーマパークであるかのように。


 ある土地をひとつの切り口から見た時に、それまでとは違った面白い視点が見つけられるとそれはそれでウレシイ。


 きっと宇都宮に関して、たとえば石の街である、という見方もできるだろう。実際、あちこちに石像があった。


 クルマの免許があるとこういうときに便利である。

 世界中どこにいっても、思いつきでレンタカーを借りて走り回ることが出来る。


 レンタカーで手にするものは何か。圧倒的な自由だ。タクシーではこうはいかない。

 しかもニコニコレンタカーなら、2525円で借りることが出来る。タクシーより断然安い。


 採掘場跡を見学して、餃子の正嗣に行って、それから鈍行でぶらり途中下車の旅


https://i.gyazo.com/78671097acd912706309a5a2abfdcfa4.jpg

 

 見知らぬ土地で降りて、ワインを買う。

 金かかんないしいい趣味だなこれは


 大宮で降りて、鉄道博物館を見学する。

 これまた楽しい。


 食堂車のメニューを再現したというオムライスを食い、「うん、これはまさしくオムライスですな」という感じで腹いっぱいになり、家に帰って地球防衛少女イコちゃんを見て寝た。


 いい週末だった。

 今日から怒涛の師走が始まる。

2017-12-08

PEZYは今こそ頑張って欲しい  08:41

 齋藤さんの件はやはり事前に聞いていた怪情報が概ね追認される形で、やはり政治がらみだった。政治怖い。政治とはできるだけ距離を置きたいけど、僕自身が未踏という一種の助成金で仕事を始めた人間なので、国に対して恩があるわけだから政府から協力を求められれば無碍にもできず、安いギャラで委員にもならなきゃならない。たぶん今、僕を一番安く使っているのは政府である。あまりにも安くてここで書けないようなギャラなのだが、これは恩返しであるので仕方ないと割り切っている。が、距離のとり方間違えるとマズいな、と改めて思った。


 そういや加計問題のときに首相付近のジャーナリストだかの事務所家賃を齋藤さんが持ってるという怪情報が週刊誌に載ってたなあ、ということを思い出した。くわばらくわばら。



 ただ、どうも政治家と個人的なつながりがあって優遇されていた可能性がある、ということで税金の横流しをしていたということなら、齋藤さんがどうこう以前に許せないことだし、助成金の一部が政治家やその関係者の懐に流れていたとすれば、それはそれでしっかり究明して欲しいが、PEZYの事業はこれからも存続して欲しい。


 単なる助成金の誤魔化しではなく(それだけだったら返納とか厳重注意とか、まあとにかく前段階があるはずで、いきなり逮捕はありえない)、誤魔化したカネを政治資金に還流、しかも政権政党の党首が、ということになればこれは完全にアウトだし完全に特捜案件だし、特捜部の新部長が腕まくりしてやる初仕事に相応しい仕事と考えられたのかもしれない。


 しかしこれも変な話なんだよなあ、PEZYの技術はそんな誤魔化しをしなくてもぜんぜん先進的だし、ふつうに成立すると思うし、NEDOに限らず国プロの審査は相応に厳しいし、そこで得た金を政治家や関係者に横流しする動機があるとも思えん。発注先が自分の子会社ではなく、政治家の親族の関係会社だったら完全にアウトだと思うけど。



 しかし齋藤さん、人がいいし気前もいいから、山口さんの事務所家賃をポーンと出してあげる、みたいなことは悪意なく男気で普通にしていた可能性もある。もしそうだったら、脇が甘かったと言われてしまうかもしれない。


 ここに僕は教訓を学ぼうと思う。政治、ダメ、ゼッタイ。


 あと、男気もダメ。

 やっぱり僕は血も涙もない人間のクズとして生きようと思う。


 昔、友達が海外に移住するので100万円貸してくれと言ってきたことがある。


 「まず、お前、いい年こいて100万円も貯金がないというのはどういうことだ」


 「いや、ないんですよ」


 「銀行から借りろ」


 「えー貸してくれないの?」


 「俺は貸金業者じゃないし、回収する能力も差し押さえる能力もない。君が金を返すかどうかわからないし信用できない」


 「友達なのに信用してくれないの?」


 「金が絡むと人は人格が変わる。君と友達でいられなくなる。いいから他をあたれ。たとえ貸すにしても俺はリスクを上乗せした合法ギリギリの金利を要求する。したがって、俺から借りても無利子ではない。となれば、銀行から借りるほうが利子が安くていいだろう」


 それで結局彼がどうやって引っ越し代金を工面したかは知りませんが、いまどき100万円ならアコムでも銀行でも正当な理由があれば貸してくれます。


 まあ僕は齋藤さんが好きなんでいい方に考えたいんですが(たぶん齋藤さんを直接知ってる人はみんなそうだと思う)、仮に齋藤さんに全く悪意がない場合、というストーリーを考えてみましょう。



