Hatena::ブログ(Diary)

shi3zの長文日記 RSSフィード Twitter

2013-01-09

CES一日目終了 00:13

 というわけで、1月8日からCESがいよいよ始まりました。

 今回はいつもと違って現地での準備の大半をenchant.js Inc.の現地法人に頼んでいたので僕は準備らしい準備をほとんどしなくても良かったはずが、なぜか某誌の取材原稿を引き受けてしまい、見たものを書きたくても書けないという変な状況になってしまった。


https://sphotos-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn1/37083_10152076469330752_178344929_n.jpg


 これが今回の会場で配ってるフライヤー。

 多少は説明が書いてある。


 ただ、こういうのって本来は使い方で説明すべきだと思うんですよ。なにしろなにも語ってないわけで。

 開発が膨大な手間になっていて今回は使い方まで踏み込めて説明できてないですね。次回までの課題です。


 解る人にはなにができるのかだいたいなんとなく想像できるけど、わかんない人にはなにがなんだかサッパリかもしれません。まだまだ。ただ、メディアの方やバイヤーの方が来たときには実機をお見せしたり触ったりしていただいています。CPUは超非力だけど書き味だけはいい、というのが解っていただけるかと


 ニュースでは6日くらいから始まってる風だけど、あれはCESに先立って行われるプレスカンファレンスで、大企業しか参加できないので僕らは当然、蚊帳の外。


 で、ご存じない方も多いようなので説明するとCESの会場規模はラスベガスという町の1/4くらいに匹敵する巨大さがあり、特にメイン会場となるLVCC(ラスベガスコンベンションセンター)は秋葉原のラジオデパート並みの密度でそれが幕張メッセ10個分に広がっていると考えていただいて構わない。

http://www.cesweb.org/cesweb/files/d9/d97a1c25-f243-4a6e-b955-cd716a803b75.jpg

 これがCESのメインホールの全体図だが、実はここにはVenetianは入っていない。どんだけ広いんだよ。

https://sphotos-b.xx.fbcdn.net/hphotos-ash3/582521_10152076301935752_603579161_n.jpg

 これがベネチアンホテル。

 ラスベガスを代表する高級ホテルだ。

 ここをモデルにして、お台場のヴィーナスフォートができたらしい。



 日本のCEATECあたりとは規模も密度も段違いなのだ。

 とにかく周れない。なにしろ僕にしてからが、取材しないといけないのに全くメインホールに行けてない


https://sphotos-a.xx.fbcdn.net/hphotos-ash3/530554_10152079043100752_2081408582_n.jpg


 どのくらい密度が高いかというと、あの天下のASUSのブースがたったこれっぽっち。


 LEGO MINDSTORMだろうがASUSだろうが、とにかくほとんどのメーカーはこの10x10フィートサイズのブースで、SUMSANGとかSONYとかごく一部の大メーカーだけがバカみたいに巨大なブースを構えている。これはこれでバカみたいに巨大なのでSONYの展示を一通り見て回るだけで半日潰してしまうという巨大さなのだ。


 enchantMOONに日本の皆さんが期待してくれるのは嬉しいんだけど、我々のブースはそのメインホールから遠く離れたVenetian Hotelという会場。去年まではプレスカンファレンスがここで開かれたのでいい会場だったらしいんだけど、今年は僕らが申し込んだ時点で空いてるのはここしかなかった。いわば僻地。僻地・オブ・僻地。新参者はここでもしょうがないのです。


 取材にせよ面談にせよ、そもそもCESの会場を端から端まで歩くことは一日では到底不可能な規模なので初日から人が来るとは殆ど想定していなかったんだけど、意外にも「ニュースで見ました」と言ってわざわざいの一番にやってきてくださる方が多くて大変驚いた。ありがたいことです。


 あとは海外のメディアやバイヤーの方とも少し話しをしたけど、意外と好意的に受け止めてくれる人が多くて驚いた。記事にはなってないみたいだけど。


https://sphotos-a.xx.fbcdn.net/hphotos-ash4/421007_10152079047025752_2113937840_n.jpg


 まあこれだけモノの数があるわけだから、立ち止まってもらえるだけでも有難いというもの。

 CESというイベントのコマあたりの期待値がどのくらい低いかというと、これだけの規模のイベントなのに出展料は一コマたったの60万円というところからも解ると思います。ちなみに東京ゲームショウとかだと100万円


 僕が怖れていたのは「これAndroid入れればいいじゃん」とか「デュアルコアにすればいいじゃん」というバイヤーのコメントだったのだけど、そういうのは一切なしで、「まあいまこれだけなんでもできるタブレットがあるんだから、逆に何も出来ないってのも面白いじゃん」と素直に言ってもらえたのは収穫でした。


 また、日本からけっこう、企業のリサーチの方が「これを見てこいと言われたので一番に来ました」という方が結構いらして感涙。本当にそれくらい遠いんですよベネチアンは。


 逆に言うと一番に来るくらいの気合いがないとベネチアンなんか来ない。

 ちなみにベネチアンホールの目玉は、I'm watchという、世界初のスマートウォッチと、LEGO MINDSTORM EV3でした。特にLEGOはenchantMOONとブロックプログラミングなど近いところにあるのでいろいろ話が聞けて楽しかった。

https://sphotos-b.xx.fbcdn.net/hphotos-prn1/537941_10152079044075752_1456342968_n.jpg


 先日のenchantMOONの密着取材記事を書いて下さった西田宗千佳さんも夕方頃に来て下さって、それも大変嬉しかった。彼らのようなジャーナリストにとってはCESの初日というのは目が回るくらい忙しいものだからね。


 で、これから二日目。頑張ります。