Hatena::ブログ(Diary)

shi3zの長文日記 RSSフィード Twitter

2015-04-29

凄すぎて意味不明の最強超人OS Windows10が爆誕!!! 04:15

http://i.gyazo.com/15a7b569a5b58c49d0679d08579c7eb2.png

いまキーノート終わってソッコーホテルに帰ってきたんだけど、想像以上にヤバすぎるぜWindows10


・WebアプリがWindows Storeへ (ふーん。前からそうじゃなかった?)

・Win32アプリがWindows Storeへ (今までできなかったの?)

AndroidアプリがWindows Storeへ(ハァァぁ!?!?!?)

・iOSアプリがWindows Storeへ(何言ってんの!?)


そして実際にWindows上のVisualStudioでiOSアプリを開発するところをデモ。

そのうえ、なんかサラッと「実はWindows Phoneのベース部分にはAndroidが内包されていたんだよね」と付け加える。マジかよ。enchantMOONかよ


にわかには信じられない。俺の英語が聞き間違ってるのかもしれない。

Windows 10 can run reworked Android and iOS apps - The Verge

http://www.theverge.com/2015/4/29/8511439/microsoft-windows-10-android-ios-apps-bridges


いや、でもやっぱりあってるっぽい。

超スピードとかトリックだとか

そんなもんでは断じてねえ。


っつうかMicrosoft、本気出しすぎだろ。

頭おかしくなりそうだわMJD。


・・・・しかし時間をおいて冷静に考えてみると、それって必要か?

その実装にどれだけの労力が必要かは解る。

幾人ものマイクロソフティが血の涙を流したことだろう。


しかしだからといってその実装は必要なのだろうか。

僕は「iOSアプリのまま動かせるからWindowsStoreにもアプリを提供するよ」って思うかなあ。


まあちょっとは盛り上がるのかもれないけど、エンドユーザからみてメリットのある展開になるかは疑問だ。


ただひとつわかるのは、「こいつらヤバい」ということだけだ。


こうなるとVisualStudio CodeがLinuxとMacでも動くようになったとかどうでもいいニュースだよね?

え、そうでもない?

http://i.gyazo.com/6d687102c7a4f78e3b8f38f219e0ec14.png



ケータイ(WindowsPhone)からHoloLensまでおなじバイナリでアプリが動作する「ユニバーサルアプリケーション」が誕生。WindowsPhoneにBluettoohキーボードとマウスを接続して、テレビにHDMI出力するとデスクトップマシンみたいに使えるという曲芸みたいなのも披露された。

http://i.gyazo.com/be7043bc0399c0178197a51ac285b83c.jpg

ちょっと凄いけど欲しいかなあ。どうかなあ。

でもノートPCではなくてでかめのWindows Phoneを持ち歩けば実質PCになるわけだから大学生とか飛びつきそう。


あと、これまで「プロジェクト・スパルタン」と呼ばれていた最新ブラウザの正式名称が「Microsoft Edge」に決定。いい名前考えたなー


http://i.gyazo.com/0b69eff925874d824dd0b6beb852f8e9.jpg


Egdeに関しては1月のKeynoteで喋りつくしてるようで新しい情報は少なめだった。

CortanaがSiriより良さそうなのはわかった。


しかしやっぱりさらにゴイスーなのはHoloLens。

http://i.gyazo.com/1eb8d91ec25f51bdb0cab2dda4dbaeb1.jpg


凄すぎて胡散臭くなるんだぜ。


「Follow me(ついてこい)」っていうと、ウィンドウがついてくるの。可愛い。


そしてリサイズも可能。

もう窓のない部屋を座敷牢とは呼ばせない!!!


だって窓があるんだから。

これが本当のWindowsだ!


さらに!

http://i.gyazo.com/4ecf3985a05953051992e1c2bfe3471e.jpg


はい。ゴイスー。

ゴイスーですよ。


Raspberry版のWindows10を内蔵したロボットをHoloLensが認識し、さらにHoloLensが空間を認識してロボットの移動経路を指定。


経路上に障害物があるとアラートが空間上に浮かぶ。


とかね。

もうどうなってんだよ21世紀は。


これは完全にMicrosoftがコンピュータ本来の目的、ヒューマン・エンハンスメント(人間進化)にフォーカスしたことを意味する。結構本気らしく、既にHoloLens上でWindowsアプリケーションが動作してるっぽい。


アメリカでかつてHuman Augmentation(人間の拡張))と呼ばれていた技術、要はAR(Augmented Reality)やMR(Mixed Reality)を含めた、ウェアラブル・コンピューティングとか、スマートフォンそのものとかハイパーテキストとか全部ひっくるめて、Augmentation(拡張)だったんだけど、最近はHuman Augmentationではなく、Human Enhancement(ヒューマン・エンハンスメント,人間能力の拡張)と呼ばれているらしく、この分野のテクノロジーを特にHET(Human Enhancement Technology)と呼ぶ。


HoloLensはPCやスマートフォンなどのホストを必要とせず、単体で動作するコンピュータになっている。特筆すべきは、中身は凄いが実際に使われているパーツはそれほど高価ではないということ。少なくともGoogle Glassと同程度以下の価格、ひょっとするとSurfaceより大きい画面がないぶんだけ安く提供されるかもしれない。HoloLensの凄さはひたすら、そのソフトウェアにある。さすがMicrosoftだぜ。


だからもしかしたら、これは爆発的に売れるんじゃないか。

カタチはダサイがそういう問題ではなく、売れるんじゃないかと思うんだよね。


既に会場には1000台くらいのHoloLensが用意されていて、体験できるようになっている。

やばすぎるでしょ。それって


そして人数限定のHoloLens Academyにどうも申し込めたようなので、4.5時間みっちりHoloLensの勉強してきます。さすがにそっちはNDAっぽいからブログじゃ書けないかな


ニコ生はどうも公式チャンネルだとWindowsでうまくログインできないので(ドワンゴ仕事しろ)、iPhone/iPadで僕の個人チャンネルで生放送やる予定なので、気になる人はtwitter/shi3zをフォローしてね

とりあえず4/30 午前11時30分から僕とドリキン青木くんの二人で、興奮冷めやらぬ現地レポートするよー


マイクロソフトがいかに最強プログラマー集団なのか知りたい人は以下の本を参照のこと