 ・齋藤さん、元TBSの山口さんと知り合い、いろいろあって山口さんに惚れ込む


 ・山口さん、「齋藤さん、事務所を借りたいんですよ」


 ・齋藤さん、男気で家賃を払うことを承諾


 ・税理士「金額が大きいので会社の経費にしましょう」


 ・齋藤さん「あ、ハイ」


 ・特捜「おい、その金は税金じゃねえのか?しかも山口っていったら、総理につながってる記者じゃねえか。総理に金渡してたんだろう」


 ・齋藤さん「えっ・・・」



 という話だといいなあと思いつつ、こんなに単純な話だったら何ヶ月も内偵して裏とれば無理筋だってわかるはずなんで、たぶんまだ報道されてない真実があるんでしょう。


 日本、いや、人類の未来のために非常に重要な仕事をされていた方だけに、どこでボタンを掛け違えてしまったのか、あと、僕も税金いただいてる会社の社長なんで、「知りませんでしたすみません」で逮捕されたくはないので、ほんとになにがマズいという話だったのかを見極めたいと思っています。それはそれでわかりやすい答えを求めている部分は自分の中にはある。


 元官僚の同級生から、「とりあえず役所に絡む仕事をやるときにはこれを遵守しとけ」と事務マニュアルがおくられてきた。

事務処理マニュアル(METI/経済産業省)

http://www.meti.go.jp/information_2/publicoffer/jimusyori_manual.html


 僕は仕事柄、政府の人たちと絡むことも少なくないのだが、いまどきのお役人というのは本当にしっかりしていて、たとえ飲み会を開いても絶対に割り勘。基本的に接待というものが通じないような仕組みになってる。また、役人の方々も基本的には日本国の行く末にしか興味がない。どうすれば国益に貢献することが出来るか、興味はそこにしかない。まあたまに何も考えずに「仕事を増やしたくない」という態度を隠さないどうしようもない人もいるが、少なくとも経産省の役人ではそういう人を見たことがない。


 だけど本当に役人や政治家、その関係者に対して男気を見せると、それは男気ではなくて贈収賄の疑いをかけられるのだ、ということを我々は改めて学ばなければならない。


 むかし、リクルートの江副さんが書いた本かなんかで、「親しい人に良かれと思って未公開株を渡したら贈収賄になってしまった」とあった気がする。実際にはそうでもないのかもしれないが、基本は「よかれと思って」という気持ちがなかったら、わざわざ未公開企業の株を渡すなんて言うリスキーなことはしない。


 実際、僕はよく友達から「清水の会社の株買わせてよ」と言われるのだが、未公開会社というのは株主の数が制限されており、しかも株主総会とかするたびに全株主に招集通知を出したりしなければならずめちゃくちゃ面倒くさいので基本的に全部断っている。よほどのステークホルダーでない限り、身内にも株を売ったりはしない。


 まあだけど、とにかく政治とか官僚とかと個人的に親しくなって、「便宜を図った」と思われてしまうような安易な行動は厳に慎まなければならない。人のふり見て我がふり直せ、他山の石にするしかない。


 とはいえ、リクルート事件にしろロッキード疑惑にしろ、ライブドア事件にしろ、特捜の操作が入って社長が逮捕されても、正しいことをやっていれば、潰れた会社はない。リクルートは今も一流企業だし、ライブドアなんか、今はLINE株式会社だしね。なので、PEZY社員の皆さんは不安でしょうが気を確かにもって粛々と日々の業務をやって欲しいと思います。

 

 あと、AbemaTVから、今夜9時の番組でPEZYのスパコンがいかに先進的だったか、解説して欲しいとして呼ばれていて、最初はスパコンにも本件の疑惑にも詳しくないから断ろうと思ったんだけど、PEZYを応援するために出演することにしました。AbemaTV見たことないけど


14:30追記

 AbemaTVから連絡があって、内容が富岡八幡宮事件に差し替わったのでPEZYのニュースは流れちゃったらしい。PEZYの素晴らしさを知ってもらういい機会だったのに残念


 齋藤さんが少なくとも懐に金を入れて豪遊するタイプの人間ではなかったことを僕は信じている。

 夕方に打ち合わせになっても、決して「そのあと飲みに行きましょう」とならない、いまどき珍しいくらいの人だった。


 本当に悪い人なら、わざわざ出身地が同じと言うだけでわざわざ連絡して会った小学校のOBに、金を無心する訳でもなく、「長岡は素晴らしい人物を輩出する土地なんですよ」と解くだろうか。彼は本当に、それだけを言いに来たのだ。


