Hatena::ブログ(Diary)

shi3zの長文日記 RSSフィード Twitter

2012-12-20

スーパークールなCEO、出井伸之さんと会った! 07:14

 僕は経営者として、ひとつ心がけていることがある。



 それはハリウッド映画の流儀に則り、なにか新しいことを始めるときはまず「ラスボス」に会いに行くということ。


 開始10分以内にラスボスを出す。それがハリウッド映画の王道パターンらしい。

 最初にラスボスを見ておくと、物語の指針が決定する。それはとてつもなく大きいことだ。


 ゲーム会社をスタートした直後に、エニックスの創業者である福嶋さんに会いに行った。

 その出会いは、僕にとって非常に重要なものになった。


 いまでもときどき電話が掛かって来て、あれやこれやと相談を受けたりする。

 お金のやり取りはない。


 ラスボスはお客さんにはなり得ない。単にメンターとして、そこに存在するのみだ。



 僕はenchantMOONでものづくりを始めることになった。

 ものづくり会社のCEOとして、これほどの人物はいまい、というヒトが出井伸之さんだ。


 泣く子も黙るソニーの元会長兼CEO。

 初の新卒採用からうまれた叩き上げのCEOであり、並みいる役員を14人抜きして大抜擢された天才。

 「QUOLIA」ブランドによってソニーの「モノ作り企業」としてのDNAを復活させ、AIBOやSDR-3Xを生み出したコンセプト、デジタルドリームキッズを提唱した。ソニーが世界で最高に輝いていた時代の経営トップ。


 僕もその伝説を遠巻きに聞くだけで、現実にお会いするのはもちろん初めてだった。



 「清水くん、モノ作りを商売にしようってんなら、まず出井伸之さんに会ってみなよ」



 そう言って出井さんを紹介してくれたのは誰あろうX先輩だった。

 とんでもないことを言う。


 僕にとって出井さんは雲の上の人で、会いに行く、なんていう発想の遥か外側にあった。

 それに会いに行けと。



 「紹介してあげるよ」



 さすがはX先輩である。

 X先輩と僕というのは基本的に金銭のやりとりがない。いや、むしろ僕は奢られっぱなしである。


 一流の人というのは見返りを求めずになんでも惜しまず与えてくれる。

 それはたぶん、そうすることが気持ちいいのだろうと思う。僕もそうだからだ。理由もなく、若い人に飯を奢る。若い人がそのひとだけでは得られないような体験をさせてみる。男女問わず。それでなにか本人が驚いたり、戸惑ったりするところを見るのは楽しいのだ。僕も歳をとってみて解った。


 若い時は、そういうことをしてくれる大人が、なにかとてつもなく悪いことを企んでいるのではないかと訝ったこともある。きっとぼくにそうされてる若い人たちも訝っているだろう。


 けど、いざ自分が歳を取ってみると男女関係なく、若さも関係なく、相手がしたことのないであろう体験をさせてあげるのは気持ちいいのだ。




 そうしてX先輩の紹介で出会った出井伸之さん。


 一言で言えばスーパークールだった。


 「東京を広くしようよ。東京湾を埋め立てて、東京の土地を10%くらい増やしてさ。君、OS作ってるんだって?だったら、都市OS、アーバンOS、みたいなものを作ろうよ。都市というのはひとつのコンピュータみたいなものだろう。だったら都市全体を統括するOSというもの、アーキテクチャっていうものがあるべきなんじゃないかと思うんだよ」


 すげえ。スケールがでけえ。東京の土地を10%増やす!? 埋め立てて?

 OSが都市全体のアーキテクチャを決定する!?

 なに言ってんだ凄すぎるぞ


 「都内なんかもういじりようがないだろう。そしたらメガフロートだよ。2020年に東京オリンピックやるってんなら、また国立競技場とかでやるわけにはいかん。アクアラインの内側を全部埋め立ててさ、江戸時代だってそうやって干拓したり埋め立てたりして江戸を広げて来たわけでしょう」


 バビロンプロジェクトか!

 さすが国家IT戦略会議でIPv6の重要性を説いたという伝説は本当らしい。

 発想が常人の4,5歩先へぶっ飛んでる。クールだ。いや、スーパークールだ。

 

https://fbcdn-sphotos-b-a.akamaihd.net/hphotos-ak-ash3/28073_10152042756095752_1005519440_n.jpg


 御歳75歳にして、現役経営者。クオンタムリープ代表取締役CEO

 その眼光は未だ衰えを知らない。

 僕の目が死んでるように見えるのは緊張し過ぎたから

 


 さて、日本のVR/AR業界のドン、舘先生を始めとして、色んなラスボスに会える天下一カウボーイ大会のチケット販売が開始された。どこにも販売開始と宣伝してないのにもうかなり売れてしまってるみたいだ。チケット購入はお早めに。

 該当公演なし

 enchantMOONの謎がついに明かされる東浩紀×樋口真嗣x清水亮の座談会もやります。

 前回のカウボーイ大会で人生帰変えられちゃった高校生(今大学生)のブログをみつけました。

 そしてなんと、昨日のUEI会社説明会にも来てくれたそうです。凄いね!人生っていろんなところで変わるね

 胸熱です。

 あと、実は今や数千万人が利用するあのTogetterも、天下一カウボーイ大会がきっかけで産まれたんだよ!(これ豆な)

 ">gwat.blog(): 天下一カウボーイ大会と学科の話

 http://eplus.jp/images/20121214122032008.jpeg

 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002091317P0050001P006001P0030001