Hatena::ブログ(Diary)

UEI shi3zの日記 RSSフィード

2013-01-16

アラン・ケイ氏にenchantMOONを見せて来た

前回までのあらすじ

 そしてぼーっとブースで過ごしていると、なんかすごいtweetが来た。

f:id:shi3z:20130111233651p:image

https://twitter.com/abee2/status/289381758670102528

 要するにAKさんが「おもしろそうじゃん。一台欲しいな」と仰ったのだと言う。

 AKさん?カラシニコフ?・・・と思ったらAlan Kayさんだった。

 なんですと!?え、マジで? Dynabookの? は?


 なんかメールやりとりしてたらとんとん拍子でランチとりながらKay先生にenchantMOONをプレゼンすることに。


 さらにEvernoteの外村会長がプロトタイプもってサンフランシスコまで来てよ、とおっしゃる。


 やべー。

 なんだこの展開。

http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20130111/1357915582

 というわけで、ですよ。


 「本当にアラン・ケイ氏に会えるのだろうか」


 と、最後の最後まで疑うことをやめない僕は、多少の不安を感じつつも指定された場所へクルマを走らせた。

 すると・・・


f:id:shi3z:20130116154847p:image


 やばい・・・ナニコレ

 組織名でも会社名でもなく、いきなり人名。


 そして・・・

f:id:shi3z:20130116154937p:image

 OMG!

 ご本人登場

 enchantMOONを一通り触ると、それから三時間ほどぶっ通しでDynabookと、ペンコンピューティング、そしてヴィジュアルプログラミングについて語っていただきました。情報量が多すぎて死ぬかと思った。


 「そもそもマウスより先にペンがあったのだよ!」


D

 これは1963年のJOSSというインタラクティブプログラミングシステム

 これ見るとわかるけど、スゲー

 全て手書きでプログラム書いてる。


 この会談は、あまりにも情報量が多かったのでテープおこししたあと、どこかで掲載したいと思います。

 とにかく良かった。感動した。


 ああ、でもenchantMOONをせっかくみていただいたんだから、感想は聞かなかったのかって?

 もちろん聞いた。けど、あまりに恐れ多いので、それはまた機会を改めて紹介したいと思う。

 とにかく我々が多いに勇気づけられるコメントだった。

f:id:shi3z:20130116161741p:image


 その感動さめらやぬまま、僕はサンフランシスコへ。

406217345X
講談社 安蘭けい
クリック: 5回
4022579293
朝日新聞社 松本仁一
購入: 1人 クリック: 117回