 その後も、金にまつわる話は一切しなかった。それどころか、「困ったらいつでも助けるから言ってくれ」と言うような人だった。


 齋藤さんのピュアさは、彼の著書にも現れている。いま出先で現物がないから写真を掲載できないが、齋藤さんの著書「エクサスケールの衝撃」を「見て」欲しい。読まなくていい。


 ものすごい分厚さである。聖書よりも厚い。ふつうこういう本は、何人もの共著者が書くものだが、齋藤さんは一人で書いてる。この熱量だ。分厚さたけで熱量がわかる。仮にゴーストライターを使ったとしても、これを一冊の本としてまとめ上げるのは超一流の腕と情熱がなければ成立しない。


 本当に金に汚いひとだったら、この本一冊のネタで3,4冊は書いてる。けど、齋藤さんは一冊の本で全てを伝えたかったのだ。それほど熱い情熱を持った人が、私利私欲のために公金を横領するわけがない。そのように疑われたとしても、なにかの間違いだろうが、特捜も引っ込みがつかないから、頑張って起訴するだろう。


 ホリエモンの拘留時間も、金子勇より遥かに短かったそうである。同時期に拘置されていたので、その話も金子さんから聞いた。


 とにかく、歩みを止めてはいけない。PEZY社員の皆さん、齋藤さんが最も望まないのは、彼の描いた夢が潰えることだ。齋藤さんには悲劇のヒーローになってほしくはない。不屈のヒーローになって欲しい。


 僕から言えることはそれだけです。


 

2017-12-06

齋藤元章さん逮捕について 09:45

 また知り合いが逮捕された

 齋藤さんのことをブログに書いたら、その翌週くらいに特捜部が逮捕した、という話。


 どんな罪なのか、詳細がよくわからないまま、各紙異なる情報を流している。


 ちなみに金子勇Winnyで逮捕されたときも、マスコミはけっこう適当な内容をでっちあげて報道していたことは、彼が無実の罪で拘留され、証拠隠滅のおそれありとして、コンピュータに一切触らせてもらえない生活を何年も続け、無罪判決が出たあと、彼に直接聞いたことがある。


 問題は、無実の人間、しかも人類を前進させようとした天才を、司法の思い込みで逮捕・拘留し、何年も能力を発揮できないようにすることを容認するこの社会である。


 Winnyと同様のP2P技術を使って音楽流通に革命をおこしたショーン・パーカーが作ったNapster社は、音楽業界から民事的な方法で訴訟を起こされ、倒産する。が、ショーン・パーカーは投獄されることはなく、Facebookの初代CEOになった。


 もし金子勇が拘留されることなく、その後も開発を続けていたら、日本はもっと早く優れた技術を手にしていただろう。日本最高のプログラマーの一人を数年間も喪失していたという損失は計り知れない。しかも無実だったのだ。


 齋藤さんが犯したと疑われている罪が結局なんなのか、各紙見解が違う上に、続々と僕のもとに怪情報がやってくるのでどれがどうとは断定できない。


 ただ、もし、齋藤さんが本当にやっていることが正しくて(僕は実際にPEZYの機械を見たことはあっても触ったことはないので正しさについては証明できない。少なくともYahooが導入したスパコンには齋藤さんの会社の技術が一部使われていることは間違いない)、特捜がなんらかの誤解や思い込み、政治的配慮で彼を逮捕したのだとしたら、これは我が国にとって計り知れない損失である。



 今思えば、齋藤さんが「PEZY一台貸しますよ」といったときに言葉に甘えておけばよかった。そうすれば、彼の正しさを自分で証言できるのに。「じゃまだからいらない」と言わなければよかったなあ。


 金子勇は無罪判決後、42歳でこの世を去った。心筋梗塞だった。

 あまりにも早く、もったいない、人類の損失だった。


 今、世界はブロックチェーンを始めとするP2Pネットワークで満たされようとしている。金子勇が最も熱心にやっていた技術だ。


 いま、彼がいれば・・・


 そんな思いをもう二度としたくない。

 けれども齋藤さんについて、僕にできることはほとんどない。


 

 いずれにせよ、早期の解決を期待したい。彼の作るという、深層学習専用チップには大きな期待がかかっているし、その他の技術もかけがえのないものである。


 PEZYで働く社員さんたちの悲痛な叫びがTogetterにまとめられていて、非常に胸が痛くなった。



 こんなに真摯な気持ちで働く社員を率いる人間が、犯罪を犯すはずはないと信じたい。社員ならびに関係者の方々は雑事に惑わされることなく、目の前の仕事を淡々とこなし、人類を前進させることに全情熱を傾けて頂きたいと切に願います。