Hatena::ブログ(Diary)

こんな夜だから本を読もう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ ←すばらしい書評が集まっています。

人気ブログランキング

Subscribe with livedoor Reader

あなたは 人目のお客様です。

2004-11-05 米澤穂信 『氷菓』

米澤穂信『氷菓』

 気づかないうちに部室が密室になってしまった! 5週続けて返却された学校の50年史! 古典部の文集を隠し続ける壁新聞部長! 神山高校でおこる数々の謎を解くのは薔薇色ならぬ灰色の青春を過ごす省エネ人間・折木奉太郎。そして、文集作りの中、ついに封印された33年前の真実に・・・


 第五回角川学園小説大賞ヤングミステリーホラー部門奨励賞を受賞した米澤穂信さんのデビュー作。雰囲気だけならコテコテミステリというより、ミステリの形式にのっとった青春小説といったところでしょうか。突拍子もないような飛躍的な推理ではなく、前述のような日常の謎ものなので、高校の文化部高校生活の雰囲気がよく出ているからだと思います。


 第2作『愚者のエンドロール』はシリーズ続編のようです。近いうちに読みたいです。


関連作:『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番

感想拝見】

氷菓 (角川スニーカー文庫)
氷菓 (角川スニーカー文庫)米澤穂信
角川書店 2001-10
売り上げランキング : 39549

おすすめ平均 star
star上質の学園ミステリー
starアクティブな展開は良い
star日常ミステリー、ちょっとだけ青春
stars苦さと甘さの対比が印象的
starsわたし、気になります。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
asin:4044271011 rakuten:book:11012807

藍色藍色 2008/01/18 16:15 古典部シリーズに突入しました。
強烈で痛快な古典部員たち、始めから魅力的でした。
ミステリ+青春小説として懐かしい雰囲気も楽しめました。
次が楽しみです。

shiba_motoshiba_moto 2008/01/18 18:11 藍色さん、こんばんは。
キャラが立つ、というか個性的な部員ばかりで楽しいですね。
次もなかなか、です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証